夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 04月 16日

星由里子(ほし・ゆりこ)「斬る」(1968)

常々サユリストを標榜しながら、少年時代にリアルタイムで心惹かれたスターは実は今宵の星由里子だった(だから似非サユリストと自嘲していますが・・・)。と言うのも当時観た映画は殆どが東宝作品で、つまりスクリーンの中で最初に意識して憧れたおねいさまは、澄ちゃんだったわけである。にもかかわらずこれまでアップしてこなかったのは、単なるミステイク、灯台もと暗し(ってなんのこっちゃ?!)というやつです。
さて、星由里子と言えば若大将の恋人、澄ちゃんなんだけど、天の邪鬼なボクとしては岡本喜八監督の東宝娯楽時代劇「斬る」辺りの武家娘千乃からそろそろと参りたいと存知つかまつるでござる(!?)



e0042361_22434217.jpg


e0042361_22441954.jpg


e0042361_22461292.jpg


e0042361_22465014.jpg


e0042361_2247875.jpg

主演は訳あって侍・兵頭弥源太を棄てやくざの源太になった男を演じる仲代達矢(左)。右は今福正雄の道信和尚。

e0042361_22544733.jpg


e0042361_2254111.jpg


e0042361_2254238.jpg


e0042361_22565866.jpg


e0042361_22575724.jpg


e0042361_232182.jpg


e0042361_2312617.jpg


e0042361_2331017.jpg


e0042361_2351072.jpg


e0042361_2335386.jpg


e0042361_2341485.jpg


e0042361_2364867.jpg


e0042361_2353542.jpg


e0042361_2374485.jpg


e0042361_238859.jpg

千乃の許嫁、笈川哲太郎(中村敦夫)は藩内の腐敗政治に対しクーデターを起こした青年武士七名の一人で、目下七名は国境の砦山に立て籠もり中なわけね。舞台は空っ風吹きすさぶ上州だが、中村敦夫が演じているのは木枯らし紋次郎ではありませんのであしからず・・・。

e0042361_23202168.jpg


e0042361_23205035.jpg


e0042361_23211597.jpg


e0042361_23231059.jpg


e0042361_23233687.jpg


e0042361_23245397.jpg


e0042361_23234365.jpg


e0042361_23235736.jpg


e0042361_23254964.jpg


e0042361_23243587.jpg


by nightly | 2009-04-16 21:00 | 日本の女優 | Comments(4)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-04-17 00:00 x
nightlyさん、このごろ又遅いみたい。ちっとも10時には寝てないな。
それはさておき、わたし目も東宝の女優さんの時代劇好きでしたね。まだ半年も先の話だけど「忠臣蔵」のフランキー演ずる吉良邸御用達大工の妹、義士に利用されているのを薄々感じながらも絵図面を提供する、弱くも哀しい江戸娘、良いな~(なげぇーっす、すまん)。
Commented by nightly at 2009-04-17 22:41
オンリー先輩、ご明察の通りです!
それはさておき、「忠臣蔵 花の巻 雪の巻」(1962)のお艶ちゃんですね!
やっぱボク、星由里子、好きですわ!
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2009-04-18 09:53 x
ホント、東宝の『輝ける時代』の女優さん、みーんな良いよな~。
数年前に国営TVで○か大将の特番にゲストでチョコッと出ました。懐かしくてじーんと来ました。
Commented by nightly at 2009-04-19 23:26
オンリー先輩、テレビを観ないボクは、それ、見損ないました!ボクも懐かしくてじーんと来たかったです。


<< ダイアン・ベイカー(Diane...      シェリー・フェブレー(Shel... >>