夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 29日

ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Collection 25 cm」(1966)

今宵はこのところボクの愛聴盤になっているギリアン・ヒルズのコケティッシュ極まりない、思わず鼻の下が伸び放題になりそうなキュートなヴォーカルが愉しめるアルバムを紹介して、歌手ギリアン・ヒルズの集中講座とします・・・うぷぷ。
ギリアンは1960年にフランスのバークレー・レーベルからレコード・デビューして'65年までフランスで歌手として活躍したのだった。


[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「危険な関係」(1959)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「パリジェンヌ」(1962)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「時計じかけのオレンジ」(1971)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「欲望」(1966)]



e0042361_22552760.jpg


e0042361_2255391.jpg


e0042361_22555332.jpg


e0042361_2256812.jpg


e0042361_22562543.jpg


とにかく聴かぬは一生の損、是非一度“イギリスのフランス・ギャル”、ギリアン・ヒルズを騙されたと思ってお試しあれ!

by nightly | 2009-07-29 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(10)
Commented by haha at 2009-07-30 00:25 x
こんばんは

早速、ギリアン嬢の歌声をYouTubeにて聴かせて頂いて来ました
う~む、なるほど
「思わず鼻の下が伸び放題になりそうな」感じでございました(笑)
それに、なんというか・・・ずっとそばに置いておきたい・・そんな女の子ですね。

オンリー・ザ・ロンリー さんは、海外で腱鞘炎になってしまったのでしょうか・・・
お大事に。
Commented by nightly at 2009-07-30 23:12
hahaさん、早速お試しいただいたわけですね!
ところでコケティッシュということで、大抵の男たちが彼女の歌を聴いて鼻の下を伸ばすであろうとは容易に想像できますが、
同性の目から(耳から?)見て、どうなんでしょうか?
Commented by 久我山散人 at 2009-08-01 12:38 x
イギリスのフランスギャルならイギリスギャルじゃないのかっ!
Commented by nightly at 2009-08-01 23:48
散人せんせ、ってば面白いこと言うね!選挙のせい?
Commented by haha at 2009-08-03 22:18 x
こんばんは

う~む
同性の耳では・・・
けっこう好きですよ

古い蓄音機などで聴いたらいいかな?
聴いたことないんですけど(笑)

でも、遠い異国のレストランで、優しく流れていたらいいなぁ・・・そんな歌声ですね。

私が女性ヴォーカルで衝撃だったのは
かれこれ30年程前(!)に聴いた、シンディ・ローパーでした。
今も大好きです。
Commented by nightly at 2009-08-04 23:19
hahaさん、こんばんは。
古い蓄音機なんてロマンチックな響きですねー。
遠い異国のレストラン・・・うーむ、マンダムなシチュエーションです!

さて、シンディ・ローパー、良いですねー、好きですねー・・・
夜ご美でもかつて登場願ったと思って捜索したけど、見つかりませんでした・・・気のせい?それとも歳のせい?!
Commented by 台湾人 at 2009-10-04 19:09 x
クリスティン・スコット・トーマス、ジャクリーン・ビセット、ジェーン・バーキン、シャーロット・ランプリングなどのイギリス人はフランスでも活躍されているんですよね。
この人は始めて知りました。
Commented by nightly at 2009-10-04 23:07
そうそう、イギリスとフランスはやっぱり因縁めいてます!言葉のニュアンスは随分違うと思うのですが・・・。
Commented by 台湾人 at 2009-10-10 01:47 x
こういうヘアスタイルは昔結構流行っていたみたいですね。

ブリジット・バルドーもこんな髪型していたような記憶があります。
Commented by nightly at 2009-10-10 23:04
そうでしたね。BBもこんなヘアスタイル、確かにしてました。


<< カトリーヌ・スパーク(Cath...      笠井紀美子(かさい・きみこ)「... >>