夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 11日

ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《後編》

今年はきちっと辻褄を合わせようと決意だけはしたので、ピア・アンジェリ、この映画の締めであります。
さて、この映画より前の1954年公開の「銀の盃」でもピア・アンジェリとポール・ニューマンは共演していて、ポールが「エデンの東」を撮影中のジミーにピアを紹介すると、たちまち二人は恋に落ちたと言うことだが、ピアの母親の反対で二人の恋は成就することなく、ピアの突然の歌手ヴィク・ダモンとの結婚で終止符が打たれてしまう。
なんでまたヴィク・ダモンなんかと・・・と言うわけで、案の定二人の結婚生活は長くは続かなかったのである、とかなんとか・・・。
後学のためにヴィク・ダモンを特定しておきたいという奇特な方は、「夜ご美」で以前紹介した“パトリシア・オーウェンズ(Patricia Owens)「戦場よ永遠に」(1960)”(http://sleepyluna.exblog.jp/8697098)にちょこっと顔を見せているので、どうぞ。


[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「イタリア」(1959年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「バルジ大作戦」(1965年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《前編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《中編》]





e0042361_22475811.jpg


e0042361_22483944.jpg


e0042361_22485729.jpg


e0042361_22494272.jpg


e0042361_22515772.jpg


e0042361_22522614.jpg


e0042361_22525227.jpg


e0042361_22535370.jpg


e0042361_22552024.jpg


e0042361_22564027.jpg


e0042361_22581398.jpg


e0042361_2258457.jpg


e0042361_2259138.jpg


e0042361_22592335.jpg


e0042361_22593451.jpg


e0042361_2311234.jpg


e0042361_2323037.jpg


e0042361_2332856.jpg


e0042361_234386.jpg


e0042361_2351829.jpg


e0042361_2353536.jpg


e0042361_2372211.jpg


e0042361_239050.jpg


e0042361_2394457.jpg

「Somebody up there likes me.(この映画の原題ですね)」・・・俺は神様に好かれている。

e0042361_23153819.jpg

「Somebody down here too.」・・・みんなからもね。

e0042361_2319977.jpg


蛇足ですが・・・

e0042361_2295350.jpg


by nightly | 2010-01-11 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(12)
Commented by haha at 2010-01-12 06:52 x
おはようございます

何故だか・・観たこともない映画なのに涙が出そうになりました 
私はやはり映画はハッピー・エンドがいいです
最後にふたりで見詰め合うシーン、キュンとしました
母、妻としてどんどん強くなっていく女性って好きです
そして美しいです
Commented by lalaki at 2010-01-12 17:14 x
う~む、蛇足部分に、これまた我らが天敵が出現!
こいつが、アンジェリ様はじめ5人ものオナゴを不幸に陥れたんですな、あの甘~い声とともに。

いかにもシナトラ繋がりのマ○○アぽいですなー。
Commented by nightly at 2010-01-12 22:09
hahaさん、こんばんは

観たこともない映画なのに涙が出そうになったなんて言われるなんて、ブログ冥利に尽きるというものです。
現実のピア・アンジェリはだいぶ違ったようですが、この映画ではロッキー以上に妻ノーマは強くなっていくんですよ。
是非機会があったら一度ご覧下さい。
それから、今度シーレ談義しましょう!
Commented by nightly at 2010-01-12 22:19
lalakiさん、蛇足にピンと来ましたね!
いくら母親が押しつけたとは言え、何で選りに選って・・・。
返す返すも、39歳の死は残念です。
Commented by haha at 2010-01-12 22:34 x
こんばんは

はい、きっと予想どおりの作品ですね、きっと。
ピア・アンジェリ・・ちょっと調べただけですが
哀しい最期だったようですね。。
39歳・・・ですか・・

シーレ談義!宜しくお願いします
身近にシーレのファンってなかなかいないので嬉しいです^^
Commented by nightly at 2010-01-14 11:11
hahaさん、おはようございます

確かにエゴン・シーレはクリムトと同じようなテーマを取り上げながら、
クリムトの装飾性、ファッション性とは対極にあると言えますから女性には取っ付きにくいかも・・・。
目下、シーレネタを仕入れ中です!なんちゃって・・・うぷぷ。
Commented by haha at 2010-01-14 23:55 x
こんばんは

えっ!シーレネタ!
わわ・・とても楽しみです
嬉しくて眠れないかも~・・・うぷぷ。

それにしてもシーレって、今流行りのインフルエンザ(スペイン風邪)で
あっと言う間に亡くなったんですよね
もう少し生きて欲しかったです
Commented by kugayama2005 at 2010-01-15 08:42
シーレねたお願いしますえごん。
Commented by lalaki at 2010-01-15 10:27 x
ウィーン幻想派に続く脈々の祖ですな。
Commented by nightly at 2010-01-15 23:40
hahaさん、こんばんは
嬉しくて眠れなくなるほどのシーレネタではありませんが、
取り急ぎアップしてみました。

そうなんです!昔はインフルエンザが流行すると沢山の人が亡くなったんですよね・・・おとろしや!
Commented by nightly at 2010-01-15 23:42
散人せんせ、場がシーレけてしまいますぅ!
Commented by nightly at 2010-01-15 23:45
lalakiさん、うーむ
ウィーン幻想派なボクを見透かしてますね?!


<< ヴァリー・ノイツィル(Vale...      ピア・アンジェリ(Pier A... >>