2010年 04月 26日

ステラ・スティーヴンス(Stella Stevens)「サイレンサー/沈黙部隊(THE SILENCERS)」(1966)其之壱

1962年「007は殺しの番号(後に、『007/ドクター・ノオ』に改題)」から始まった“007”シリーズは今なお健在の長寿シリーズで、リアルタイムで付き合ってきたボクとしては理屈抜きに毎回見てしまう。
が、ショーン・コネリーから数えてん?代目のダニエル・クレイグボンドくんはジェイソン・ボーンに感化されたのか、マッスルなアクションで息つく暇もなく動き回っていて、嫌いではないけど見ていてちょっと草臥れてしまう。
んなわけで、こんな日本に誰がした!的喧噪の日常にしばし別れを告げ、長閑な60年代の、ボンドを追って雨後の竹の子のように現れた偽ボンドたちを取り巻く、これまたうじょうじょな美女をこの際思い出してはしばし追っかけてみようと思う。
で、手始めに脱力感満載の、殆ど冗談で制作しているとしか思えないディーン・マーティンの嵌り役マット・ヘルムが活躍(?)する“サイレンサー”シリーズから、記念すべき(うぷぷ)第一弾「サイレンサー/沈黙部隊」のサイレンサー美女軍団の中で、一人真面目に巻き込まれの単なる行き掛かり美女ゲイルを嬉嬉として演じているステラ・スティーヴンスの、ずっこけシーンでほのぼの癒されてはいかがかな?

[ステラ・スティーヴンス(Stella Stevens)「砂漠の流れ者」(1970)・・・①]
[ステラ・スティーヴンス(Stella Stevens)「ガール!ガール!ガール」(1962)]




これはマット流出会い頭というヤツです・・・うぷぷ。






































左は今回の「マット・ヘルムを巡るスパイもどきな美女たち」の選に漏れた、マットのパートナー、ティナを演じるダリア・ラビ。



































by nightly | 2010-04-26 21:00 | 亜米利加の女優 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sleepyluna.exblog.jp/tb/12545038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< イヴォンヌ・サンチェス(Yvo...      ルート・ロイヴェリック(Rut... >>