夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 18日

デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「Daughters of Darkness」(1971)のやっぱり前編かな?

ほとんど少女時代漬けの日々を過ごしたせいで、脳が液状化の様相を呈し、それはそれで幸せなんだけどこのままでは社会復帰もままならなくなりそうなので、ここらで一旦Girls' Generationから足を洗って、我がデルフィーヌおねいさまのハスキーなお声とエレガントな佇まいにいっそ悩殺されてみることにした。
ちなみに選んだ映画は、エレガントなおねいさまはどんなに血に飢えても決して牙など剥き出したりはしないスタイリッシュなヴァンパイアものであります。
もちろん主役のバーソリー伯爵夫人に扮して妖しく微笑んでくれます!


[デルフィーヌ・セイリグ(Delphine Seyrig)「ジャッカルの日」(1973)]



e0042361_23541977.jpg


e0042361_23544093.jpg


e0042361_2355988.jpg


e0042361_2355275.jpg


e0042361_23554735.jpg


e0042361_2356677.jpg


e0042361_23563931.jpg


e0042361_23565946.jpg

この若いミレイユ・マチューな娘は伯爵夫人の秘書イローナ(Andrea Rau)。つまり暗闇の娘さんお一人ということかな!?

e0042361_23572090.jpg


e0042361_23573558.jpg


e0042361_23575966.jpg


e0042361_23581736.jpg


e0042361_23583599.jpg


e0042361_23585366.jpg


e0042361_23591576.jpg


e0042361_23594160.jpg


e0042361_0098.jpg


e0042361_003112.jpg


e0042361_0106.jpg

ホテルの先客、何か曰くありげな若いカップル、ステファン(John Karlen)とヴァレリー(Danielle Ouimet)。

e0042361_012925.jpg


e0042361_014932.jpg


e0042361_02178.jpg


by nightly | 2011-01-18 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(2)
Commented by kugayama2005 at 2011-01-19 21:21
あのな、おったん、やっぱり、現代はやめようよ、ね。
Commented by nightly at 2011-01-19 22:03
散人せんせ、触らぬ神に祟りなしと言うことですよ、ね。


<< デルフィーヌ・セイリグ(Del...      Girls' Gene... >>