夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 29日

秋吉久美子(あきよし・くみこ)「の・ようなもの」(1981)《キャリア・ウーマン篇》

《森田芳光監督を巡る美女たち・・・③》
森田監督の劇場用映画デビュー作品「の・ようなもの」で、我が青春のマドンナ秋吉久美子(1954〜)は、うぷぷなインテリソープ嬢エリザベスを嬉嬉(!?)として演じている。
そして今宵は仕事場シーンから見繕って・・・みた。



[秋吉久美子(Kumiko Akiyoshi)「旅の重さ」(1972年)]
[秋吉久美子(Kumiko Akiyoshi)「透光の樹」(2004年)《夜ご美de純愛-3》]
[秋吉久美子(あきよし・くみこ)・・・記憶の残滓(1)]




e0042361_22574772.jpg

e0042361_22581342.jpg

e0042361_22582578.jpg

e0042361_22584668.jpg

e0042361_22585921.jpg

e0042361_22592453.jpg

e0042361_22594149.jpg

e0042361_22595816.jpg

e0042361_2302292.jpg

e0042361_2303959.jpg


by nightly | 2011-12-29 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by COBIT at 2013-06-07 12:29 x
この映画はテレビ録画して何度か視ました。
秋吉久美子のソープ嬢役と個室シーンも楽しめましたが、深夜、婚約者宅から夜通し歩いて帰宅する若手落語家の心象風景も好かった。
若き日の入船亭扇橋師や、内儀役の故・内海桂子師匠、元曲芸師の尾藤イサオも助演していたし、ワンシーンだけだったけれど先代の春風亭柳朝師の懐かしかったです。全体的に地味ながら素敵な作品じゃないかと、個人的に感じました。
Commented by nightly at 2013-06-08 23:32
COBITさん、こんばんは
なるほど、落語に造詣が深くていらっしゃるようですね。
ボクもこの映画、チャーミングだと思いました。


<< リリー・コール(Lily Co...      戸川純(とがわ・じゅん)「家族... >>