夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 16日

河内桃子(こうち・ももこ)「ゴジラ」(1954)其の壱

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・①》

と言うわけで、このまま行くと、のど元過ぎた辺りからなし崩し的に原発再稼働にシフトしそうな今日この頃、敢えて異議申し立ての意味をこめて、「核の落とし子」にして日本が世界に誇る(!?)怪獣キャラ、“ゴジラ”の登場であります!・・・とは言うものの我が「夜ご美」のこと、当然ながらご本尊のゴジラは登場しません、あしからず。で、ヒロインの古生物学者、山根恭平博士(志村喬)の娘恵美子を演じた河内桃子(1932〜98)の、名家出身の育ちの良さ、重ねて清楚な佇まいを堪能いたそうかと思い立ってみました・・・うぷぷ。




e0042361_22135351.jpg

右は恵美子の恋人、南海サルベージの技師尾形秀人(宝田明)。

e0042361_22164567.jpg

e0042361_2216498.jpg

e0042361_2217811.jpg

e0042361_22171980.jpg

e0042361_22172236.jpg

e0042361_22191125.jpg

e0042361_22194686.jpg

e0042361_22195752.jpg

一応絶叫美女と言うことで・・・

e0042361_22211968.jpg

e0042361_22212981.jpg

e0042361_22214581.jpg

e0042361_2222277.jpg

e0042361_22223086.jpg

e0042361_2225251.jpg

e0042361_22254271.jpg

e0042361_2226898.jpg

e0042361_22262169.jpg

e0042361_22264594.jpg

e0042361_22265212.jpg

左は一見マッド・サイエンティスト風ながら、実は自分の発明に苦悩する科学者芹沢大助(平田昭彦)。

e0042361_22451184.jpg

e0042361_22452228.jpg

e0042361_22455050.jpg

e0042361_2246736.jpg

e0042361_2246212.jpg

e0042361_22464179.jpg


by nightly | 2012-04-16 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by lalaki at 2012-04-18 12:43 x
Good selection!

さすがのセンスに感服であります。
河内桃子様をリマインドいただいてこんなに嬉しいこともありません。

ゴジラのシリーズはモスラから始まっている私の履歴ですが、
子供心に、テレビで観たオリジナルのゴジラは、オリジナルの「ラドン」と並んで、
日本映画のクラフト・マンシップと、東宝の裏クロサワともいえる本多猪四郎監督のコンセプトに
圧倒されまくったものであります。

ともすれば荒々しさに流されがちなこの映画のムードを、
あの昭和前期の日本女性の上品さと優雅さで、ふくよかにしているのは
志村喬師の質実さと並んでの功績であります。

この人があればこその、宝田明の明朗な大活躍であり、芹沢博士:平田昭彦の哀しさなのであります。。。

あと、天才:伊福部昭師の音楽とのマッチングも桃子様が一番のような気も。。。。
Commented by nightly at 2012-04-19 00:16
lalakiさん、ご静聴ありがとうございます。
それにつけても、うかつなことが言えなくなりますですよ。
そうそう、ボク的には今、本多猪四郎監督作品を観漁っている最中なんです。その結果もいずれ・・・。


<< 河内桃子(こうち・ももこ)「ゴ...      ドロレス・ハート(Dolore... >>