夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 19日

河内桃子(こうち・ももこ)「ゴジラ」(1954)其の弐

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・①》

ボクがリアルタイムで最初に観た東宝の怪獣映画は実は「空の大怪獣 ラドン」(1956)。と言うことで、こちらの「ゴジラ」はずっと後になってから。いずれもご承知の通り、本多猪四郎監督、円谷英二特技監督のコンビによる特撮映画の古典ではありますね。今ならどちらのキャラも全編CGでよりリアルに再現されると思うが、こちらのいかにも着ぐるみ然としたキャラの佇まいは、人の、と言うと変だけど、ぬくもりが感じられてその手作り感が牧歌的でほっとするのだった。



[河内桃子(こうち・ももこ)「ゴジラ」(1954)其の壱]



e0042361_21312884.jpg

e0042361_21314855.jpg

e0042361_2132514.jpg

e0042361_21321935.jpg

e0042361_21332170.jpg

e0042361_21583113.jpg

e0042361_21583658.jpg

e0042361_2159549.jpg

e0042361_2204323.jpg

e0042361_221246.jpg

e0042361_2211848.jpg

e0042361_2214124.jpg

e0042361_2215727.jpg

e0042361_22184789.jpg

ゴジラによる惨状を見かねて、恵美子は芹沢との約束を破り、尾形に芹沢が作り出した「オキシジェン・デストロイヤー(水中酸素破壊剤)」の存在を明かすのだった。

e0042361_2220439.jpg

e0042361_22214084.jpg

e0042361_22213819.jpg

e0042361_2222173.jpg

e0042361_22223446.jpg

e0042361_22225297.jpg

e0042361_22231477.jpg

e0042361_22233236.jpg

e0042361_22233488.jpg

e0042361_22234947.jpg

e0042361_22243433.jpg

e0042361_22245154.jpg

e0042361_22245572.jpg

e0042361_22253663.jpg

e0042361_22255686.jpg

e0042361_2226171.jpg

e0042361_2226888.jpg

e0042361_22265415.jpg


by nightly | 2012-04-19 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by lalaki at 2012-04-20 11:18 x
昭和の印象的な映画は、いつも季節は夏。

私はこの映画での、クーラーもTVもない、スダレの障子のある
この茶の間でのサスペンスが大好きで、やはり日本は昔から、
怪談物は夏、と決まっているように、サスペンスも夏が良いのです。

昭和の素敵な女優さんは皆、額の汗を手の甲で拭って微笑む、
というのが似合っており、勿論桃子様は小百合様とならんでその筆頭の一人であります。
Commented by nightly at 2012-04-20 23:27
lalakiさん、こんばんは
“額の汗を手の甲で拭って微笑む”なんて、まさにイメージ通りの形容であります。
うーむ、そんなシーンを集めてみようか、なんて・・・うぷぷ。


<< 岡田茉莉子(おかだ・まりこ)「...      河内桃子(こうち・ももこ)「ゴ... >>