夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 19日

ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「家族の肖像」(1974)

我がドミニク・サンダ嬢の生まれた年については、実は2つの説があって、それは1948年と1951年なんだけど、'51年生まれのボクとしては当然のことながら1951年生まれを支持するものであります!
って、別に本人に確かめたわけではありませんが・・・。
さて、今宵の映画「家族の肖像」(1974)は言わずと知れた、イタリアの巨匠、ルキノ・ヴィスコンティの晩年の作品で、ドミニク嬢はクレジット無しのカメオな出演ながら、バート・ランカスター演じる主人公の老教授のまどろみの中に登場する彼の若き母親を演じている。



[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「やさしい女」(1969)《前編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「やさしい女」(1969)《後編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「初恋(ファースト・ラブ)」(1970)《前編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「初恋(ファースト・ラブ)」(1970)《後編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「悲しみの青春」(1970)《前編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「悲しみの青春」(1970)《後編》]
[新春のお慶びを申し上げます 卯歳元旦]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「世界が燃えつきる日(Damnation Alley)」(1977)《前編》]
[ドミニク・サンダ(Dominique Sanda)「世界が燃えつきる日(Damnation Alley)」(1977)《後編》]





e0042361_23574862.jpg

e0042361_2358239.jpg

e0042361_23584289.jpg

e0042361_23585544.jpg

e0042361_23591334.jpg

e0042361_2359746.jpg

e0042361_2359552.jpg

e0042361_001598.jpg

e0042361_003738.jpg

e0042361_004837.jpg

e0042361_01780.jpg

e0042361_012679.jpg

e0042361_014664.jpg



e0042361_031230.jpg

e0042361_042139.jpg

e0042361_05090.jpg

e0042361_052191.jpg

e0042361_053820.jpg

e0042361_064122.jpg

e0042361_065713.jpg

e0042361_071435.jpg

e0042361_072448.jpg


by nightly | 2012-05-19 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(2)
Commented by lalaki at 2012-05-21 12:03 x
ヴィスコンティの映画は、特に晩年のその「本物の」豪華絢爛さにもかかわらず、
なぜか綺麗なロードショー館よりも、都会の片隅の古めの名画座の方が良く似合います。

これは何故なのか分かりませんが、ドミニク嬢や、例えばシャーロット・ランブリングなんかも
名画座の似合う、「映画マニアの至宝」な女優さんであります。
Commented by nightly at 2012-05-23 23:36
lalakiさん、こんばんは
ボクの青春時代を語るには、そう、都会の片隅の古い名画座が欠かせません。
今日日のシネコンは便利ではありますが、何か物足りなさを感じますね。


<< ドミニク・サンダ(Domini...      ドロレス・ハート(Dolore... >>