夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 14日

山田五十鈴(やまだ・いすず)「祇園の姉妹」(1936)

と言うことで、「浪華悲歌」と同じ年、同じ溝口健二監督による「祇園の姉妹」の山田五十鈴も、やっぱりこの際、「夜ご美」のアーカイブに残しておかなければなりますまい。
山田五十鈴演じる口八丁な関西弁で男をたぶらかす祇園の芸妓おもちゃの、そのときの表情の輝きを見よ!


[山田五十鈴(やまだ・いすず)「浪華悲歌」(1936)]



嬉し恥ずかし、シュミーズ姿でのいきなりな登場であります・・・うぷぷ。
e0042361_22354199.jpg

e0042361_22371491.jpg

e0042361_22372346.jpg

e0042361_22374926.jpg

e0042361_2238213.jpg

e0042361_22382058.jpg

e0042361_22383241.jpg

e0042361_22384584.jpg

e0042361_2238568.jpg

e0042361_2239814.jpg

e0042361_22392181.jpg

e0042361_22394689.jpg

e0042361_22395928.jpg

e0042361_22401247.jpg

e0042361_22402066.jpg

e0042361_22403442.jpg

e0042361_22404431.jpg

e0042361_22405825.jpg

e0042361_22411113.jpg

e0042361_22412773.jpg

e0042361_22414058.jpg

e0042361_22414955.jpg

e0042361_2242476.jpg

e0042361_22421690.jpg

e0042361_22422692.jpg

e0042361_22423911.jpg


by nightly | 2012-07-14 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by lalaki at 2012-07-17 17:14 x
私が京都で学生だった頃、まだ京の町屋が貸家で出ていて、
友達で共同で一件丸ごと町屋を借りて下宿にする、などが出来ました。
ヒッピーと全学連がまだ燻っていた70年代前半。
あの町屋の匂いがするような画面に、浮世絵のような五十鈴様の
佇まいが抜群にマッチしております。。。。
Commented by nightly at 2012-07-22 23:48
なるほど、lalakiは古都京都に因縁がおありだったわけですね。
・・・・・・・・ふむふむ


<< ジョアンナ・シムカス(Joan...      山田五十鈴(やまだ・いすず)「... >>