夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 05日

津島恵子(つしま・けいこ)「安城家の舞踏會」(1947)《後篇》

この映画のヒロインは言うまでもなく安城家のしっかり者のリアリスト、次女敦子を演じる原節子でありますが、それはさておき、長男正彦(森雅之)の魔の手に落ちるや否やの瀬戸際な津島恵子演じる新川曜子を続けてご覧あれ・・・れ


[津島恵子(つしまけいこ)「七人の侍」(1954)・・・①]

[津島恵子(つしまけいこ)「七人の侍」(1954)・・・②]

[津島恵子(つしま・けいこ)「安城家の舞踏會」(1947)《前篇》]



e0042361_22104835.jpg

e0042361_2211358.jpg

e0042361_22111970.jpg

e0042361_2211315.jpg

e0042361_22113145.jpg

e0042361_2212112.jpg

e0042361_22121154.jpg

e0042361_22124832.jpg

e0042361_22125488.jpg

e0042361_22132376.jpg

e0042361_22134081.jpg

e0042361_2214198.jpg

e0042361_22143694.jpg

e0042361_22145181.jpg

森雅之が演じる不実な男は何故いつも女にもてるのであろうか・・・う〜む
e0042361_22165460.jpg

e0042361_22173432.jpg

e0042361_22173841.jpg

e0042361_2218824.jpg

e0042361_22184852.jpg

e0042361_22184975.jpg

不実な正彦に景気よくビンタを食らわす曜子だったが・・・
e0042361_22192789.jpg

e0042361_2221827.jpg


by nightly | 2012-09-05 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by lalaki at 2012-09-06 08:07 x
いいですね~、こういう時の森雅之は。
聖人から悪魔まで、あっという間に変貌できるのが。

また、津島恵子様が「七人の侍」の時のような、
あまり世間の手垢にまみれてなくて、周りの複雑な状況に
振り回されて痛々しいというのが、正に当たり役!

可哀想なんだけど、観てて面白い、という、
森雅之の役割の気持ちに同調してしまいます。。。
Commented by nightly at 2012-09-08 00:04
lalakiさん、こんばんは
もう、嬉しくなっちゃうほど同感です!
それにつけても、津島恵子って、実は肉感的だったりするんですねぇ〜


<< 三条泰子(さんじょう・やすこ)...      津島恵子(つしま・けいこ)「安... >>