夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 12日

森和代(もり・かずよ)「赤頭巾ちゃん気をつけて」(1970)《性懲りもなく前篇》

レ・ガールズな美女巡りの奈美悦子編で取り上げたのがピンキラのヒット曲『恋の季節』をタイトルにした映画だったわけだが、その『恋の季節』から飛び火して、今宵は、ボク的にリアルタイムな庄司薫の芥川賞受賞小説を原作にした同名映画『赤頭巾ちゃん気をつけて』で、主人公薫(岡田裕介)のガールフレンド由美を演じた、ちょっと気恥ずかしい気もするけど、かつてボクの愛読書(ん?)でもあった『装苑』でよくお見かけしたモデル、森和代の初々しきデビューショットのお披露目であります。
さて、話は変わるけど、映画のオープニングは1970年(多分)当時の東京の俯瞰撮影から始まるんだけど、高層ビルと言えば浜松町の貿易センタービルくらいで、なんとも風景が筒抜けだし、牧歌的で良かった。懐かしさと共に、失ったものの大きさに唖然としてしまう、なんてね!?




e0042361_23335513.jpg

e0042361_2334035.jpg

e0042361_23343373.jpg

e0042361_23344846.jpg

e0042361_23345699.jpg

e0042361_2337342.jpg

e0042361_233714100.jpg

e0042361_23372722.jpg

e0042361_2338387.jpg

e0042361_23381885.jpg

e0042361_23383544.jpg

e0042361_23385055.jpg

e0042361_23412914.jpg

e0042361_23414762.jpg

流石にモデル出身だけあって、(当時としては)ミニスカートが様になっている・・・
e0042361_2344695.jpg

e0042361_23443370.jpg

e0042361_23451039.jpg

うむ・・・・・・・・

by nightly | 2012-12-12 21:00 | 日本のモデル | Comments(2)
Commented by June at 2012-12-16 12:33 x
う~ン、懐かしいですね! 「装苑」は裁縫の得意な母の愛読書でもありました。森和代さん、知らない女優さんですが、こういう顔の女性は今の時代にもいそうですね。この男優さんも良く見かけたような。。。
この時代、本当に懐かしい。ファッションも、街の風景も。nightlyさんのブログで懐かしさを味わっています~。
Commented by nightly at 2012-12-16 23:26
Juneさん、こんばんは
彼女はこの映画の後、東宝で1〜2本映画に出て、結婚して女優を引退しました。特に問題がなければ今でも森本レオ夫人のはずです。
そして主人公薫役の岡田裕介は今東映の社長に納まっています。
と言うわけで、なにせボクはノスタルジーにどっぷり漬かっていますから・・・。


<< 森和代(もり・かずよ)「赤頭巾...      由美かおる(ゆみ・かおる)「エ... >>