夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 25日

八木昌子(やぎ・まさこ)「悦楽」(1965)

この映画の中でボクが一番悦楽を感じた女優は、実はこれがスクリーンデビューの八木昌子(1938〜)。彼女は小松方正演じる失業と借金に苦しむだめ男江城の妻志津子を演じていて、アルバイトサロンで主人公脇坂(中村賀津雄)に見初められ、愛人契約を受け入れたのだった。




e0042361_2293944.jpg

e0042361_22102530.jpg

e0042361_2211677.jpg

e0042361_22111810.jpg

e0042361_2213996.jpg

e0042361_22133198.jpg

e0042361_22134692.jpg

e0042361_22141820.jpg

e0042361_22142930.jpg

e0042361_22144946.jpg

e0042361_2214514.jpg

e0042361_2215946.jpg

e0042361_22153584.jpg

e0042361_2216247.jpg

e0042361_22163128.jpg

e0042361_22164750.jpg

e0042361_22182078.jpg

e0042361_22184181.jpg

e0042361_22184635.jpg

e0042361_22185985.jpg

e0042361_2220151.jpg


by nightly | 2013-02-25 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by June at 2013-02-27 18:18 x
すごいストーリーですね(笑)  昔の日本映画のほうがセクシーですね。 nightlyさんは目のちっちゃい女優さんが好み?ですか~?
Commented by nightly at 2013-03-03 00:12
Juneさん、こんばんは
確かに、表現の不自由がかえって創意工夫を生み、表現に深みが増すのかも知れませんねぇ〜
因みに、目のおっきな女優さん(例えば、アン・ハサウェイ)も好みですよ〜ん


<< 「夜ごとの美女暦」の3月は春め...      野川由美子(のがわ・ゆみこ)「... >>