夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 04日

八木昌子(やぎ・まさこ)「化石の森」(1973)《付録》

八木昌子の静かな官能は、文化としての羞恥からくるものなのか、制度としての抑圧からくるものなのか・・・なんて益体もないことを考えているうちにお話は収束に向かって行くわけです。


[八木昌子(やぎ・まさこ)「悦楽」(1965)]

[八木昌子(やぎ・まさこ)「化石の森」(1973)《前編》]

[八木昌子(やぎ・まさこ)「化石の森」(1973)《後編》]




e0042361_22483260.jpg

e0042361_22484291.jpg

e0042361_22485878.jpg

e0042361_22494928.jpg

e0042361_2250382.jpg

e0042361_22502020.jpg

e0042361_22495658.jpg

e0042361_22505863.jpg

e0042361_22503487.jpg

e0042361_22513781.jpg

e0042361_2251265.jpg

e0042361_22511443.jpg

e0042361_22512631.jpg

e0042361_22521825.jpg


by nightly | 2013-05-04 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)


<< 二宮さよ子(にのみや・さよこ)...      八木昌子(やぎ・まさこ)「化... >>