夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 23日

坪田直子(naoko tsubota)「ピーターソンの鳥」(1976)

いっそ、ノスタルジー・・・其の七
もうほとんどリタイア生活に突入したボクとしては、身辺整理がルーチンワークになりつつある。そのおかげで思いもかけない美女と再会できたりして、すると案の定そこで手が止まり、いっそノスタルジーにしばしどっぷり浸かってしまう。そんな風にして、坪田直子(1956〜)と再会したわけだが、このアルバムの中身が思い出せなくて、恐る恐る聴いてみたら、切なくも懐かしいメロディと彼女の可憐で優しい歌声が記憶の襞から剥がれおちるように蘇ってきた。特に彼女の語りが良いんだな〜






e0042361_233338100.jpg


e0042361_23335059.jpg


A-1:黄昏だけなら生きてもいい・・・(作詞;麻久悠、作曲;大野克夫)
A-2:命あるものは樹から落ちた・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;岩沢弓矢)
A-3:ジュン・・・・・・・・・・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
A-4:草の部屋・・・・・・・・・・・(作詞作曲;坪田直子)
A-5:黒ずんだ象・・・・・・・・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;大野真澄)

B-1:冬の鳥・・・・・・・・・・・・(作詞;坪田直子、作曲;下田逸郎)
B-2:ハイウェイの少年・・・・・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
B-3:ガラスのメビウス・・・・・・・(作詞作曲;坪田直子)
B-4:太陽の鉛筆・・・・・・・・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;井上堯之)
B-5:ほし・・・・・・・・・・・・・(作詞;岡本おさみ、作曲;岩沢弓矢)

by nightly | 2013-10-23 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)


<< 恵とも子(Tomoko Kei...      安田南(Minami Yasu... >>