夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 17日

レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)「コンスタンティン」(2005)

《美女にはMacがよく似合う!?・・・其の十五》
今月前半に旅行したりして、すっかり「夜ご美」と疎遠でしたが、ここいらで社会復帰することにして、折角なのでMac一筋、美女とMacをしばらく続けてみることにしましょう。
と言うわけで、我が美女遍歴(?)の中でもとりわけ美女の誉れ高いレイチェル・ワイズ(1971〜)ではありますが、気が付けば想定外のボンドガール、じゃなかった、ボンドの奥さんに収まっていたのでありました・・・トホホ。
さて、DCコミック『ヘルブレイザー』の映画化、「コンスタンティン」でレイチェル(う〜む、好きな名前…うぷぷ)はロス市警の刑事アンジェラを演じていて、悪魔との黙示録的戦争へとキアヌ・リーブス演じるコンスタンティンと共に身を投じていくのでありますが・・・



[レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)「ナイロビの蜂」(2005)]

[謹賀新年。今年は巳年と言うことで、ヘビ〜なレイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)ね。]




e0042361_2152326.jpg

アンジェラは、双子の妹イザベル(レイチェルの二役)が精神病院の屋上から飛び降りる様子が映った監視カメラの映像をPowerBook G4のQuickTimeで確認しているのでありますね。
e0042361_2205747.jpg
e0042361_2204228.jpg

e0042361_2211139.jpg

e0042361_2212123.jpg

e0042361_2214385.jpg

e0042361_222079.jpg

e0042361_222124.jpg

e0042361_2222392.jpg

e0042361_2223323.jpg

e0042361_222443.jpg

e0042361_2225218.jpg

e0042361_223499.jpg


by nightly | 2014-11-17 22:02 | 英吉利の女優 | Comments(0)


<< エリザベス・オルセン(Eliz...      リリー・コリンズ(Lily C... >>