夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 02日

若尾文子(Wakao Ayako)「妻二人」(1967)

と言うことで、この映画の中で若尾文子(1933〜)演じる道子は「清く明るく美しく」を実践し嘘が嫌い。だからいつもと違って官能は不足気味。だがしかし、文学青年崩れの小林(伊藤孝男)から恐喝され、貞操も・・・と言う場面で魅せるあわやのあややがひときわ官能的なのでありますね。



[若尾文子「祇園囃子」(1953年)]

[若尾文子(Ayako Wakao)「座頭市と用心棒」(1970年)]

[「夜ごとの美女暦」、日本編1月はもちろん若尾文子に決まってらい!]

[夜ご美カレンダー、4月は夜桜に狂わされて若尾文子の官能に撃たれてしまう!って?]





e0042361_2312777.jpg

e0042361_232457.jpg

e0042361_23242084.jpg

e0042361_23244274.jpg

e0042361_23245447.jpg

e0042361_23254795.jpg

e0042361_2326280.jpg

e0042361_23261538.jpg

e0042361_23263073.jpg

e0042361_23264148.jpg

e0042361_23271824.jpg

e0042361_23272925.jpg

e0042361_23273934.jpg

e0042361_23275047.jpg

e0042361_2328190.jpg


by nightly | 2015-04-02 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)


<< エロディ・フレージュ(Elod...      夜ご美カレンダー、4月は夜桜... >>