夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 11日

パティ・ペイジ(Patti Page)「in the land of hi-fi」(1956年)

おとなの女性ジャズボーカル、今夜は「テネシー・ワルツ」があまりにも有名(日本では江利チエミのカバーの方が有名か?!)なパティ・ペイジ(1927〜)。パティは「ワルツの女王」とか「カントリー・ワルツの女王」とかよばれたりした。つまり間口の広いアメリカの人気ポピュラー歌手であったわけである。が、このアルバムを聴くとジャズのセンスも抜群で、艶と張りのある豊かな声はおとなの色気を感じさせる。バックをつとめる演奏人も豪華で、トロンボーンのJ.J.やカイ、トランペットのピート・カンドリ、そしてボクの大好きなアルト・サックスのバド・シャンクといった渋いジャズメンが参加している。

e0042361_23342196.jpg

e0042361_2335840.jpg


by nightly | 2006-02-11 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(8)
Commented by haha at 2009-09-23 00:27 x
こんばんは。

秋になって、時々パティ・ペイジを聴いてます
調べたら・・まだ現役で御活躍中なんですね、びっくりしました

話は変わってnightly さん
中島美嘉と、ともさかりえ・・お好きなんですね
ちょっと意外でしたが、このお二方に対する見方が若干変わりました(笑)

Commented by nightly at 2009-09-23 23:25
ハハハ、意外ですか?中島美嘉と、ともさかりえ・・・
何かの拍子に、思いがけず・・・って、なんだか言い訳しているみたいですがーーー。
結構、たまたま観た1本とか、たまたま聴いた1枚のCDとかで180度好みが代わることが、ままあります。

Commented by haha at 2009-09-23 23:52 x
何かの拍子に、思いがけず・・・
なぁるほど~
そう言われてみればそうですね!
私もあります、あります・・・ウフフ
Commented by nightly at 2009-09-24 00:25
hahaさん、大袈裟ですが、人生においても、
何かの拍子に、思いがけず・・・って、展開がままありますよね!
多分そんな人生の方が退屈しないのかも・・・。
Commented by haha at 2009-09-25 23:25 x
そうですね、大袈裟ではないです

思いがけず・・
思いがけず・・・
いいですね

歳を重ねる事に万歳!かな?笑
Commented by nightly at 2009-09-25 23:49
そろそろ年を重ねることの愉しさを、楽しみたいです・・・うぷぷ。
Commented by パティ・ベイジ賛歌 at 2009-11-10 13:37 x
「ワルツの女王」が取り上げられているのは嬉しい限りです。年代的には来日公演には間に合わなかったのが残念です。本邦で『テネシーワルツ』をヒットさせた江利ちえみ嬢の早逝を悼む、パティによるコメントが流れていましたが、自身もセミリタイア状態でしょうか…?現在でも自宅で十指に余るワルツの名唱を堪能していますが…。
Commented by nightly at 2009-11-11 23:53
パティ・ベイジ賛歌さん、こんばんは
パティ・ペイジ、82歳の今でも現役のようですねー。
す、す、素晴らしいです!
また、聴きたくなってきました・・・


<< フランス・ギャル(France...      ベレーザ(Beleza)「ファ... >>