夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 02月 12日

フランス・ギャル(France Gall)「音楽のために」(1981年)

1965年の大ヒット曲「夢見るシャンソン人形(Poupee de cire, poupee de son)」の記憶だけを残して1969年にフランス・ギャル(1947〜)は音楽の世界から消えてしまう。その後シンガーソングライターのミシェル・ベルジェと運命的な出逢いをし、1975年に復活を果たす。’76年に二人は結婚し、公私ともに充実した日々を送るも’92年に夫・ベルジェが心臓発作で急逝し、その後、彼女自身も乳ガンに冒されるという悲運に見舞われ’97年以降は残念ながら活動休止状態である。
さて、このアルバムはそんなフランス・ギャルの音楽的にも充実した時代の1枚であり、かつてのフレンチ・ロリータなイメージを払拭するような力強さを感じる。

e0042361_22491945.jpg
このアルバムを手にしたとき、実はミシェル・ファイファーかと勘違いするところだった。
e0042361_22493637.jpg


by nightly | 2006-02-12 22:52 | 仏蘭西の歌手 | Comments(12)
Commented by kugayama2005 at 2006-02-13 00:43
そうそう、ギャルおばさん;;けっこうロックっぽいところアコースティックに迫ってたりして・・・ちょっとそのCD行方不明だけど聴きたくなってきたな〜
Commented by nightly at 2006-02-14 06:52
「ギャルおばさん」!・・・良いねー・・・、とっちゃんぼうや?!
Commented by パピヨン at 2011-11-09 13:47 x
 小学校2年生の時、夢見るシャンソン人形を聞いて、フランス・ギャル様に一目惚れならぬ、一聞き惚れしました。
 それ以後、ギャル様の大ファンで、NHK-FMで時々ギャル様の曲が流れ、「音楽のために」がヒットしていることで嬉しかったです。
 ちなみ当時「すべては音楽のために」という曲名で紹介されていました。
 レコードからCDに移行した時、日本では発売されないので困っていましたが、今では、インターネットで購入できるので簡単に入手できるようになりました。
 ギャル様のCDも殆ど購入できて光栄です。
 早く、新作を聞きたいです。
Commented by nightly at 2011-11-10 08:51
パピヨンさん、フランス・ギャルって、世代を超えて根強いファンがいますね。ボクはどちらかと言えばリアルタイム世代ですが、パピヨンさんは?
そうそう、ネットのおかげで映画や音楽の世界が一気に広がり身近になった気がします。
そして、彼女の新作が出たら、素敵ですよね。
Commented by パピヨン at 2011-11-10 11:16 x
 nightly様、返信ありがとうございます。
 ちなみに私は、1957年生まれです。
 ニックネームをパピヨンとしたのもギャル様の「パピヨン・ド・ニュイ(夜の蝶)」(1989年日本発売)からです。 
Commented by kugayama2005 at 2011-11-10 20:39
ははは!
 ギャルおばさんの
  ファン倶楽部
   ええですのう!
Commented by nightly at 2011-11-15 23:47
パピヨンさん、こんばんは
なるほど、歳の差にそれほどの開きはないようですね。
それにつけてもフランス・ギャル嬢への思い入れの深さに圧倒されます!
Commented by gall_gall at 2014-12-26 23:31
ギャルは60年代も70年代も80年代もみ〜んな良いですね!
Commented by パピヨン at 2018-01-07 22:41 x
フランス・ギャル様が7日に亡くなられたそうです。
ご主人がテニスをしている最中に急死されたり、次女も難病で若くして亡くなられたりと晩年は不幸続きで、本人も半ば引退同然だったそうです。
改めて御冥福をお祈り致します。
Commented by ピポ at 2018-01-10 19:29 x
.......こちらはパピよんさん^^私はピポでした^^先輩!?
Commented by nightly at 2018-01-11 12:01
パピヨンさん、お知らせありがとうございます。そうだったんですね。残念です。彼女のアルバムを聴きなが感傷に浸りたいと思います。

パピヨンさん、新年早々失礼しました。
Commented by パピヨン at 2018-01-13 16:41 x
返信ありがとうございます。
久しぶりのコメントだったのとパ行の名前なので読み間違えたのも仕方ないと思います。


<< ペギー・リー(Peggy Le...      パティ・ペイジ(Patti P... >>