夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 05月 13日

シルヴィ・バルタン(Sylvie Vartan)「夢のアイドル」(1964年)

ボクがリアルタイムでシルヴィ・バルタンを聴いた中坊時代(60年代半ば)は勿論貧しく、小遣いなんてたかがしれていたから、一大決心してレコード屋で買えるのはいわゆるドーナツ盤1枚(当時シングル盤1枚が330円〜370円ぐらいだったか)がせいぜいだった。だからLPなんて指をくわえて憧れるだけ、LP売り場なんて近づきもしなかった。そして40年の時を経て、いまさらなアルバム収集に現を抜かしている訳である。
このアルバムは大ヒットした「アイドルを探せ」を含む64年リリースの彼女の3作目。一部ナッシュビルで録音するなどかなりアメリカを意識した作りになっていて、彼女のいろいろな表情が垣間見えて、なかなか愉しいアルバムだ。

[シルヴィ・バルタン(Sylvie Vartan)「シルヴィ・バルタン・ドゥジューム」(1963年)]
[シルヴィ・バルタン(Sylvie Vartan)「アイドルを探せ」(1963年)]
[シルヴィ・バルタン(Sylvie Vartan)「パリの妖精」(1968年)]

e0042361_729863.jpg

e0042361_7293067.jpg


by nightly | 2006-05-13 22:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(2)
Commented by kugayama2005 at 2006-05-14 22:04
ドーナツ盤てなんなんだろうとムカシから思っていたのですが、ごく最近わかった。あれはジュークボックス用につくられたフォームなわけだった。・・・レコードは物神だった。音楽を評論するのではなくレコードそのものを評論する人たちがさまざまに有害な論を残してくれたものだね。
Commented by nightly at 2006-05-14 22:53
ジュークボックスやピンボールマシン!憧れのアメリカ!!??


<< Cajsa Stina Ake...      ビヴァリー・ケニー(Bever... >>