夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 02日

香川京子「山椒大夫」(1954)

ここへきてやっとDVDで溝口健二を堪能することができるようになったわけだが、覚えているようでいて実は記憶があいまいな森鴎外原作の「山椒大夫」を今宵は選んでみた。
で、今更ながら香川京子(1931〜)の凄さを実感した次第。
この作品の中では田中絹代はおいとくとして、憎々しさの権化、山椒大夫を演じたこれぞ敵役の鏡・進藤英太郎と成長したリリシズムな安寿役の香川京子の演技が双璧!
フィルムの状態もよく、モノクロームの深みのある映像がこれまた素晴らしい!!

e0042361_22442341.jpg


e0042361_2244416.jpg

現実の厳しさにいつしか慈悲の心をなくした兄・厨子王に心を痛める健気な妹・安寿・・・

e0042361_2249352.jpg


e0042361_22493311.jpg


e0042361_22503285.jpg


e0042361_22505398.jpg


e0042361_22512560.jpg

佐渡に遊女として売られていった母が我が子を思い歌ったとおぼしき唄に聴き入る安寿・・・

e0042361_22544548.jpg


e0042361_22551593.jpg

病気で働けなくなった仲間を姥棄てにい行くことになり・・・

e0042361_22571133.jpg


e0042361_22574515.jpg


e0042361_22581768.jpg

逃げ出す決意をした厨子王に策を与える安寿・・・

e0042361_2303577.jpg


e0042361_231358.jpg


e0042361_2315741.jpg

厨子王の逃亡の時間稼ぎをする安寿・・・
e0042361_233613.jpg


e0042361_2333217.jpg

厨子王をかばって入水自殺する安寿・・・
この静謐なシーンが素晴らしい・・・

by nightly | 2007-04-02 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
Commented by kugayama2005 at 2007-04-03 01:12
う〜ん、チミはふつうのヒトが見るとこと違うとこを中心に見るわけだね。
Commented by nightly at 2007-04-03 22:11
・・・そうなのかなー・・・?


<< バーバラ・マクネア(Barba...      芹明香(セリメイカ)「祭りの準... >>