夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 08月 24日

フランソワーズ・アルヌール(Francoise Arnoul)「フレンチ・カンカン」(1954年)

昔々、中学生の頃、家人に隠れてこっそり夜中に観たモノクロームのメロドラマ。クロチルドというそのフランス娘に、僕は確かに性的な憧れを抱いたに違いない。フランス映画「ヘッドライト」の断片的な記憶の中で、フランソワーズ・アルヌール(1931〜)演じるクロチルドだけが艶めかしく息づいている。
そんな初恋のおんなとの再会を果たした「フレンチ・カンカン」は、パリの名物「ムーラン・ルージュ」の誕生を描いたジャン・ルノワールの傑作オペレッタ。「ヘッドライト」以前のフランソワーズ・アルヌールがフレンチ・カンカンの踊り子ニニを可憐に演じている。彼女は健気にもほとんどスタントなしで踊りのシーンをこなしたという。その喜び、自信が実に素直に現れていて、ラストのフレンチ・カンカンのシーンは感動的だ!

e0042361_23381148.jpg
e0042361_23383424.jpg
e0042361_23385947.jpg
e0042361_23392380.jpg
e0042361_2340247.jpg
e0042361_23404491.jpg
e0042361_23412854.jpg
e0042361_2342145.jpg
e0042361_23422512.jpg
e0042361_23432896.jpg


by nightly | 2005-08-24 23:44 | 仏蘭西の女優 | Comments(3)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-17 16:16 x
男性にとって率直に言ってパリはつまらないと思う人が案外いるのでは。しかしながら「フレンチ・カンカン」の「ムーランルージュ」はバカに出来ない。高度成長期の東京・赤坂のキャバレーやSKD、日劇ダンシング・チーム(旧すぎる?)なんか足元にも及ばない。アルヌール、確かにいましたねー。彼女を筆頭に近年のフランス、どうなっちゃたんだ!。
Commented by nightly at 2008-05-19 22:47
アルヌールって、ボクにとっては初めての洋物女優だったような気がします。昔々の話ですけど・・・。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-05-19 23:05 x
↓もしかしたら私もそうかも知れない。お互いふるいなー。例の件、明日は台風だから「しんすい」に注意しよう。


<< リビー・タイタス(Libby ...      ティナ・ルイス(Tina Lo... >>