夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 22日

まぼろし(?!)の美女・・・轟夕起子賛江

知り合いのブログで一気に話題になった轟夕起子(1917〜67)。戦後の彼女はおおかた、ただの太ったおばさん呼ばわりされていたようだが、戦前の彼女ははっきり言って美女だった!
スキャンダラスな引き抜き合戦の中で昭和12年、宝塚少女歌劇団から日活の映画女優になった轟夕起子だが、どうやら彼女を取り巻くふたりの男(父親と夫)によって大輪の花を咲かせることなく消えていったようだ・・・うーむ、残念!


e0042361_9294090.jpg

と言うわけで宝塚時代の轟夕起子でした。


閑話休題


e0042361_94114100.jpg

久しぶりにちょっと忙しいふりをしています。
と言うわけで、小生、今月の24〜26日に幕張メッセで開催される「2008 なの花アビリンピック in ちば」に関連したアビリンピック第30回記念事業「サテライト展示」として、カルフール幕張において開催中の「アートビリティ作家展」(10月20日〜26日)に、「アートビリティ」のスタッフとして参加しています・・・なんてね。

by nightly | 2008-10-22 21:00 | 日本の女優 | Comments(12)
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-10-22 10:15 x
うーん、時としてステージ・パパ、なんとステージ旦那が邪魔くさい。ステージ・ママなんかもおりやんしたな。かな?。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-10-22 14:18 x
☆さすが国営放送、ただ今、やっております。うーん、日本版シェリー・ウインターズか。おっとぅ、パイナップル・プリンセスだったか田代みどりもおりますよ。と言ってもアートビリティーの幕張店番、お疲れさま!。
Commented by kugayama2005 at 2008-10-22 21:36
サモ爺、すまん、心臓に悪いよ、脅かすな。うぴ!
Commented by nightly at 2008-10-23 00:16
父親はモーレツなステージ・パパ、映画監督の夫・マキノ正博は自分の映画に彼女を愛玩動物のような扱いで出演させたとか。
Commented by nightly at 2008-10-23 00:21
散人和尚、ボクが脅かしたって?!誰を??うぷ!
Commented by nightly at 2008-10-23 00:37
もしかして、「こんにちは20才」?
Commented by jblnouno at 2008-10-23 00:44
轟さんって美人だったんですね。高橋秀樹の「男の紋章」の時の母であり、女親分のイメージが強いです。「アートビリティ」と言えば、わたしの知人が代表の障害者作業所も作品を制作しています。よろしかったら「工房まる」で検索してください。by南の風
Commented by jblnouno at 2008-10-23 00:51
追伸、「工房まる」は福岡市にあります。アナ・マリア・ヨペックの最新情報はまだですか?by南の風
Commented by June at 2008-10-23 16:32 x
nightly さん、ありがとうございます!!!
きゃー、ほんとかわいいです~。私の目に狂いはなかったわ(笑)。目元が愛らしいですね。そうですか、父親とだんなにね~。こんなかわいい娘を持つと父親ってそうなってしまうのでしょうか。そういえば、吉永小百合さんもお父様といろいろあったとか。 お仕事がんばってください!
Commented by nightly at 2008-10-26 22:55
南の風さん、「工房まる」のHP拝見しました。サイトのデザインも秀逸ですし色々興味深いですねー。何らかの方法で情報交換ができると良いのですが・・・。
それから、アナ・マリア・ヨペック、なかなか日本まで情報が伝わってきませんねー。本国では新譜も出しているようですが・・・。
Commented by nightly at 2008-10-26 22:58
Juneさん、幕張での一週間を終えて、ちょっと一息という感じです。改めて、詳細を微に入り細に入りって変ですが、メールしますね。
Commented by オンリー・ザ・ロンリー at 2008-10-26 23:43 x
nightlyさん、アートビリティ幕張展示まことにお疲れ様でした。数々の力作に感動し来年のカレンダーに至ってはnightlyさんのセンスに改めて魅了されました。
そして外語女子大生、披露宴帰り、笑笑嬢と言い、やはり「夜ごとの美女」でありました、はい。


<< 吉永小百合(よしなが・さゆり)...      ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(... >>