夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 13日

津島恵子(つしまけいこ)「七人の侍」(1954)・・・①

と言うわけで「七人の侍」から、今宵こそは順当に津島恵子(1926〜)。1947年、松竹撮影所のダンス教師から吉村公三郎監督にスカウトされ「安城家の舞踏会」で銀幕デビュー。50年代初頭は松竹のトップアイドルとして活躍するも、‘53年松竹を退社し東宝映画や独立プロ系の映画に出演するようになった。
因みにボクが生まれたころの雑誌「映画ファン」の人気投票によると、

昭和26年       昭和27年
高峰三枝子 ( 1 ) 津島恵子
原 節子  ( 2 ) 原 節子
津島恵子  ( 3 ) 高峰三枝子
高峰秀子  ( 4 ) 京マチ子
木暮実千代 ( 5 ) 桂木洋子
桂木洋子  ( 6 ) 木暮実千代
淡島千景  ( 7 ) 高峰秀子
久我美子  ( 8 ) 淡島千景
角 梨枝子 ( 9 ) 久我美子
音羽信子  (10) 島崎雪子

なんだって!・・・ふーむ、この辺りで戦後が実感として終わったのだろうか?


さて、「七人の侍」では百姓万造(藤原釜足)の娘・志乃を演じ、七人の侍の中の一人、若侍の勝四郎(木村功)と恋に落ちるわけだが、実は撮影当時、木村功は31歳、津島恵子は28歳だった・・・うぷぷ。



e0042361_23112698.jpg


e0042361_23114015.jpg


e0042361_2312111.jpg


e0042361_23125647.jpg


e0042361_23132123.jpg


e0042361_23135396.jpg


e0042361_23143370.jpg


e0042361_23145376.jpg


e0042361_23151167.jpg


e0042361_23152554.jpg


e0042361_23154210.jpg


e0042361_2316054.jpg


e0042361_23162177.jpg


e0042361_23164129.jpg


e0042361_23165729.jpg


e0042361_23171713.jpg


と、今宵は百姓万造が、雇った侍から生娘の志乃を守るために無理矢理志乃の長い髪を切って男に仕立てるシーンまで。      
・・・続く。

by nightly | 2009-01-13 21:00 | 日本の女優 | Comments(17)
Commented by kugayama2005 at 2009-01-14 08:54
お父さん怒っているところね。そりゃボクでも怒るね。
ところでランキング、京マチ子がなんでこんな出方しているんだろう?
Commented by nightly at 2009-01-14 22:52
散人せんせ、ボクの察するに、ヴェネチア国際映画祭グランプリ受賞の「羅生門」以前の京マチ子は肉体派女優と言うことで良心的な(?)映画ファンの中にあってはランクインし辛かったのかもね。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-15 08:46
雨月が昭和28年ですね。
Commented by June at 2009-01-17 20:19 x
この最初の登場シーンはよかったですね~。すごく色っぽいです。後姿という撮り方がよいのでしょうね。このへんに黒澤監督のすごさがあるのかしら。 なのに、つぎのざんばら頭ではとたんに「へん」になってしまいました(笑)。若作りだというのがありあり。そうか、津島恵子ももうすぐ30歳というお年頃だったのですね。当時は人気のあった女優さんなのですね。伝説の原節子というのは知っていましたが。
Commented by nightly at 2009-01-17 22:39
Juneさんはまだ伝説の原節子出演の映画はご覧になっていないのですね。ならば順当なところで小津作品と言うことになりますが、いきなり黒澤の「白痴」という手もありいの、いやいやボクのお薦めは山中貞雄の「河内山宗俊」で、16歳の初々しい原節子をどうぞお試しあれ!
Commented by June at 2009-01-18 22:01 x
nightly さん、「東京物語」は見たのですが、ふ~んというかんじでした。それほど、びっくりどっきりするほどの美形とも思わず。いや、美形なのですが、どきどきはしなかったのです。え?「白痴」ですって!!よさそうですね~。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-20 08:30
「白痴」の原節子はドスがきいていて良かったなあ。ああいう役は、一回こっきりじゃないですか?・・・それからボクの知らないムカシの札幌風景が見られた映画でした。
Commented by nightly at 2009-01-22 21:45
Juneさん、原節子って顔のそれぞれのパーツが大きくてアンバランスな感じで、決して美人ではないと思います。ボクは全然興味がなかったのですが、古い日本映画を見始めると、良くお見かけするのでついつい・・・。
Commented by nightly at 2009-01-22 21:47
散人せんせ、確かに「白痴」における原節子は異色であると言えるでしょう。古い映画は色々な発見があって、面白いですなー・・・。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-22 22:17
この撮り方はなぜか、神々の深き欲望(1968)の、沖山秀子を連想させました。うがって言うと、日本映画も、辺境性だけで売れてた時期があるってこと。・・・というより、映画ってのは辺境性のことかも知らん?
Commented by nightly at 2009-01-24 22:46
「神々の深き欲望」、また観たくなった!日本映画も、偏狭な映画人だけで創られた時期があるってこと・・・ね。
Commented by kugayama2005 at 2009-01-25 06:21
「神々の深き欲望」はいささか雑な映画だね。八重山諸島で撮影しているが、台湾も出てくるし。沖山秀子だけだね。
Commented at 2009-04-27 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nightly at 2009-04-27 23:12
とんべりさん、こんばんは。
了解しました。こんなものでよければ、どうぞ。
Commented by とんべり at 2009-05-01 19:36 x
いきなりのお願いにご快諾くださって、ありがとうございます!
Commented by nightly at 2009-05-01 23:42
とんべりさん、どういたしまして。
Commented by michael kor at 2013-11-05 14:05 x
I really like what you guys tend to be up too. This kind of clever work and reporting! Keep up the very good works guys I’ve added you guys to blogroll.
michael kor http://www.ruekert-mielke.com/michaelkors/index.asp?id=15


<< 津島恵子(つしまけいこ)「七人...      島崎雪子(しまざきゆきこ)「七... >>