夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2005年 12月 31日 ( 1 )


2005年 12月 31日

ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「ライク・イエスタデイ」(1959年)

好きな女性ジャズボーカルのアルバムを3枚選ぶとすれば、昨夜のダイアナ・クラールの「ザ・ルック・オブ・ラブ」、アナ・マリア・アルバゲッティの「アイ・キャント・レジスト・ユー」、そしてビヴァリー・ケニーの「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」。なにしろ リピート愛聴盤としてはこの3枚がボクの中ではダントツだから。なかでもビヴァリー・ケニーは文句なしに溺愛している。なんと言ってもこの世に6枚きりのアルバムしか残されていないのだから・・・。
この「ライク・イエスタデイ」はビヴァリーが最後に吹き込んだアルバム。スモールコンボをバックに可憐なハスキーボイスで軽快に歌っている。
[ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」(1958年)]
[ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「シングス・フォー・プレイボーイズ」(1957年)]

e0042361_0121766.jpg


by nightly | 2005-12-31 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)