夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 05月 12日 ( 1 )


2006年 05月 12日

ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「Sings With Jimmy Jones and "The Basie-ites"」(1956年)

ちょっと人生に疲れたときの、ボクの特効薬はビヴァリー・ケニー。今夜のビヴァリーはジミー・ジョーンズやジョー・ニューマン、フランク・ウエス、フレディ・グリーンといったカウント・ベイシー楽団の精鋭たちの演奏をバックに、しっとり、しかもスイング感溢れる例のキューティ・まったりな歌を聴かせてくれる。やはりボクにはこの声が一番しっくりくる。

[ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」(1958年)]
[ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「シングス・フォー・プレイボーイズ」(1957年)]
[ビヴァリー・ケニー(Beverly Kenney)「ライク・イエスタデイ」(1959年)]

e0042361_01532100.jpg


by nightly | 2006-05-12 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(4)