夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2006年 07月 20日 ( 1 )


2006年 07月 20日

シャンタル・ゴヤ(Chantal Goya)「男性・女性」(1966年)

シャンタル・ゴヤの歌はリアルタイムで聴いたが、九州の田舎で中学生だったボクは勿論ゴダールのこの映画を観るはずがない。マルクス??・・・コカ・コーラなんて飲んだこともなければ見たこともない。ベトナムで戦争が起こっているなどつゆ知らず、そう、007だけは親に内緒で我が故郷O市唯一の繁華街にある洋画のロードショー館「太陽館」で、クローディーヌ・オージェのメッシュな水着にくらくらしながら観た記憶がある。
1966年。我が松竹ヌーベルバーグ・大島渚氏は「白昼の通り魔」を撮り、同じく吉田喜重は「女のみづうみ」を、清順せんせは「けんかえれじい」、ミケランジェロ・アントニオーニは「欲望」、ブニュエルは「昼顔」、そしてトリュフォーは「華氏451」を撮った。いずれも観たのは20代になってからだ。
さて、ゴダール先生はボクの趣味ではないが、今観返すと、この映画は気恥ずかしいほど瑞々しい。シャンタル・ゴヤはかあいいし、演技のできない若い役者たちも、それを補ってあまりあるほど生き生きとしている。シャンタル・ゴヤが実際にレコーディングしているところや、主人公のポール(ジャン=ピエール・レオ)が本物の若いモデルにインタービューするところがとくに好きだ。



[シャンタル・ゴヤ(Chantal Goya)「ベスト」(1964~67年)]




e0042361_0154054.jpg

e0042361_01697.jpg

e0042361_0163068.jpg

e0042361_0165146.jpg

e0042361_0173462.jpg

e0042361_0175529.jpg

e0042361_0182710.jpg

e0042361_019447.jpg

e0042361_0193631.jpg
マドレーヌ(シャンタル・ゴヤ)が見つめる先には・・・
e0042361_020506.jpg
おっと、B.B.が・・・
e0042361_0213937.jpg

e0042361_022429.jpg
このレコーディングシーンも含めて、この映画の中でシャンタル・ゴヤの歌が数曲、聴ける。
e0042361_0234615.jpg

e0042361_024480.jpg

e0042361_0242821.jpg

e0042361_0244948.jpg

e0042361_025355.jpg

e0042361_0252026.jpg


by nightly | 2006-07-20 22:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(7)