夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 08月 06日 ( 1 )


2008年 08月 06日

クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「制服の処女」(1958)

1958年版の映画「制服の処女」(オリジナルは1931年制作)と言えば、母の死で郊外の厳格なミッション・スクールの寄宿舎に入れられた孤独な少女マヌエラを演じたロミー・シュナイダーか、年増好みなら全校生徒の憧れの美貌のベルンブルク先生役のリリー・パルマーと言うことになるわけだが、そんなお二人を差し置いて、殆どストーリーに波紋を投げかけるような役ではないけれど、何故か場面のそこかしこにちゃっかり収まっている我が愛しのクリスティーネ・カウフマン嬢をフューチャーしてみた。とは言うものの、ちゃっかり収まるだけの乙女のオーラを感じてしまうのは、ボクの欲目だろうか・・・?!



[クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々」(1980年)]

[クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「非情の町」(1961)・・・②]



e0042361_22581211.jpg


e0042361_22591071.jpg

クリスティーネの誕生年と映画の制作年度から推し量ると、なんとこの時彼女は13歳!役名はミア!!

e0042361_2333115.jpg

ベェーしてるようですけど、舌が出てませんが・・・!?

e0042361_236294.jpg


e0042361_2363039.jpg


e0042361_237130.jpg


e0042361_2374375.jpg


e0042361_238236.jpg


e0042361_23131145.jpg


e0042361_23133053.jpg


e0042361_2314175.jpg


e0042361_2315018.jpg

いわゆるサービスカットであります!?

e0042361_23154497.jpg


e0042361_23161226.jpg


e0042361_2318398.jpg


e0042361_23182523.jpg


e0042361_23184442.jpg

・・・そこへ背後から忍び寄る憧れのベルンブルク先生(リリー・パルマー)。

e0042361_23225958.jpg


e0042361_23233847.jpg


e0042361_2324587.jpg


e0042361_2325148.jpg


e0042361_23253080.jpg


e0042361_23254642.jpg


e0042361_232649.jpg


e0042361_23262669.jpg


e0042361_23264989.jpg


e0042361_2327529.jpg


e0042361_23273083.jpg

実はこの視線の先に、まさに飛び降りようとしているマヌエラ(ロミー・シュナイダー)が・・・

e0042361_23295035.jpg


by nightly | 2008-08-06 21:00 | 墺太利の女優 | Comments(16)