夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 11月 23日 ( 1 )


2008年 11月 23日

ジャネット・リー(Janet Leigh)「バイキング」(1957)・・・前編

ある筋からの「夜ご美」に与えられたミッションは、ジャネット・リン、じゃなくて、ジャネット・リーを補足せよ!というものだった・・・。それではと、てっきり所蔵していると思い込んでいた「サイコ」が、実は我がアン・ヘッシュのリメイク版しか手持ちになく、「スパルタカス」に続いて再度登場のカーク・ダグラス制作・主演の「バイキング」で、取り急ぎお茶を濁すことにした。おまけに「スパルタカス」に続いてトニー・カーチスまでついてきたりして・・・。そしてそのトニー・カーチス演じるエリックと最後には結ばれることになるモーガナが今宵の美女ジャネット・リー(1927〜2004)の役所である。もちろんご存知のようにこの当時ジャネット・リーとトニー・カーチスは実の夫婦だったわけで、この映画でも公私混同なラブ・シーンを披露している。



e0042361_23365335.jpg

お美しくも毅然と、ジャネット・リー登場!

e0042361_23371419.jpg

英国王アイエラとの政略結婚を強いられるモーガナだったが・・・

e0042361_23485448.jpg

もちろんモーガナはアイエラを嫌っている!

e0042361_2351148.jpg

アイエラとの結婚を勝手に決められて傷心のモーガナの乗った帰国途中の船をバイキングが!

e0042361_23535860.jpg

悪名高きバイキングの王ラグナー(アーネスト・ボーグナイン)の息子エイナー(カーク・ダグラス)にも勝手に結婚を決められるモーガナだったが・・・

e0042361_004825.jpg


e0042361_014951.jpg

やっぱりこいつもやなわけね!

e0042361_032811.jpg

んなにひつこくすると・・・

e0042361_04091.jpg

噛んじゃう!

e0042361_045768.jpg


e0042361_061054.jpg


e0042361_065591.jpg


e0042361_073041.jpg


e0042361_083736.jpg

そこへ助っ人エリック(トニー・カーチス)登場・・・
エリックは子供のころバイキングに捕らえられ、奴隷業に従事していたが、実はバイキングの王ラグナーがかつて英国王を殺害しその妃を犯した結果生まれた子供だった。

by nightly | 2008-11-23 21:00 | 亜米利加の女優 | Comments(6)