夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2009年 08月 15日 ( 1 )


2009年 08月 15日

イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)「ダイヤモンド・ヘッド」(1962)・・・①

実際、「不思議な世界の物語」(1962)のイヴェット・ミミューには年甲斐もなくメロメロし、その上すっかりメロウしてしまった。すると天啓のように「イヴェット・ミミューならダイヤモンド・ヘッドのちょっとぽっちゃりな二の腕でしょ!」と言うメッセージがどこからともなく聞こえてきて、最近のボクはミッション・ポシブルな生き方をモットーとしているため、今宵はこんな風な展開になったわけである。
さて、しつこいようだがボクには苦手な俳優がいて、外国人ならジェームズ・スチュワートと今宵のチャールトン・ヘストンがいわば双璧。とは言うものの、彼らの相手役の女優には我が夜ご美好みの美女が数多いるため、避けて通ることはできないのだった。しかもチャールトン・ヘストンはこともあろうにこの映画で、我がイヴェット・ミミュー嬢の兄で、ハワイ、カウアイ島の大農場主にして“キング”と威名をとるやなヤツ、リチャードに成り切って演じているのだった。
ところで肝心のイヴェット・ミミュー嬢だが・・・それはスクリーンショットが全てを物語っているだろう・・・。


[イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)「タイム・マシン」(1960)]
[イヴェット・ミミュー(Yvette Mimieux)「不思議な世界の物語」(1962)]



e0042361_22585575.jpg

おっとのっけから、成熟した女の香りが・・・うぷぷ。
イヴェット・ミミュー演じるスローンはアメリカの大学を卒業し、ハワイに戻ってきたのだった。

e0042361_2302788.jpg

相手の男は、ジェームズ・ダーレン演じる兄の雇い人の息子で生粋のハワイ人ポール・カハナ。

e0042361_2382337.jpg


e0042361_2384676.jpg


e0042361_239364.jpg


e0042361_2392285.jpg


e0042361_2393637.jpg


e0042361_2395444.jpg


e0042361_23101459.jpg


e0042361_2310387.jpg

後はリチャードの亡くなった妻の妹ローラ(エリザベス・アレン)。

e0042361_23105654.jpg


e0042361_2315087.jpg


e0042361_23154985.jpg

スローンの後に見え隠れするはハウランド家の使用人で日系人(?!)料理人コヤマ(ハロルド・フォン)。

e0042361_23161698.jpg


e0042361_23164071.jpg


e0042361_2318137.jpg


e0042361_23183472.jpg


e0042361_23184975.jpg


e0042361_23191524.jpg


e0042361_23194346.jpg

右のジョージ・チャキリス演じるポールの兄ディーンは今は医者で、かつてスローンを愛していたが・・・。
ディーンは弟のポールと違って、白人の父親との間に生まれた混血だった・・・

e0042361_233024100.jpg


e0042361_23304541.jpg


e0042361_23315100.jpg


e0042361_23312737.jpg


e0042361_23315023.jpg


e0042361_2332921.jpg


e0042361_2332309.jpg


e0042361_23325829.jpg


e0042361_2333235.jpg


e0042361_2334184.jpg


e0042361_2334255.jpg


e0042361_23354080.jpg


e0042361_2336176.jpg


by nightly | 2009-08-15 21:00 | 亜米利加の女優 | Comments(2)