夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2010年 10月 03日 ( 1 )


2010年 10月 03日

クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「コンスタンチン大帝」(1961)《後編》

ローマにおいてそれまで迫害し続けていたキリスト教を容認したのがコンスタンチン大帝だったわけだが、そんなことはさておき、ローマに向かう途中、コンスタンチン(コーネル・ワイルド)達は襲撃を受け、親友で百人隊長のアドリアン(ファウスト・トッツィ)は傷を負い、その手当てをしてくれたキリスト教徒の娘リヴィア(クリスティーネ・カウフマン)と恋に落ちる。そんなリヴィアがキリスト教徒として捕らえられ、アドリアンはコンスタンチンに頼んで一旦は救い出すのだが・・・。


[クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々」(1980年)]






e0042361_23103782.jpg


e0042361_2311356.jpg


e0042361_23114559.jpg


e0042361_2312516.jpg


e0042361_23124950.jpg


e0042361_23167100.jpg


e0042361_23162323.jpg


e0042361_23172626.jpg


e0042361_23181731.jpg


e0042361_22525841.jpg


e0042361_22532129.jpg


e0042361_22535199.jpg


e0042361_22542092.jpg


e0042361_22544461.jpg


e0042361_2254597.jpg


e0042361_22561838.jpg


e0042361_22563155.jpg


e0042361_22565272.jpg


e0042361_2257858.jpg


e0042361_22572186.jpg


e0042361_22573920.jpg


e0042361_22575934.jpg


e0042361_22582541.jpg


e0042361_22591156.jpg


e0042361_22593498.jpg


e0042361_22595067.jpg


e0042361_2303576.jpg


e0042361_231257.jpg


e0042361_2311992.jpg


e0042361_2313626.jpg


by nightly | 2010-10-03 21:00 | 墺太利の女優 | Comments(2)