夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2011年 06月 03日 ( 1 )


2011年 06月 03日

ジュヌヴィエーヴ・ウエイト(Genevieve Waite)「ジョアンナ」(1968)・・・①

具体的な人とか出来事とかを想起する訳ではないけど、ボクの十代最後のセンチメンタルシティ・ロマンスな記憶の襞とリンクする映画・・・マイケル・サーン監督・脚本によるイギリス映画「ジョアンナ」。そのキュートでコケティッシュなヒロイン、ジョアンナを演じるジュヌヴィエーヴ・ウエイト(1950〜)の今観てもカラフルで大胆でオシャレなロンドン・ファッションをとことん賞味する、ぞ!



[ジュヌヴィエーヴ・ウエイト(Genevieve Waite)「ロマンス・イズ・オン・ザ・ライス」(1974年)]

[「ジョアンナ(JOANNA)」(1968)]

[スコット・ウォーカー(Scott Walker)「ジョアンナ」(1968年)]



先ずは、王立美術学校に通うためロンドンにやって来たジョアンナの乗った列車が到着するバディントン駅のオープニングシーンから・・・。

e0042361_23111647.jpg


e0042361_23113945.jpg


e0042361_2312172.jpg


e0042361_23121723.jpg


e0042361_23123395.jpg


e0042361_23125091.jpg


e0042361_23133819.jpg


e0042361_23135210.jpg


e0042361_2314866.jpg


ひとまず下宿先の叔母さんの家にやってきたジョアンナ・・・叔母さんの家もオシャレ!

e0042361_23143257.jpg


e0042361_23164676.jpg


e0042361_2317171.jpg


e0042361_23172335.jpg


e0042361_23174125.jpg


e0042361_2318297.jpg


e0042361_23182864.jpg


e0042361_23184822.jpg


by nightly | 2011-06-03 21:00 | Comments(0)