夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2016年 03月 02日 ( 1 )


2016年 03月 02日

クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「勝負(かた)をつけろ」(1961年)・・・其の壱

久しぶりに我が愛しのクリスティーネ・カウフマン(1945〜)出演作の徹底解説に挑みますが、当然のことながら映画そのものの解説は省きますので、興味のある方はご自分で・・・。
因みに我がクリスティーネ嬢は主演のジャン=ポール・ベルモンド演じる早撃ち自慢のヤクザ“ラ・スクムーン(死に神)”ことロベルト・ラ・ロッカの親友アデの妹、ジュヌヴィエーヴを可憐に演じている・・・って、アッタリマエダノクラッカー(古っ!)であります。


[クリスティーネ・カウフマン(Christine Kaufmann)「エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々」(1980年)]












e0042361_1315417.jpg

e0042361_13155443.jpg

e0042361_13161493.jpg

e0042361_13163214.jpg

e0042361_13165229.jpg

e0042361_1317731.jpg

e0042361_13171943.jpg

e0042361_13173274.jpg

e0042361_13175178.jpg

e0042361_1318934.jpg

e0042361_13182799.jpg

e0042361_13184582.jpg

e0042361_13191289.jpg


by nightly | 2016-03-02 20:00 | 墺太利の女優 | Comments(0)