夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 15日 ( 1 )


2017年 03月 15日

瑳峨三智子(Michiko Saga)「続十代の性典」(1953年)

ほとんどスキャンダルにまみれた一生でしたが、瑳峨三智子(935/03/01~1992/08/19)の最大の不幸は山田五十鈴を母に持ったことかもしれませんね。と、埒もないことはさておき、個人的には贔屓の彼女のほとんどデビュー間もない頃の出演映画「続十代の性典」から、18歳の女子高生和子役の初々しい日本人形のような切れ長の眼差しを銀幕に追ってみました。
例によって、話の中身は自己責任でお願いします。









[瑳峨三智子(さが・みちこ)「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」(1954年)]











e0042361_11171985.jpg

e0042361_11172672.jpg
手前は誰かと言えば・・・
e0042361_11173540.jpg
もちろんこの映画のヒロイン夏子役の若尾文子であります。
e0042361_11173651.jpg
そしてあややが話していろ相手はもう一人のヒロイン秋子役の南田洋子であります。
e0042361_11174343.jpg

e0042361_11175007.jpg

e0042361_11175215.jpg

e0042361_11180083.jpg

e0042361_11181226.jpg



e0042361_11181951.jpg

e0042361_11182502.jpg

e0042361_11183132.jpg

e0042361_11183490.jpg

e0042361_11183704.jpg

e0042361_11184180.jpg

e0042361_11184247.jpg

e0042361_11184690.jpg

e0042361_11184921.jpg

e0042361_11185221.jpg

















by nightly | 2017-03-15 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)