2017年 04月 07日 ( 1 )


2017年 04月 07日

パスカル・ラボーレ(Pascale Lavoie)「Moods」(2004)

真っ当にCDでジャズ・ヴォーカルを聴くのは久しぶりです。ちょっと気になって・・・と言うのも食いつきはジャケット写真なんですが・・・思わずゲットしたCDのうちの1枚がこれ。
リリースは2004年と言うからだいぶ前です。勿論ショップの商品紹介だけでなんの予備知識も無かったのですが、このカナダの美人ヴォーカリスト、パスカル・ラボーレ(Pascale Lavoie)なかなか良かです。ちょっと低音に余裕があるというか安心して曲に酔えます。彼女、何枚かアルバムをリリースしているようなのでまたぞろ物欲との戦いが始まりそうです。それはさておき、季節柄、夜桜でも愛でながら今宵はこのアルバム「Moods」にどっぷり浸かることにします。


Pascale Lavoie (vo)
Samuel Seguin (p)
Yanik Cloutier (g)
Dave Watts (b)
Nicholas Calloia (b on M9)
Dave Laing (ds)
Patrick Graham (per)
Shawn Craig (sax)
Strings arrangements by Samuel Seguin


1. Change Partners

2. You'd be so nice to come Home to

3. Speak Low

4. So in Love

5. The shadow of your smile

6. My funny Valentine

7. It's wonderful

8. Night & Day

9. Sway

10. In the still of the night

11. The best is yet to come

12. Watermelon Man [ bonus track ]







e0042361_15022508.jpg


e0042361_15021951.jpg


e0042361_15021583.jpg


e0042361_15021162.jpg





by nightly | 2017-04-07 15:30 | 加奈陀の歌手 | Comments(0)