夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 08月 29日 ( 1 )


2017年 08月 29日

イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)「誰が為に鐘は鳴る」(1943)

ウディ・アレン監督の映画としてはかなりお気に入りの「ミッドナイト・イン・パリ」(2011)は、パリにフィアンセと共にやって来たハリウッド映画の売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)が夜中の12時過ぎ、街を彷徨う中で1920年代のパリにタイムスリップ?して、憧れの作家や画家達と交遊するいっそノスタルジーかつロマンティックなお話ですが、その中にパパ・ヘミングウェイもいたわけで、強引にも今宵はヘミングウェイの同名小説を映画化したサム・ウッド監督、ゲイリー・クーパー主演の映画「誰が為に鐘は鳴る」でヒロイン、マリアを演じたイングリッド・バーグマン(1915/08/29〜1982/08/29)に白羽の矢を立ててみました。






















e0042361_17011519.jpg

e0042361_17010936.jpg

e0042361_17010527.jpg

e0042361_17010194.jpg

e0042361_17005674.jpg

e0042361_17004944.jpg

e0042361_17004495.jpg

e0042361_16593993.jpg

e0042361_16593452.jpg

e0042361_16593050.jpg

e0042361_16592589.jpg

e0042361_16592149.jpg

e0042361_16591898.jpg

e0042361_16591415.jpg

e0042361_16591053.jpg

e0042361_16590529.jpg

e0042361_16585971.jpg

e0042361_16585556.jpg

e0042361_16585166.jpg

e0042361_16584713.jpg

e0042361_16584349.jpg

e0042361_16583905.jpg

e0042361_16583652.jpg

e0042361_16583154.jpg

e0042361_16582738.jpg


by nightly | 2017-08-29 20:00 | 瑞典の女優 | Comments(0)