夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:仏蘭西の女優( 151 )


2005年 08月 24日

フランソワーズ・アルヌール(Francoise Arnoul)「フレンチ・カンカン」(1954年)

昔々、中学生の頃、家人に隠れてこっそり夜中に観たモノクロームのメロドラマ。クロチルドというそのフランス娘に、僕は確かに性的な憧れを抱いたに違いない。フランス映画「ヘッドライト」の断片的な記憶の中で、フランソワーズ・アルヌール(1931〜)演じるクロチルドだけが艶めかしく息づいている。
そんな初恋のおんなとの再会を果たした「フレンチ・カンカン」は、パリの名物「ムーラン・ルージュ」の誕生を描いたジャン・ルノワールの傑作オペレッタ。「ヘッドライト」以前のフランソワーズ・アルヌールがフレンチ・カンカンの踊り子ニニを可憐に演じている。彼女は健気にもほとんどスタントなしで踊りのシーンをこなしたという。その喜び、自信が実に素直に現れていて、ラストのフレンチ・カンカンのシーンは感動的だ!

e0042361_23381148.jpg
e0042361_23383424.jpg
e0042361_23385947.jpg
e0042361_23392380.jpg
e0042361_2340247.jpg
e0042361_23404491.jpg
e0042361_23412854.jpg
e0042361_2342145.jpg
e0042361_23422512.jpg
e0042361_23432896.jpg


by nightly | 2005-08-24 23:44 | 仏蘭西の女優 | Comments(3)