夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本の女優( 291 )


2017年 05月 20日

真理アンヌ(Annu Mari)「殺しの烙印」(1967)

エキゾチックな顔立ちと言えばボク的にはこの方、真理アンヌ(1948/05/20〜)。お題は、なんだかんだと言いながらやっぱり観ている鈴木清順せんせ! 「わからない映画は撮ってはならぬ!」と日活を干された因縁の映画、「殺しの烙印」(1967)であります。映画は主演の宍戸錠扮する、ガス炊飯器で炊いた飯(お米ね)の匂いが堪らなく好きなナンバー3の殺し屋、花田五郎のアバンギャルドな活劇?なんですが、実際ストーリーは良くわかりませんが、清順スタイルで四の五の言わせません! でありますからして、真理アンヌ演じるやんごとなき美魔女、中条美沙子のエキゾチシズムをただただ堪能しましょうか。














e0042361_17244417.jpg

e0042361_17243639.jpg

e0042361_17243175.jpg

e0042361_17242436.jpg

e0042361_17241434.jpg

e0042361_17240863.jpg

e0042361_17240377.jpg

e0042361_17235591.jpg

e0042361_17234728.jpg

e0042361_17233976.jpg

e0042361_17233031.jpg

e0042361_17232542.jpg

e0042361_17231920.jpg

e0042361_17231416.jpg

e0042361_17230720.jpg

e0042361_17230277.jpg

e0042361_17225510.jpg

e0042361_17225017.jpg

e0042361_17224369.jpg

e0042361_17223804.jpg

e0042361_17223276.jpg

e0042361_17222624.jpg


by nightly | 2017-05-20 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 05月 12日

風吹ジュン(Jun Fubuki)「蘇える金狼」(1979)

折角なので(?)風吹ジュン(1952/05/12〜)の、蘇える金狼青年に薬で手なずけられてしまうプチプチ官能な永井京子を続けて・・・


















e0042361_11043549.jpg

e0042361_11042872.jpg

e0042361_11041896.jpg

e0042361_11041393.jpg

e0042361_11040551.jpg

e0042361_11035632.jpg

e0042361_11034976.jpg

e0042361_11034368.jpg

e0042361_11033520.jpg

e0042361_11032945.jpg

e0042361_11032220.jpg

e0042361_11031601.jpg

e0042361_11030756.jpg

e0042361_11030211.jpg

e0042361_11025568.jpg

e0042361_11025119.jpg

e0042361_11024686.jpg


by nightly | 2017-05-12 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 05月 11日

二木てるみ(Terumi Niki)「赤ひげ」(1965)

以前、《赤ひげをめぐる三人の美女たち》と言うテーマ(?)で内藤洋子、団令子、桑野みゆきの三人と、忘れられない鬼気迫る演技で魅せていただいた香川京子を紹介しましたが、もう一人忘れてはいけない女優、二木てるみ(1949/05/11〜)を遅まきながらアップしてみました。う〜む、二木てるみの名前を耳にするだけで、何故か切なくも牧歌的な少年時代が蘇ってくるのでございます・・・なんてね。それにつけても、目力な演技に居住まいを正して観入ってしまいます。
















e0042361_19032202.jpg

e0042361_19031672.jpg

e0042361_19030981.jpg

e0042361_19030537.jpg

e0042361_19030040.jpg

e0042361_19025202.jpg

e0042361_19024888.jpg

e0042361_19024078.jpg

e0042361_19023414.jpg

e0042361_19022921.jpg

e0042361_19022480.jpg

e0042361_19021824.jpg

e0042361_19021201.jpg

e0042361_19020755.jpg

e0042361_19020286.jpg

e0042361_19015633.jpg

e0042361_19014961.jpg

e0042361_19014103.jpg


by nightly | 2017-05-11 20:00 | 日本の女優 | Comments(4)
2017年 05月 10日

満島ひかり(Hikari Mitsushima)「ラビリンス/MONDO GROSSO」(2017)

普段はBGMとしてラジオを聴きながら何かやっていても、ラジオの音にその手が止まる事なんてほとんど無いのですが、たまさか耳にした音楽(曲)が耳から離れず、その正体が気になって気になって・・・。運良く同じ番組(?)で何度か同じ曲が流れたおかげで、その正体を突き止めることができました。それが、MONDO GROSSOの14年振りの新曲“ラビリンス”で、その可憐で印象的なヴォーカルが、だいぶ前に観た園子温監督の「愛のむきだし」(2008)でヒロインの聖母マリアなヨーコを演じた満島ひかりだったのでした。そうして夜ごとボクはその曲に“ひきこまれて、迷宮のパラダイス・・・出口もなく、終わりもなく、包まれていたい”わけでありました、チャンチャン。













e0042361_16315756.jpg


e0042361_16320715.jpg


e0042361_16320407.jpg


by nightly | 2017-05-10 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 05月 08日

吉村実子(Jitsuko Yoshimura)「豚と軍艦」(1961)《後編》

我がワイルドキャットなおねいさん、吉村実子演じる底辺からたくましく立ち上がる春子,忘れないうちにその後編です。

















e0042361_08041970.jpg

e0042361_08041590.jpg

e0042361_08041027.jpg

e0042361_08040591.jpg

e0042361_08040056.jpg
e0042361_08035164.jpg

e0042361_08034608.jpg

e0042361_08034140.jpg

e0042361_08033732.jpg

e0042361_08033378.jpg

e0042361_08033092.jpg

e0042361_08032507.jpg

e0042361_08032048.jpg

e0042361_08031548.jpg

e0042361_08031047.jpg

e0042361_08030507.jpg

e0042361_08025975.jpg

e0042361_08025590.jpg

e0042361_08025177.jpg

e0042361_08024606.jpg

e0042361_08024118.jpg

e0042361_08023735.jpg

e0042361_08022841.jpg
いざ、横須賀から川崎へ・・・


by nightly | 2017-05-08 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 05月 05日

真理明美(Akemi Mari)・・・美女落ち穂拾い170505

モンローのような女、真理明美(1943/05/04〜)であります。それでボク的には必要十分かと・・・












e0042361_17560830.jpg



e0042361_17560203.jpg



by nightly | 2017-05-05 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 05月 01日

5月の「夜ごとの美女暦」は、飛んでイスタンブール?な風吹ジュン(Jun Fubuki)であります。

風吹ジュン(1952/05/12〜)と言えば、蘇える金狼青年に薬で手なずけられてしまう永井京子がやるせないのでありました。


















e0042361_20573022.jpg


by nightly | 2017-05-01 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 04月 18日

吉村実子(Jitsuko Yoshimura)「豚と軍艦」(1961)《前編》

今村昌平監督に見いだされて、日活映画「豚と軍艦」のヒロイン、春子役で映画デビューした吉村実子(1943/04/18〜)であります。芳紀17歳!、端からワイルドキャットな魅力があふれていました。
















e0042361_21253762.jpg

e0042361_21253243.jpg

e0042361_21252635.jpg

e0042361_21251810.jpg

e0042361_21251150.jpg

e0042361_21250560.jpg

e0042361_21245804.jpg

e0042361_21245307.jpg

e0042361_21244524.jpg

e0042361_21244078.jpg

e0042361_21243205.jpg

左は勝代役の南田洋子であります。お美しい!

e0042361_21242206.jpg

e0042361_21240253.jpg

e0042361_21234739.jpg

e0042361_21234219.jpg

e0042361_21233567.jpg


by nightly | 2017-04-18 21:00 | 日本の女優
2017年 04月 16日

宮沢りえ(Rie Miyazawa)・・・いっそ、ノスタルジー170416

ボクのたいしたことのない人生の中で、未だ後悔の念がさめやらぬことの一つに、当時それなりの大枚をはたいて本当は欲しかったMacintosh SE/30の代わりに富士通がその頃大々的に売り出したFM-TOWNSに手を出してしまったことでした。それはほとんど使いこなすことも使い倒すこともなく、それこそ高価なゲームマシンとして最後は物置で朽ち果てたのでした。そして、後悔の証として残ったのが宮沢りえ(1973/04/06〜)を起用したこれらの販促ツールだったわけであります。とは申せ、宮沢りえは贔屓ですが・・・。













e0042361_20591031.jpg


e0042361_20590397.jpg


e0042361_20585916.jpg


そして、押し入れのどこかにポスターが眠っているはずです。





by nightly | 2017-04-16 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2017年 04月 08日

桃井かおり(Kaori Momoi)・・・美女落ち穂拾い170408

何はともあれ、世代が一緒の桃井かおり(1951/04/08~)ですから、「あらかじめ失われた恋人たちよ」(1971)以来、リアルタイムで陰ながら応援させていただいてます。それにしても煙草が様になっていますねぇ〜。どうでも良いことですが、ボクは止めて既に二十年以上経ちますが・・・。
蛇足ながら、藤田敏八監督の「赤い鳥逃げた?」(1973)を観ずに死ねません!関係者様、よろしくお願いします。
















e0042361_17130622.jpg


e0042361_17131007.jpg



by nightly | 2017-04-08 20:00 | 日本の女優 | Comments(0)