カテゴリ:瑞典の歌手( 38 )


2014年 10月 22日

マルガリータ・ベンクトソン(Margareta Bengtson)「Where The Midnight Sun Never Sets」(2009)

リアル・グループ独立後のファーストアルバム「アイム・オールド・ファッションド」が素晴らしかったスウェーデンのマルガリータ・ベンクトソンの、これはセカンドアルバム。世界一美しいといわれる声の持ち主、マルガリータの面目躍如たるジャズヴォーカルが名曲の数々で堪能できる。遅ればせのご紹介ですが・・・


1. Stardust
2. Speak Low
3. The Midnight Sun Will Never Set
4. Dat Dere
5. Spring Is Here
6. Honeysuckle Rose
7. I Get Along Without You Very Well
8. My Funny Valentine
9. Leaving London Seeing Stockholm
10. My Hidden World
11. Inga Rikedomar



[マルガリータ・ベンクトソン(Margareta Bengtson)「I'm Old Fashioned」(2006)]





e0042361_2115630.jpg


e0042361_212976.jpg


e0042361_2121866.jpg


e0042361_2122910.jpg


by nightly | 2014-10-22 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2014年 10月 04日

リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)「at the Olympia, Paris」(2011)

と言うわけで、今宵は久方ぶりに我が「夜ご美」でも“ストックホルムの妖精”リサ・エクダールの健在ぶりをチェックしておきたいと、彼女が2010年に行ったパリ・オランピア劇場での公演のライブ・アルバムを選んでみた。う~む、リサは幼女(と言うより妖女!?)な熟女と言う風情で、その純生なロリータ・ヴォイスが堪りませぬ!
さて、今月の末にはリサの5年ぶりとなるニューアルバム「Look To Your Own Heart」が出るそうなので、それも待ち遠しいですなぁ~・・・



[リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)「ストックホルムの妖精」(1995年)]

[リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)「Back To Earth」(1998年)]

[リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)「Olyckssyster」(2004)]




e0042361_23373982.jpg


e0042361_23375358.jpg


e0042361_2338577.jpg


e0042361_23381658.jpg


e0042361_23382845.jpg


e0042361_2339021.jpg


e0042361_23392553.jpg


e0042361_23393969.jpg


e0042361_23395342.jpg


e0042361_234052.jpg


e0042361_23401821.jpg


e0042361_23413212.jpg


by nightly | 2014-10-04 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2014年 08月 29日

エッダ・マグナソン(Edda Magnason)「MONICA Z」(2013)

ノルウェーと言えば北欧。北欧と言えばスウェーデン。スウェーデンの歌姫なら矢っ張りモニカ・セッテルンド(1937〜2005)。って、連想ゲームをやっているわけではないが、そのモニカの半生を描いたスウェーデン映画「ストックホルムでワルツを」(2013)がこの11月に公開されるという。う〜む、久しぶりに映画が待ち遠しい。で、この映画の主役、つまりモニカを演じているのが今宵の美女、スウェーデンのシンガー・ソングライター、エッダ・マグナソン(1984〜)であります。う〜む、モニカに雰囲気、似てますねぇ〜。エレガントな佇まいも・・・。そして、肝心の歌も良いです!
と言うわけで、このサントラ、我が愛聴盤の仲間入りを果たしたのでありました、とさ。




[モニカ・セッテルンド(Monica Zetterlund)「ワルツ・フォー・デビー」(1964年)]

[モニカ・セッテルンド(Monica Zetterlund)「サッカー小僧」(1974年)]





e0042361_22454627.jpg


e0042361_22464484.jpg


e0042361_22455670.jpg


e0042361_2249048.jpg


e0042361_224746100.jpg


by nightly | 2014-08-29 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(1)
2013年 12月 03日

ザ・リアル・グループ(The Real Group)「The World For Christmas」(2012)

と言うわけでクリスマスの本場、北欧はスウェーデンのアカペラ・コーラス・グループ、ザ・リアル・グループの「Real Christmas」(2007)に次ぐ2枚目のクリスマス・ソング集「The World For Christmas」で、背筋が寒くなるようなこの冬にせめて一夜でも心が温まりますように・・・う〜む。



[ザ・リアル・グループ(The Real Group)「One for All」(1998)]





e0042361_1133394.jpg


e0042361_1134987.jpg


e0042361_1152991.jpg

Emma Nilsdotter
e0042361_1154334.jpg

Katarina Henryson

by nightly | 2013-12-03 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2013年 10月 12日

メタ・ルース(Meta Roos)「メタ・ルース・アンド・ニッピ・シルヴェンズ・バンド」(1980)

と言うわけで,矢っ張り昨夜の茶盤と呼ばれているメタ・ルースのセカンドアルバムに引き続き、白盤と呼ばれるサードアルバムも紹介してしまう。こちらは裏声まで多用してよりパワフルに,グイグイ迫ってくる。
それにつけても、我が「夜ご美」ではレベッカ・トーンクウィスト(Rebecka Tornqvist)に始まり、リサ・エクダール(Lisa Ekdahl)(こちらは友人の久我山散人が領有権を振りかざしているが・・・)、モニカ・セッテルンド(Monica Zetterlund)、ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)、ジョッジー(Josie)、Cajsa Stina Akerstrom、リル・リンドフォッシュ(Lill Lindfors)、Marie Serneholt、A☆Teens(アバ・ティーンズ?!)、ダ・バズ(Da Buzz)、マルガリータ・ベンクトソン(Margareta Bengtson)、ザ・リアル・グループ(The Real Group)、クリスティーナ・グスタフソン(Christina Gustafsson)、ソフィー・セルマーニ(Sophie Zelmani)、ロヴィーサ(Lovisa)、スティーナ・ノルデンスタム(Stina Nordenstam)、ソフィア・パターソン(Sofia Pettersson)、Karin Dreijer(“The Knife”のヴォーカル)、ミミ・テリス(Mimi Terris)・・・と、スウェーデンが音楽のメインストリームになりつつアル、とかないとか・・・



[メタ・ルース(Meta Roos)「メタ・ルース・アンド・ニッピ・シルヴェンズ・バンド」(1978)]




e0042361_236944.jpg


e0042361_2362113.jpg


by nightly | 2013-10-12 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(5)
2013年 10月 11日

メタ・ルース(Meta Roos)「メタ・ルース・アンド・ニッピ・シルヴェンズ・バンド」(1978)

ずーっと気になっていたスウェーデンのシンガー、メタ・ルース(1954〜)の1978年制作のセカンドアルバムです。張りのあるソウルフルな声でその頃のヒット曲を中心にカバーしまくっています。どの曲もドライブ感があふれていて、小気味よく爽快な気分にしてくれます。中でもジョルジ・ベンの名曲“Zazueira”などはほとんどセルジオ・メンデスとブラジル'66かと思っちゃいました。




e0042361_2372747.jpg


e0042361_2373816.jpg


by nightly | 2013-10-11 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(2)
2013年 07月 31日

「夜ごとの美女暦」、8月メインストリームな佇まいでミミ・テリス(Mimi Terris)がよろしいかと…

と言うわけで、ボクの一押し、古風が粋なミミ・テリスを「夜ごとの美女暦」にこと寄せて、強引にプッシュしてみた。



[ミミ・テリス(Mimi Terris)「THEY SAY IT'S SPRING」(2013)]



e0042361_2251986.jpg


by nightly | 2013-07-31 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 29日

ミミ・テリス(Mimi Terris)「THEY SAY IT'S SPRING」(2013)

スウェーデンの新星ミミ・テリス(1984〜)のデビュー・アルバムが良いです。
メインストリームな佇まいが、心地よいのです。選曲も渋いです。でも決して古くさくなくて、ドラムレスの趣味の良いコンボの演奏が大人っぽくて、格好いいです!




e0042361_23252827.jpg


e0042361_2325382.jpg


by nightly | 2013-07-29 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2008年 09月 09日

Karin Dreijer「What Else Is There?」(2005)

古い映画ばかりではなく、新しい映画も結構まめに観ていて、今、リアルタイムに贔屓の女優もたくさんいるけど、どうしても紹介せずにはいられないというような彼女たちの出演作品はなかなか見当たらない。
とは言うもののたまには当たりくじを引くこともあって、最近観た映画ではダントツにおもしろかったのが「フローズン・タイム」(監督・脚本:ショーン・エリス、2006年制作)というイギリス映画。中身は大いに笑えてちょっとエッチでかなりロマンティックなファンタジー!?
この映画、映像だけでなくBGMのチョイスもボク好みで、中でも映画の最後のファンタジックでロマンティックな止まった雪のシーンからエンド・クレジットに至るまで背景に流れる音楽が映画の余韻をさらに豊かにしてくれる。
そしてボクは映画の最後に流れる印象的な曲「What Else Is There?」に心を捉えられてしまった訳である。この曲はノルウェイのエレクトロ・デュオ“Röyksopp”のセカンドアルバム『The Understanding』(2005)の中のナンバーで、歌っているのが今宵の美女、スウェーデンのバンド“The Knife”のヴォーカル、Karin Dreijer(1975〜)。


「What Else Is There?」のプロモーション・ヴィデオから

e0042361_083259.jpg


e0042361_08457.jpg


e0042361_09117.jpg


e0042361_091689.jpg


e0042361_093174.jpg


e0042361_095024.jpg


e0042361_0103100.jpg


e0042361_0102851.jpg


e0042361_0105153.jpg


e0042361_011761.jpg


e0042361_0112268.jpg


因みにこの曲が入っているアルバムは・・・

e0042361_0135678.jpg


by nightly | 2008-09-09 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2008年 02月 07日

ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)「Smile Love and Spice」(1994)

今宵はマイ・フェバリット・シンガー、ヴィクトリア・トルストイの1994年のデビュー・アルバム「Smile Love and Spice」で身も心もスイング!新人らしからぬこぶしのきいたパンチのあるヴォーカルはボク的には彼女のベストかも・・・。
ジャケットのクールな眼差しとは裏腹に、ヴィクトリアのヴォーカルは実にホットだ!!


[ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)「ブレイム・イット・オン・マイ・ユース」(2001年)]

[ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)「マイ・スウェディッシュ・ハート」(2005年)]

[ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)「För Älskad」(1996)]

[ヴィクトリア・トルストイ(Viktoria Tolstoy)「ピクチャーズ・オブ・ミー」(2006)]



e0042361_23383071.jpg


by nightly | 2008-02-07 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)