夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:アイルランドの歌手( 3 )


2007年 12月 31日

メアリー・ブラック(Mary Black)「NO FRONTIERS」(1989)

今年最後の夜に選んだ美女はアイルランドの歌姫メアリー・ブラック(1955〜)。これはもう20年近くも前のアルバムだが、素朴で暖かなヴォーカルはこんな時代だからこそ深く心に響いてくる。
来年こそは良い年でありますように・・・



e0042361_011751.jpg


by nightly | 2007-12-31 21:00 | アイルランドの歌手 | Comments(4)
2006年 05月 19日

メイヴ(meav)「meav」(1998年)

人生をゆるく生きることを本分とするボクは、歳とともに涙腺もゆるくなってきた。たまに直接涙腺を刺激してくる音楽がある。このアイリッシュ美女メイヴの歌もそう。同じアイリッシュのエンヤが癒し路線なのに対し、メイヴは静かにしかも深くこころに進入し、感情をかき乱してくる。その刹那遠い異国のアイルランドの魂に、触れたような気がする。

e0042361_544896.jpg


by nightly | 2006-05-19 23:00 | アイルランドの歌手 | Comments(0)
2005年 12月 26日

アイリス・ケネディ(Eilis Kennedy)「タイム・トゥ・セイル」(2001年)

今日、用があって横浜へ行ったついでに新星堂で何枚か試聴した中で特に気になって購入したアルバム。クリスマスの宴の後の、寂寥のような人工光に包まれて聴いたアイリス・ケネディは、何故か懐かしい想い出の中の風景のように、心にしみた。人は今一度、自然に対し畏敬の念をもち、自然のリズムに共鳴するように日常の営みを大地に同化させる覚悟が求められている、と、アイリスに問われているような気がした。

e0042361_23175998.jpg


by nightly | 2005-12-26 23:18 | アイルランドの歌手 | Comments(0)