カテゴリ:丁抹の歌手( 15 )


2014年 10月 23日

シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Face The Music」(2014)

もうほとんど大物の風格、ゆとりの節回し、そして極めつけの美貌!我がデンマークの歌姫シーネ・エイのこれは絶好調のアルバムであります。ラストのベースとのデュオ“キャラバン”まで、う〜む、言うこと無し!!



[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)]

[2013年版「夜ごとの美女暦」の1月は、勿論デンマークの歌姫シーネ・エイ(Sinne Eeg)でしょ!?]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「THE BEAUTY OF SADNESS」(2012)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Remembering You」(2010)]





e0042361_22231882.jpg


e0042361_22232979.jpg


e0042361_22234220.jpg


by nightly | 2014-10-23 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2013年 10月 31日

「夜ごとの美女暦」、11月で季節もヨシ!デンマークの歌姫シゼル・ストーム(Sidsel Storm)ね。

「スウェディッシュ・ララバイ」(2010)のジャケットに魅せられて、ついつい「夜ごとの美女暦」に採用しちゃいました。利発そうなあごの線と、おじさんの下心を見透かしそうな眼差しが堪りませぬ。



[シゼル・ストーム(Sidsel Storm)「スウェディッシュ・ララバイ」(2010)]

[シゼル・ストーム(Sidsel Storm)「Nothing In Between」(2012)]





e0042361_23204863.jpg


by nightly | 2013-10-31 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2013年 01月 10日

シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Remembering You」(2010)

新年はまったり美人ジャズボーカルを思うさま堪能したので、今年1年も何とか乗り切れそうな気がしてきた。と言うわけで、アップし損なっていたシーネ・エイの「Remembering You」でひとまず御開に!矢っ張りシーネはよかです!!


[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)]

[2013年版「夜ごとの美女暦」の1月は、勿論デンマークの歌姫シーネ・エイ(Sinne Eeg)でしょ!?]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「THE BEAUTY OF SADNESS」(2012)]




e0042361_2311036.jpg


e0042361_23246.jpg


by nightly | 2013-01-10 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2013年 01月 06日

シゼル・ストーム(Sidsel Storm)「Nothing In Between」(2012)

連日の見目麗しき女性ジャズ・ボーカル漬けであります。冬の夜には凛とした佇まいの北欧ジャズこそふさわしいかと、シーネ・エイに続き北欧の歌姫シゼル・ストームのサードアルバムに現を抜かしているのでありますが、勿論しっかり“'S Wonderful”でスイングもしてますよん。


[シゼル・ストーム(Sidsel Storm)「スウェディッシュ・ララバイ」(2010)]



e0042361_22395868.jpg


e0042361_22402396.jpg


e0042361_22404629.jpg


by nightly | 2013-01-06 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(2)
2013年 01月 02日

シーネ・エイ(Sinne Eeg)「THE BEAUTY OF SADNESS」(2012)

と、言うわけでシーネ・エイのニューアルバム漬けの新年を過ごしておりますが・・・
何故かカレン・ソーザの「Essentials」でいたく気に入ったビートルズの“Strawberry Fields Forever”をシーネもまた素敵なアレンジで歌っているのだった。
シーネのオリジナルも勿論カッコ良いけど、このビートルズの曲やミッシェル・ルグランやU2のカバーがやっぱりお気に入り!かな?




[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)]

[2013年版「夜ごとの美女暦」の1月は、勿論デンマークの歌姫シーネ・エイ(Sinne Eeg)でしょ!?]



e0042361_22491683.jpg


e0042361_2249331.jpg


e0042361_22495991.jpg


e0042361_2250121.jpg


e0042361_22504756.jpg


by nightly | 2013-01-02 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2012年 12月 31日

2013年版「夜ごとの美女暦」の1月は、勿論デンマークの歌姫シーネ・エイ(Sinne Eeg)でしょ!?

2013年版「夜ごとの美女暦」はちょっと趣向を変えて、ボクの愛聴盤から、美女シンガーを選んでみようかな?、と。
で、新年事始めはやっぱり、ニューアルバム「THE BEAUTY OF SADNESS」がすっかり貫禄と言おうか、風格と言うべきか、甘美な中にも重厚さを感じさせる出来で、もうすっかりドツボにはまっているシーネ・エイであります。




[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Don't Be So Blue」(2010)]



e0042361_22513231.jpg


by nightly | 2012-12-31 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2011年 05月 13日

シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Don't Be So Blue」(2010)

こんなすてきなアルバムを、何故かこともあろうにCDラックの肥やしにしていたなんて、我ながら信じられん!
と、遅まきながら我が永遠の歌姫、デンマークの美人シンガー、シーネ・エイの歌声にうっとりと過ごした刹那、ゴールデンウィークもまんざらでもなくなったのだった!?
映画「サウンド・オブ・ミュージック」からの2曲が、やっぱり秀逸かな。


[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]

[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)]



e0042361_2394420.jpg


e0042361_2310597.jpg


e0042361_23101943.jpg


by nightly | 2011-05-13 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(0)
2010年 11月 17日

シゼル・ストーム(Sidsel Storm)「スウェディッシュ・ララバイ」(2010)

今年1月にリリースされ、どこかの輸入CDショップで見かけ、その眼差しに心を奪われていたらいつの間にかゲットし忘れたシゼル・ストームのこのアルバムを先日やっと手に入れた。
秋の夜長の窓を開け放ち・・・冷気に身を晒し・・・居住まいを正し・・・あくまでもクールに・・・
彼女のヴォーカルに対峙するのが正しい!



e0042361_23344720.jpg


e0042361_23361113.jpg


e0042361_2337452.jpg


e0042361_23372992.jpg


by nightly | 2010-11-17 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(2)
2010年 01月 02日

シーネ・エイ(Sinne Eeg)「SINNE EEG」(2003)

今日は心身ともに穏やかな一日を過ごせたから、今宵はゆったりジャズヴォーカルを聴こうと、選んだのがデンマークの実力派でしかも美人の、当然贔屓にしているシーネ・エイの、これはファーストアルバム。お馴染みのスタンダードをオーソドックスなスタイルで歌うシーネの、歌のうまさが光る好盤。

さて、今年は「夜ご美」も基本に立ち返って、美女の本質に迫ろうと、決意も新たなりでありました、とさ。


[シーネ・エイ(Sinne Eeg)「Waiting For Dawn」(2007)]



e0042361_2316118.jpg


e0042361_23163180.jpg


e0042361_23164896.jpg


by nightly | 2010-01-02 22:37 | 丁抹の歌手 | Comments(2)
2008年 04月 01日

スーシ・フィルドガード(Susi Hyldgaard)「Blush」(2004)

シーネに続いて今宵も北欧(デンマーク)美女の登場。こちらはドイツのジャズの名門レーベル『enja』から登場のスーシ・フィルドガード(1963〜)の4枚目のアルバム。
最初はソングライターとして音楽活動を始めたスーシだが、自分の曲を思い通りのイメージで歌ってくれるシンガーがいないということで、自ら歌うことにしたそうな・・・
さて、エンヤといってもこれはジャズの範疇(?)を超えて浮遊するエレクトロ、ポップ-ロックなヒーリングミュージックであります。



e0042361_23253176.jpg


e0042361_23254828.jpg

ライブではこんな装いでプレイしているらしい・・・

by nightly | 2008-04-01 21:00 | 丁抹の歌手 | Comments(3)