カテゴリ:ベルギーの女優( 6 )


2016年 06月 18日

マリー・ジラン(Marie Gillain)・・・美女落ち穂拾い160618

こんな女優が,ホントの所好きだったりするわけです・・・マリー・ジラン(1975/06/18~)。





e0042361_21571257.jpg



e0042361_21572849.jpg


by nightly | 2016-06-18 20:00 | ベルギーの女優 | Comments(0)
2016年 05月 09日

デボラ・フランソワ(Déborah François)・・・美女落ち穂拾い160509

生成りな佇まいが“ぞっこん!”なデボラ・フランソワ(1987/05/24〜)嬢であります。



[「夜ごとの美女暦」4月は、タイピスト!なデボラ・フランソワ(Déborah François)にぞっこん!]





e0042361_6541555.jpg


e0042361_6543426.jpg


by nightly | 2016-05-09 20:00 | ベルギーの女優 | Comments(0)
2016年 05月 04日

オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn)・・・美女落ち穂拾い160504

永遠のファニー・フェイス、オードリー・ヘップバーン(1929/05/04〜1993)であります。

[オードリー・ヘップバーン「オードリー・ヘップバーンの モンテカルロへ行こう」(1951)]





e0042361_1835898.jpg


e0042361_1835266.jpg


by nightly | 2016-05-04 20:00 | ベルギーの女優 | Comments(2)
2014年 04月 01日

「夜ごとの美女暦」4月は、タイピスト!なデボラ・フランソワ(Déborah François)にぞっこん!

最近我が贔屓女優の仲間入りを果たしたデボラ・フランソワ(1987〜)嬢は、いわゆる美人女優ではないけれど、レジス・ロワンサル監督の「タイピスト!」(2012)で演じた、世界最速のタイピストを目指すローズ・バンフィルの(スタント無しだって!)タイピング姿がキュートで、早速気に入ってしまったのだった。




e0042361_22523435.jpg


e0042361_22524728.jpg

タイピスト!なシーンであります・・・

by nightly | 2014-04-01 21:00 | ベルギーの女優 | Comments(9)
2011年 12月 23日

セシル・ドゥ・フランス(Cecile De France)「ヒア アフター(HEREAFTER)」(2010)

《美女にはMacがよく似合う!?・・・其の九》
今年も残りわずかの日々となり、某国営放送のテレビ番組を見ながら亡きスティーブ・ジョブズを偲んでいたら、そう言えばクリント・イーストウッドの映画「ヒア アフター」で、東南アジアでのヴァカンス中に大津波に遭遇し、臨死体験をしたフランスのジャーナリスト、マリーが愛用していたのもMacBook Proだったよな〜と、押し迫たところでアップしてみた。
このヒロイン、マリーを演じたセシル・ドゥ・フランス(1975〜)は「スパニッシュ・アパートメント」(2002)や「ロシアン・ドールズ」(2005)、そしてあのジャッキー・チェン主演の「80デイズ」(2004)でもお見かけしていて、実はこういう女優にボクはめっぽう弱い!・・・って、もちろん惹かれるって意味ね!




e0042361_23173327.jpg

e0042361_2317445.jpg

e0042361_23175543.jpg

e0042361_2318461.jpg

e0042361_23181284.jpg

e0042361_23182624.jpg

e0042361_23183410.jpg

e0042361_23185182.jpg

e0042361_2319556.jpg

e0042361_23191659.jpg

e0042361_23192797.jpg


by nightly | 2011-12-23 21:00 | ベルギーの女優 | Comments(3)
2007年 06月 17日

オードリー・ヘップバーン「オードリー・ヘップバーンの モンテカルロへ行こう」(1951)

これはちょっと恥ずかしい嘘つき邦題なんだけど、オードリー・ヘップバーン(Audrey Hepburn:1929〜93)云々については、まあありがちと目をつぶるにしても、某映画データベースサイトでは出演者の一人に我が愛しのフランソワーズ・アルヌールを登場させていて、そいつにボクはまんまと騙されたのだった。もちろんきれいさっぱりこのフランス映画に彼女は登場しない。
さて映画に話を戻すと、まだこの頃はいろんな映画に端役で出演していたオードリーは当然主役ではなくて、敢えて言えば彼女が演じるフランスで映画を撮っているアメリカ女優メリッサの赤ちゃんジョニーが主役で、この赤ちゃんを巡って、いろんなおとなたちが巻き起こすモンテカルロ・ラリーなフランス的と言うよりハリウッド的なミュージカル風味のコメディーといったところ。
が、実は‘こいつは拾いモノ!’的な出来で、当のオードリーもその後の大スターのオーラを感じさせる存在感があって、普段は滅多にお目にかかれない気の強いオンナを溌剌と演じている。映画の制作にクレジットされ本人自身として映画にも出演しているレイ・ヴェンチュラ(あの、アンリ・サルヴァドールが1940年代に在籍していたフランスを代表する名門ジャズ楽団のリーダー)をはじめ楽団員役のフランスの俳優たちが何とも芸達者で充分愉しめたのだった。

e0042361_03436.jpg
映画を撮っているところね。オードリーのフランス語が聴けて、これもまた拾いモノと言うべきか・・・

e0042361_051896.jpg


e0042361_054799.jpg


e0042361_061977.jpg


e0042361_0111329.jpg


e0042361_0115499.jpg


e0042361_0122866.jpg
ね、なかなか気が強そうでしょ!

e0042361_014481.jpg


e0042361_0144750.jpg


e0042361_721279.jpg
このヘアスタイルのオードリーはやっぱりキュートだ。

e0042361_7235840.jpg
どうやらメリッサ夫婦には問題があって鎹が外れかかっているようだ。

e0042361_7281657.jpg


e0042361_22552623.jpg


e0042361_22555156.jpg


e0042361_22563673.jpg


e0042361_22571257.jpg


e0042361_22585775.jpg


e0042361_230030.jpg


e0042361_230286.jpg


e0042361_2305688.jpg


e0042361_2313049.jpg


e0042361_2315670.jpg


e0042361_2322286.jpg


e0042361_2331757.jpg


e0042361_2334344.jpg


e0042361_234376.jpg


e0042361_23526.jpg


e0042361_235305.jpg


e0042361_2355059.jpg


e0042361_2361778.jpg


e0042361_236336.jpg


ということで、めでたし、めでたし。

by nightly | 2007-06-17 21:00 | ベルギーの女優 | Comments(2)