<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 26日

ジェーン・アッシャー(Jane Asher)「きんぽうげ」(1970)《予告編》

珍しく忙しなくて、更新がままならないので取り敢えず予告編でお茶を濁しておきます。
さて、ポールの元カノ、ジェーン・アッシャー嬢の再登場であります。出し物はロバート・エリス・ミラー監督「きんぽうげ」。
他にも夜ご美な美女、ライアンの元カノ(じゃなくて、元妻)リー・テイラー・ヤングが出演しているので、こちらもいずれピックアップの予定。


[ジェーン・アッシャー(Jane Asher)「赤死病の仮面」(1964)《前編》]
[ジェーン・アッシャー(Jane Asher)「赤死病の仮面」(1964)《後編》]



e0042361_22341339.jpg


e0042361_22342578.jpg


e0042361_22343863.jpg


e0042361_22344963.jpg


e0042361_223505.jpg


e0042361_22351236.jpg


e0042361_22353097.jpg


e0042361_22354062.jpg


e0042361_2235513.jpg


by nightly | 2009-11-26 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(10)
2009年 11月 23日

ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)「THE FALL」(2009)

これまで何故か熱心には聴いていなかったノラ・ジョーンズ(1979〜)嬢。そのあまりにも見事な活躍ぶりに、今更ボクが・・・と言う風に退いてしまっていたけど、Macのモニターの中で偶然出逢った「チェイシング・パイレーツ」のプロモーション・ヴィデオのノラが、とてもキュートで、もちろんバックに流れる曲の揺れる感じが懐かしくて、アルバム丸ごと聴いたらとても良かったわけです。
レーベルはジャズの名門ブルーノートだけど、これはジャズ・ヴォーカルの範疇ではないよね!?って、もちろんんなことどうでもよろしく、このアルバムはおやぢごころを捉えて離しませぬゾ!


[ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)「トゥー・ウィークス・ノーティス」(2002)]



e0042361_2234753.jpg


e0042361_22344444.jpg

ワンこ好きのボクとしては、ジャケット写真の共演者たちに目が細くなってしまうけど、サモエドが共演していないのが、残念・・・。

by nightly | 2009-11-23 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(2)
2009年 11月 20日

閑話休題・・・ふたたび我が家の美人ワンこルナですが、何か?

e0042361_23362697.jpg



我が家にもちょっと自慢な美女がいて、その彼女が昨日(2009年11月19日)9歳の誕生日を迎えた。
実は今日になって気がついたわけだったが・・・。
我が家の愛犬は2頭ともサモエドという犬種で、この犬種の平均的な寿命が10〜12年くらいなので、後見人としてはそろそろこころの準備をしておかなければと思う今日この頃、が、歳とともに我が儘で元気なおばさんなもので・・・うぷぷ。


2001年1月7日、生後49日目のルナにボクは為す術もなくこころを奪われたのだった・・・


e0042361_2340596.jpg


by nightly | 2009-11-20 21:00 | etc. | Comments(6)
2009年 11月 17日

シャーミアン・カー(Charmian Carr)「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)其の壱

ボクのメル友おじさんの仲間内で、今、俄に脚光を浴びているのが今宵の美女シャーミアン・カー(1942〜)。
ロバート・ワイズ監督、リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン二世の音楽による名作ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で、トラップ家の7人の子どもたちの長女リーズルを演じていたシャーミアンは、映画出演はこの一本だけだが、調査してみるといまだに根強いファンがいるようだ。と言うより、映画自体40年以上経ても人気が衰えていないのだから当然かもしれない。久しぶりに観直したけど、歳のせいか丸くなって、素直に感動することができた。
と言うわけで、四十数年前、まさしくリアルタイムで観たこの映画の中の子どもたちと殆ど同世代のボクとしては、改めてこの映画を根掘り葉掘り、美女がらみで再考してみたくなったのだった。


e0042361_23342356.jpg

ジュリー・アンドリュース演じる修道女マリアが、家庭教師としてやって来たトラップ家で子どもたちと出逢うシーン・・・

e0042361_2337166.jpg


e0042361_23391110.jpg


e0042361_23392783.jpg

えっ、もちろん一番左端が長女リーズル役のシャーミアンですぅ。

e0042361_23415098.jpg

クリストファー・プラマー演じる子どもたちの父親フォン・トラップ大佐の吹く笛に従って自己紹介をしているところね。

e0042361_23451077.jpg


e0042361_23472524.jpg


e0042361_234885.jpg


e0042361_23482764.jpg


e0042361_23491090.jpg


e0042361_23493021.jpg


e0042361_23494817.jpg


e0042361_23501249.jpg


e0042361_2350576.jpg


e0042361_23513179.jpg


e0042361_2352138.jpg

なんだか上の空なシャーミアン・・・

e0042361_23531067.jpg


e0042361_23535163.jpg


e0042361_23541680.jpg


e0042361_23544641.jpg


e0042361_2355244.jpg


e0042361_23554495.jpg


by nightly | 2009-11-17 21:00 | 亜米利加の女優 | Comments(7)
2009年 11月 11日

閑話休題・・・銀座で逢いましょう!「第21回アートビリティ大賞作家展」

今日から銀座四丁目交差点そばの「柴山画廊」で、僕が20年近く関わっているアートビリティの、今年の大賞作家の原画展が始まっていて、色々と忙しなくて、美女との語らいはちょっと置いておいて、その原画展の案内ですぅ。


e0042361_233867.jpg


そんなこんなで、今宵の美女は今年のアートビリティの新規登録作家で「アサヒビール奨励賞」受賞作家、つまりルーキーな古谷くんのCG作品「月の夢」からダイアナに登場願った次第。


さて、肝心の原画展の案内は・・・


e0042361_2340844.jpg


e0042361_23403199.jpg


e0042361_23424690.jpg


それでは、銀座「柴山画廊」でお逢いしましょう!

by nightly | 2009-11-11 21:00 | etc. | Comments(6)
2009年 11月 09日

ジョス・ストーン(Joss Stone)「Colour Me Free」(2009)

裸足のソウルディーヴァ、ジョス・ストーン嬢の二年半ぶりの新譜がホットで、かっこいい!
この娘はステージではどうやらいつも裸足で歌うらしい。そんなパフォーマンスも含めて、またまた生でライブを観たい美女が増えてしまう・・・。


[ジョス・ストーン(Joss Stone)「Introducing」(2007)]



e0042361_23232112.jpg


e0042361_23233357.jpg


e0042361_23234518.jpg


by nightly | 2009-11-09 21:00 | 英吉利の歌手 | Comments(4)
2009年 11月 08日

ホベルタ・サー(Roberta Sa)「Pra Se Ter Alegria」(2009)

待たせてごめんね・・・って、ちょっとはにかみながらホベルタは真っ赤なドレスでステージに現れ、僕に最高の笑みを見せてくれた。
歌良し!、声良し!、器量良し!、オマケにひらひら踊る姿良し!、・・・素晴らしすぎるぞ!、ホベルタ・サー!!
待ちに待ったホベルタのライブDVD。これは文句なしに愉しい、今年一押しのライブパフォーマンスだ!!!


[ホベルタ・サー(Roberta Sa)「Belo Estranho Dia De Amanha」]
[ホベルタ・サー(Roberta Sa)「なんて奇妙で 素敵な一日」]



e0042361_2327081.jpg


e0042361_23271890.jpg


e0042361_23273374.jpg


e0042361_2328592.jpg


e0042361_23283116.jpg

どこかの国のように、写真撮影厳禁というような無粋な制約はなさそうね・・・

e0042361_23311933.jpg


e0042361_23323875.jpg


e0042361_2333192.jpg


e0042361_23334196.jpg


e0042361_23335987.jpg


e0042361_23343277.jpg


e0042361_23345390.jpg


e0042361_233511100.jpg


e0042361_2336456.jpg


e0042361_23363287.jpg


e0042361_23365712.jpg


e0042361_23372238.jpg


e0042361_23374488.jpg


e0042361_23381746.jpg


e0042361_23391698.jpg


e0042361_23394223.jpg

ステージが進むにつれて、衣装がだんだん・・・むむむ。

e0042361_23411911.jpg


e0042361_23414133.jpg


e0042361_23415596.jpg


e0042361_23425881.jpg


e0042361_23431634.jpg

と言うわけで、死ぬまでに生で観たい美女がまた一人増えてしまった・・・うぷぷ。

by nightly | 2009-11-08 21:00 | 伯剌西爾の歌手 | Comments(4)
2009年 11月 07日

松田麻耶(まつだ・まや)「夜霧よ今夜も有難う」(1967)

今宵はもうマニアック過ぎるかなーと思いつつ、映画のオープニングクレジット終了後、横浜のナイトクラブ“スカーレット"でオーナーの相良徹(石原裕次郎)がピアノの弾き語りで“こぼれ花”を歌うシーンに登場する曰くありげな美女を演じていた松田麻耶を、ピックアップしてみた。色々探ってみたけど、彼女の人となりを知ることができなかったのは残念!・・・やっぱりこの方は“こぼれ花”に過ぎなかったようだ・・・うーむ。


e0042361_23362919.jpg

因みに、左のトルコ帽のおっさんはカメオ出演な浜口庫之助であります。

e0042361_23364137.jpg


e0042361_23365420.jpg


e0042361_2337795.jpg


e0042361_23372679.jpg


e0042361_23393622.jpg

・・・こないだの夜、覚えてる?・・・

e0042361_23404225.jpg

・・・愉しかったわ・・・

e0042361_23412513.jpg

・・・今夜、空いてるけど・・・

e0042361_2342430.jpg

・・・?・・・

e0042361_23423296.jpg

・・・すごすご・・・

by nightly | 2009-11-07 21:00 | 日本の女優 | Comments(4)
2009年 11月 05日

野川由美子(のがわ・ゆみこ)「座頭市果し状」(1968)・・・一応①ということで

ご存知、座頭市シリーズの18作目(シリーズは何と26本続いたのだった!)、安田公義監督「座頭市果し状」で、我が野川由美子(1944〜)おねいはんが、市の人となりに触れて改心する女、お秋を演じている。
映画が始まりオープニングタイトルが現れるまでの4分間、市が雨宿りに入った廃屋の先客で由美子おねいはんが登場するのだが、その粋な着物姿に、もう殆どそれだけで見とれてしまった・・・。
ただ残念なことに、芸達者な俳優たちが出ているわりには映画自体は何ともキレが悪いんだよね・・・


[野川由美子(Yumiko Nogawa)「肉体の門」(1964年)]



e0042361_2384235.jpg


e0042361_238523.jpg


e0042361_239517.jpg


e0042361_2391760.jpg


e0042361_2393460.jpg


e0042361_23103582.jpg


e0042361_23104920.jpg


e0042361_2311036.jpg


e0042361_23111459.jpg


e0042361_23112769.jpg


e0042361_23113978.jpg


e0042361_23115043.jpg


e0042361_23121630.jpg


e0042361_23125636.jpg


e0042361_23131098.jpg


e0042361_23132443.jpg


e0042361_23133484.jpg


e0042361_23134540.jpg


e0042361_2314294.jpg


e0042361_23141462.jpg


e0042361_23143130.jpg


e0042361_23144475.jpg


by nightly | 2009-11-05 21:00 | 日本の女優 | Comments(9)
2009年 11月 03日

レベッカ・バッケン(Rebekka Bakken )「Morning Hours」(2009)

僕の秘蔵っ子、ノルウェー出身のクールな美女レベッカ・バッケンの3年ぶり、4枚目のアルバムは秋の夜長にキーンと心にしみてくる。
今はニューヨークに移住していて、鼻にかかったちょっと太めのヴォーカルはますますアメリカンでブルージーな色彩を帯びてきた。やっぱりこの声に惹かれるんだよねー・・・。


[レベッカ・バッケン(Rebekka Bakken )「I Keep My Cool」(2006)]
[レベッカ・バッケン(Rebekka Bakken )「Is that you ?」(2005)]



e0042361_22542235.jpg


e0042361_22543826.jpg


e0042361_22545248.jpg


e0042361_2255751.jpg


e0042361_22552115.jpg


e0042361_22553569.jpg


e0042361_22562553.jpg


by nightly | 2009-11-03 21:00 | ノルウェーの歌手 | Comments(0)