夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 28日

パトリシア・ゴッジ(Patricia Gozzi)「シベールの日曜日」(1962)其の弐

青春詩情主義、其の壱
戦争により記憶を失い無為の日々を過ごしていた31歳のピエール(ハーディ・クリューガー)と、父親に棄てられた12歳の少女(パトリシア・ゴッジ)は日曜日ごとに公園で過ごすようになるが・・・
観なおす度に映画がモノクロだということに驚かされるくらい、深い色彩のイメージに満ちたアンリ・ドカエの撮影が素晴らしい。
二人の無垢な魂のふれあいが美し過ぎて、結末の残酷さが胸に突き刺さるけど、やっぱりまた観てしまう!「シベールの日曜日」はそんなボクの宝物のような映画なのである。


[パトリシア・ゴッジ(Patricia Gozzi)「シベールの日曜日」(1962)其の壱]



e0042361_2384960.jpg


e0042361_2391542.jpg


e0042361_2393358.jpg


e0042361_2395167.jpg


e0042361_2310883.jpg


e0042361_23102837.jpg


e0042361_23104657.jpg


e0042361_2311564.jpg


e0042361_2311264.jpg


e0042361_23115381.jpg


e0042361_23121352.jpg


e0042361_23122867.jpg


e0042361_23132948.jpg


e0042361_23134579.jpg


e0042361_2314519.jpg


e0042361_23142279.jpg


e0042361_23145566.jpg


e0042361_23151229.jpg


e0042361_23153597.jpg


e0042361_2316483.jpg


e0042361_231634100.jpg


e0042361_23165530.jpg


e0042361_23171580.jpg


e0042361_23193448.jpg


e0042361_23195176.jpg


e0042361_23201399.jpg


e0042361_23202515.jpg


e0042361_23204317.jpg


e0042361_2321330.jpg


e0042361_23212060.jpg


e0042361_23213527.jpg


e0042361_2322211.jpg


e0042361_23221844.jpg


e0042361_23224378.jpg


e0042361_232327.jpg


e0042361_23231571.jpg


e0042361_23233098.jpg


by nightly | 2010-08-28 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(4)
2010年 08月 26日

パトリシア・ゴッジ(Patricia Gozzi)「シベールの日曜日」(1962)其の壱

青春詩情主義、其の壱
インドシナ戦争で記憶を失った元パイロットのピエール(ハーディ・クリューガー)は、ある夜、駅で一人の少女と出会う。町の寄宿学校に入るためにやってきたその12歳の少女フランソワーズは、実は父親に棄てられたのだった・・・。
この少女を演じたパトリシア・ゴッジ(1950〜)は当時12歳で、ボクよりも1歳年上と言うことになり、当然リアルタイムで観たわけではないけれど、ボクが似非映画青年だった20代に新宿等の名画座で上映の度に何度も観たのだった。



e0042361_0243425.jpg


e0042361_0244921.jpg


e0042361_025103.jpg


e0042361_0252999.jpg


e0042361_0254278.jpg


e0042361_0255481.jpg


e0042361_0261085.jpg


e0042361_0262275.jpg


e0042361_0263597.jpg


e0042361_026515.jpg


e0042361_027530.jpg


e0042361_0274252.jpg


e0042361_0275883.jpg


e0042361_0281079.jpg


e0042361_0282670.jpg


e0042361_029569.jpg


e0042361_0291870.jpg


by nightly | 2010-08-26 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(4)
2010年 08月 24日

キャサリン・マクフィー(Katharine McPhee)<Part.2>「The prayer」(2008)

しつこく“デヴィッド・フォスターのトリビュート・コンサート”ネタな「夜ご美」ですが、やはりこのコンサート、どなたもパフォーマンスが素晴らしいのでついつい・・・であります。
而して、前夜のキャサリン・ジェンキンスでしっかり存在感を見せつけたアンドレア・ボチェッリが、このコンサートではセリーヌ・ディオンを差し置いてキャサリン・マクフィーとデュエットしてます。曲はもちろん「The prayer」。・・・うーむ、素晴らしい!


[キャサリン・マクフィー(Katharine McPhee)「Somewhere」(2008)]



e0042361_2324389.jpg


e0042361_23253171.jpg


e0042361_23255317.jpg


e0042361_232699.jpg


e0042361_23262050.jpg


e0042361_23263546.jpg


e0042361_23265621.jpg


e0042361_23272552.jpg


e0042361_23285083.jpg


e0042361_23291419.jpg


e0042361_23293320.jpg


e0042361_23295074.jpg


e0042361_2330829.jpg


e0042361_2330238.jpg


e0042361_23304143.jpg


e0042361_2331424.jpg


e0042361_23313421.jpg


e0042361_2332465.jpg


e0042361_23323114.jpg


e0042361_23325542.jpg


e0042361_2333152.jpg


e0042361_23333029.jpg


e0042361_23334459.jpg


by nightly | 2010-08-24 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(4)
2010年 08月 23日

キャサリン・ジェンキンス (Katherine Jenkins)「Believe」(2010年)

デイヴィッド・フォスターと言えば、このところボクとしてはすっかりご無沙汰だったキャサリン・ジェンキンス (1980〜)の最新アルバム「Believe」をプロデュースしてたので、ことのついでにアップしてみた。なかなか良いです!タイトル・チューンではしっかりアンドレア・ボチェッリとデュエットしてます。


[キャサリン・ジェンキンス (Katherine Jenkins)「夢を生きて」(2005年)]



e0042361_1159730.jpg


e0042361_0213343.jpg


e0042361_0214634.jpg


e0042361_022225.jpg


e0042361_0221930.jpg


by nightly | 2010-08-23 21:00 | 英吉利の歌手 | Comments(10)
2010年 08月 22日

キャサリン・マクフィー(Katharine McPhee)<Part.1>「Somewhere」(2008)

前夜に引き続き、ヒットマン、デヴィッド・フォスターのトリビュート・コンサートから、今宵はキャサリン・マクフィー(1984〜)登場であります。歌うはバーブラ・ストライサンドの“Somewhere”!
彼女のCDでは今ひとつ乗り切れないボクだけど、このライブ・パフォーマンスにはうっとりしちゃったぞ!



e0042361_014043.jpg


e0042361_0141716.jpg


e0042361_0143338.jpg


e0042361_0144760.jpg


e0042361_015318.jpg


e0042361_0152014.jpg


e0042361_0153334.jpg


e0042361_0161618.jpg


e0042361_0163073.jpg


e0042361_0164265.jpg


e0042361_0165641.jpg


e0042361_0171213.jpg


e0042361_0172986.jpg


e0042361_0174294.jpg


e0042361_0175644.jpg


by nightly | 2010-08-22 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2010年 08月 21日

レネー・オルステッド(Renee Olstead)「Through the Fire 」(2008)

シャリースで紹介したデヴィッド・フォスターへのトリビュート・コンサートにレネー・オルステッド(1989〜)が出演しているのに気が付いて、さっそくアップは良いけれど、なんだか貫禄つきすぎでしょ!と一言苦言を呈して、でも、彼女のヴォーカルはボク好みであることには変わりなく、チャカ・カーンのヒット曲“Through the Fire”を気持ちよさ気に歌っているのだった。



[レネー・オルステッド(Renee Olstead)「Renee Olstead」(2004年)]
[レネー・オルステッド(Renee Olstead)「skylark」(2009)]




e0042361_0215296.jpg


e0042361_0221258.jpg


e0042361_0222546.jpg


e0042361_0232649.jpg


e0042361_0233759.jpg


e0042361_0235164.jpg


e0042361_02487.jpg


e0042361_024223.jpg


by nightly | 2010-08-21 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(5)
2010年 08月 15日

シャリース(Charice)「Charice」(2010)

ステイシー・ケントとはかなり趣が違うが、フィリピン出身のシャリース(1992〜)に思わず耳が釘付けになってしまった。
たまたま観たデヴィッド・フォスターへのトリビュート・コンサートのヴィデオで、映画「ボディーガード」の中で主演のホイットニー・ヒューストンが歌った“I Have Nothing/I Will Always Love You”をメドレーで歌っていたシャリースの上手さに聞き惚れてしまった訳である。



e0042361_23142295.jpg


e0042361_23143992.jpg


e0042361_23145353.jpg


e0042361_2315686.jpg

後でピアノを弾いているデヴィッド・フォスターも歳をとったけど、相変わらずカッコ良いっす!

e0042361_23152642.jpg


e0042361_23193366.jpg


e0042361_23201547.jpg


e0042361_23219100.jpg


e0042361_23212783.jpg


e0042361_2321449.jpg


e0042361_23215612.jpg


e0042361_23221750.jpg


e0042361_23223488.jpg


e0042361_23224717.jpg


by nightly | 2010-08-15 21:00 | フィリピンの歌手 | Comments(4)
2010年 08月 13日

ステイシー・ケント(Stacey Kent)「Raconte-Moi」(2010)

ステイシー・ケント(1968〜)の仏ブルーノート移籍2作目は全曲フランス語で歌われたアルバム。
ステイシーの可憐な歌声にフランス語は嵌りすぎるくらい嵌っていて、当然ボクも嵌って抜け出せないでいる。
生きていることが恥ずかしくなるほどの世間のありように、しばし背を向けて、ステイシーの甘美なヴォーカルに当分浸りきっていこうかな・・・。


[ステイシー・ケント(Stacey Kent)「ラヴ・イズ...ザ・テンダー・トラップ」(1998)]
[ステイシー・ケント(Stacey Kent)「The Boy Next Door」(2003)]
[ステイシー・ケント(Stacey Kent)「Breakfast on the morning tram」(2007)]




e0042361_001888.jpg


e0042361_004351.jpg


by nightly | 2010-08-13 21:00 | 英吉利の歌手 | Comments(1)
2010年 08月 12日

ニコール・クールセル(Nicole Courcel)「シベールの日曜日」(1962)①

ボクがこれまでに映画館で何度も観、最も愛した映画の1本、セルジュ・ブールギニョン監督、アンリ・ドカエ撮影、モーリス・ジャール音楽の三位一体な名作「シベールの日曜日(CYBELE OU LES DIMANCHES DE VILLE D'AVRAY)」から、今宵こそはスクリーンの中での我が初恋の女、マドレーヌを演じたニコール・クールセル(1931〜)登場であります。




e0042361_231386.jpg


e0042361_2312628.jpg


e0042361_233559.jpg


e0042361_2333335.jpg


e0042361_234123.jpg


e0042361_2344134.jpg


e0042361_235218.jpg


e0042361_2351978.jpg


e0042361_2362494.jpg


e0042361_2364789.jpg


e0042361_2373067.jpg


e0042361_2310958.jpg


e0042361_23103680.jpg


e0042361_23105671.jpg


e0042361_23112827.jpg


e0042361_23114659.jpg


e0042361_2312841.jpg


e0042361_23123560.jpg


e0042361_23125569.jpg


e0042361_23132150.jpg


e0042361_23133967.jpg


e0042361_23142059.jpg


e0042361_23144411.jpg


e0042361_23151177.jpg


e0042361_23153390.jpg


e0042361_23155323.jpg


e0042361_23163170.jpg


e0042361_23165418.jpg


e0042361_2317231.jpg


e0042361_23175963.jpg


e0042361_23182760.jpg


e0042361_23184476.jpg


e0042361_23192331.jpg


e0042361_23194690.jpg


e0042361_2320313.jpg


e0042361_23205725.jpg


by nightly | 2010-08-12 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(2)
2010年 08月 06日

ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「強迫/ロープ殺人事件(Compulsion)」(1959)其の弐

《ダイアン・ヴァーシ覚書》其の四
実際に起こった“レオポルド&ローブ事件”の動機の異様さから、この映画を含め事件を題材に何度か映画化されている。ヒッチコックの「ロープ」(1948)もその一つだが、実験的云々と言うことで、畏れ多くて未見。
と言うわけで、映画のストーリーはさておき、ダイアンのフラッパーなファッションで満足してしまう!


[ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「青春物語(Peyton Place)」(1957)…①]
[ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「青春物語(Peyton Place)」(1957)…②]
[ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)」(1971)其の壱]
[ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)」(1971)其の弐]
[ダイアン・ヴァーシ(Diane Varsi)「強迫/ロープ殺人事件(Compulsion)」(1959)其の壱]




e0042361_1914271.jpg


e0042361_1921699.jpg


e0042361_1923093.jpg


e0042361_1925088.jpg


e0042361_1931042.jpg


e0042361_1933120.jpg


e0042361_193533.jpg


e0042361_1941324.jpg


e0042361_1943552.jpg


e0042361_1965475.jpg


e0042361_1971189.jpg


e0042361_1973614.jpg


e0042361_1975964.jpg


e0042361_1982237.jpg


e0042361_1985351.jpg

おやおや、この映画ででもダイアンは法廷の証言台に立っているのだった・・・。

e0042361_19102336.jpg

右が巨漢オーソン・ウェルズ演じる弁護士ジョナサン。

e0042361_19114929.jpg


e0042361_19121365.jpg


e0042361_19122832.jpg


e0042361_19125366.jpg


e0042361_19182076.jpg


e0042361_19183838.jpg


by nightly | 2010-08-06 19:01 | 亜米利加の女優 | Comments(0)