<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 27日

冨田妍和一門展 III「一期一会」(2010.9.23〜27)レポート

と言うわけで、日曜日に冨田妍和一門展を観てきた。
冨田妍和曰く、日々の暮らしの中に少しの時間でも「和」の心を持ち、筆をとることの愉しさ云々・・・を、筆をとらないボクも愉しんできた。
秋だから、ちょっとアカデミックに書を愉しんでみてはいかがかな?


[冨田妍和一門展 III「一期一会」(2010.9.23〜27)]



e0042361_2318538.jpg


e0042361_23182782.jpg


e0042361_23184172.jpg


e0042361_2319598.jpg


e0042361_23192120.jpg


e0042361_23193561.jpg


e0042361_23195568.jpg


e0042361_23221636.jpg

ボクが以前エディトリアル・デザインで関わった、妍和嬢のお父上の作品集が置いてあった。

e0042361_2325777.jpg

と言うわけで、彼女は、昔から変わらないなー・・・

e0042361_23262136.jpg

この日当番のお弟子さんと談笑する!?妍和嬢でありましたとさ。

by nightly | 2010-09-27 21:00 | 日本のアーティスト | Comments(4)
2010年 09月 24日

冨田妍和一門展 III「一期一会」(2010.9.23〜27)

ボクの知り合いの書家(もちろん女性ね)の一門展が、我が第二のふるさと阿佐ヶ谷で昨日から始まり、さっそく昨日見に行くつもりだったが、雨に弱いボクは折からの集中豪雨(!?)で雨天順延しちゃったわけである。と言うわけで、取り急ぎ一門展のご紹介だけでもと・・・



e0042361_23375433.jpg

彼女の書を使って、毎回ボクがデザインしてるのだ!

e0042361_23382344.jpg



さてここで今宵の美女、冨田妍和の人となりをちょっとだけ情報公開してみると、阿佐ヶ谷・毘沙門ネタ「アン・バートン(Ann Burton)「ブルー・バートン」(1967年)」に行き着いちゃったりして・・・

e0042361_23444596.jpg

実は彼女はボクの友人の妹で、浪人時代、高校の悪友に毘沙門で紹介された悪友の友人の妹だったのだ!・・・って、判るかな?
その時ボクは19歳、彼女はまだ10歳だった・・・

美大で写真の授業があって、ボクは彼女をモデルに・・・

e0042361_034646.jpg


e0042361_04253.jpg


by nightly | 2010-09-24 21:00 | 日本のアーティスト | Comments(4)
2010年 09月 21日

ジュリー・ロンドン(Julie London)「Calendar Girl」(1957)《後半》

今年の6月23日に没後10周年企画と銘打って、ジュリーがリバティに残したオリジナルアルバム全30タイトルを紙ジャケ仕様の完全限定盤で発売!しかもお手頃価格の1枚1,800円也!
ということでジュリー・ファンのボクとしては私財を投げ打ってでも手に入れたいマストアイテムではあったけれど、その投げ打つべき私財がないことに気がつき、断腸の思いで断念!手持ちのプラケースなコレクションで、ひとり、没後10周年を“マイ・ジュリー・アモール”とかなんとか言ってお茶を濁そうと思ったわけだったが・・・


[ジュリー・ロンドン(Julie London)「アラウンド・ミッドナイト / Around Midnight」(1960年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It)」(1956年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「ALL THROUGH THE NIGHT」(1956年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「Calendar Girl」(1957)《前半》]



“Sleigh Ride in July”
e0042361_23281364.jpg


“Time For August”
e0042361_2330511.jpg


“September In The Rain”
e0042361_2331732.jpg


“This October”
e0042361_23323738.jpg


“November Twilight”
e0042361_23471757.jpg


“Warm December”
e0042361_23475592.jpg


by nightly | 2010-09-21 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(2)
2010年 09月 20日

ジュリー・ロンドン(Julie London)「Calendar Girl」(1957)《前半》

ジュリーどんどんやって〜と言う声なき声に励まされて、暫く、これまでの冷淡な仕打ちの埋め合わせをするかのごとく、マイ・ジュリー・アモールな夜は続く・・・なんちゃって・・・うぷぷ。
12ヶ月のそれぞれの月をタイトルにした曲を小粋に歌ったジュリーのアルバムを聴きながら、逝く夏を惜しむように、何故か通年で殆ど水着姿のジュリーを目でも愛でてみた。


[ジュリー・ロンドン(Julie London)「アラウンド・ミッドナイト / Around Midnight」(1960年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It)」(1956年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「ALL THROUGH THE NIGHT」(1956年)]


“June In January”
e0042361_23581326.jpg


“February Brings The Rain”
e0042361_23583082.jpg


“Melancholy March”
e0042361_23584359.jpg


“I'll Remember April”
e0042361_23585723.jpg


“People Who Are Born In May”
e0042361_23591323.jpg


“Memphis In June”
e0042361_23592910.jpg


by nightly | 2010-09-20 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(1)
2010年 09月 19日

ジュリー・ロンドン(Julie London)「ALL THROUGH THE NIGHT」(1956年)

だいぶ秋めいた夜になって、マイ・ジュリー・アモールも絶好調!?大好きな作曲家コール・ポーターの作品だけを、これまた大好きなバド・シャンクの洒落たアルトをバックに、スインギーに気持ちよさ気に歌うジュリー・ロンドンのアルバムで、逝く夏にとどめの印籠を渡してみた。


[ジュリー・ロンドン(Julie London)「アラウンド・ミッドナイト / Around Midnight」(1960年)]
[ジュリー・ロンドン(Julie London)「女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It)」(1956年)]



e0042361_23263620.jpg


by nightly | 2010-09-19 23:26 | 亜米利加の歌手 | Comments(0)
2010年 09月 18日

ジュリー・ロンドン(Julie London)「女はそれを我慢できない(The Girl Can't Help It)」(1956年)

最近聴いたジュリー・ロンドンの“ラブレター”が引き金になって、ちょっとしたマイ・ジュリー・アモールな状態に陥っている。そこで今宵は超絶グラマーなヒロインのジェーン・マンスフィールドをひとまず差し置いて、女優から歌手に転向し一躍人気歌手となったジュリー・ロンドン(1926〜2000)がちょっとばかり顔を出し、かの“クライ・ミー・ア・リバー(Cry Me a River)”を歌っている映画「女はそれを我慢できない」から、そのシーンだけをピックアップしてみた。
ここでは、主演のトム・イーウェル演じる芸能プロモーター、トム・ミラーのかつての訳ありな歌手ジュリー・ロンドンをジュリーが演じている訳なのである。


[ジュリー・ロンドン(Julie London)「アラウンド・ミッドナイト / Around Midnight」(1960年)]


因みにこれは、酔っぱらったトムの幻覚シーンね。

e0042361_23512245.jpg

これはもちろんジュリーの1955年のファーストアルバム「Julie Is Her Name(彼女の名はジュリー)」であります。

e0042361_2353915.jpg


e0042361_23532819.jpg


e0042361_23534226.jpg


e0042361_23535964.jpg


e0042361_23542378.jpg


e0042361_23544377.jpg


e0042361_23545657.jpg


e0042361_23551681.jpg


e0042361_23553055.jpg


e0042361_23554482.jpg


e0042361_23555997.jpg


e0042361_23561915.jpg


e0042361_23563933.jpg


by nightly | 2010-09-18 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(3)
2010年 09月 13日

オリビア・ニュートン=ジョン(Olivia Newton- John)「A Celebration In Song」(2008)

ボクのささやかな人生において、多分一番熱心に音楽を聴いていた70〜80年代の、特に洋楽のアーティストの来日コンサートの告知広告や記事を目にすると、懐かしさと共にまだ現役で活動しているその前向きな姿勢には素直に頭が下がる思いであります。ということで、この11月にオリビア・ニュートン=ジョン(1948〜)が来日公演をやるというので、CDを探しだしては聴き返している今日この頃であります。ボクは決して熱心な彼女のファンではなかったけれど、やっぱり安心して聴けるということが今は重要なポイントですね。
これはオリビアがいろんなアーティストとデュエットしている2008年のアルバム。



e0042361_2372550.jpg


e0042361_2374862.jpg

1曲目では同じオーストラリアの今の(?!)歌姫デルタ・グッドレムとデュエットしてる。

by nightly | 2010-09-13 21:00 | 濠太剌利の歌手 | Comments(2)
2010年 09月 10日

ファイン・フレンジー (A Fine Frenzy)「Bomb in a Birdcage」(2009)

アメリカ人とは思えない(おっと、失礼!)知的な文学少女風の趣が、デビュー当時からちっとも変わらず、でも繊細さだけでなくユーモアと力強さが加わって、初秋にふさわしいアリソン・シドルのファイン・フレンジーのセカンドアルバムが愉しい!


[ファイン・フレンジー (A Fine Frenzy)「One Cell In The Sea」(2007)]



e0042361_2325848.jpg


e0042361_23252357.jpg


by nightly | 2010-09-10 21:00 | 亜米利加の歌手 | Comments(4)
2010年 09月 07日

Yona「Pilvet liikkuu, minä en」(2010)

秋なのにまだ猛暑を乗り切るために、このところ音楽三昧の日々。そして今宵の三昧美女は・・・。
フィンランドで活動している25歳のシンガー・ソングライター、YONAのフィンランド語の不思議な響きを殆どループで聴いて、これぞ夜ご美流暑気払い!?



e0042361_22565819.jpg


e0042361_22571557.jpg


by nightly | 2010-09-07 21:00 | フィンランドの歌手 | Comments(2)
2010年 09月 06日

べス・ロウリー(Beth Rowley)「Little Dreamer」(2008)

というわけで、アルバムもついでにアップしてみた。
両親が宣教師で、ペルーで生まれ、ブリストルで育ち、小さい頃から父親がかけるウッディ・ガスリーのレコードを聴いていると、こんな風にゴスペラーな娘になるんだろうか?
この華奢な佇まいもまた癖になりそう・・・うぷぷ。


[べス・ロウリー(Beth Rowley)「17歳の肖像(AN EDUCATION)」(2009)]



e0042361_23363181.jpg


by nightly | 2010-09-06 21:00 | 英吉利の歌手 | Comments(0)