<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

「夜ごとの美女暦」も季節が巡ってはや9月だし、しっとりとロミー・シュナイダーでひと月を!

ちょっと秋めいてきた(って、気のせい?!)のでここらで腰を据えて、ロミー・シュナイダーの出演作を巡ってみようと思い立ってますが・・・


[ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)「太陽がいっぱい」(1960)]
[ロミー・シュナイダー(Romy Schneider)「審判」(1963)]




e0042361_21432376.jpg


by nightly | 2011-08-31 21:00 | 墺太利の女優 | Comments(2)
2011年 08月 29日

ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Demons Of The Mind」(1972)《後篇》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・⑤

この映画に登場する魔物は人間で、要するに心の中の邪悪なものがテーマになっている。
主人公のゾーン男爵には二人の子供、兄のエミールと妹のエリザベスがいて、彼らの母親が自殺したことから、その血が子供たちに引き継がれているのではと危惧し、彼は子供たちを館に薬漬けで監禁しているわけである。
同居人で子供たちの管理をしている叔母ヒルダが、小さな刃のついたマシン(箱)を使ってエリザベスの肌から悪い血を抜くのが日課だったりして・・・
おまけに兄妹を互いに近づけないようにしているのだが、どうやら二人の近親相姦願望的吸引力を遮断するためのようだ・・・むむむ



[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「危険な関係」(1959)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「パリジェンヌ」(1962)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「時計じかけのオレンジ」(1971)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「欲望」(1966)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Collection 25 cm」(1966)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Demons Of The Mind」(1972)《前篇》]





e0042361_055454.jpg

e0042361_061164.jpg

e0042361_075720.jpg

e0042361_084550.jpg

e0042361_091157.jpg

e0042361_092619.jpg

e0042361_094096.jpg

e0042361_0102543.jpg

e0042361_0104790.jpg

e0042361_011147.jpg

e0042361_0111844.jpg

e0042361_0113460.jpg

e0042361_0115248.jpg

左が兄のエミールね。
e0042361_0132187.jpg

e0042361_013385.jpg

e0042361_0135896.jpg

e0042361_0141524.jpg

e0042361_0142743.jpg

e0042361_015787.jpg

e0042361_0152466.jpg

e0042361_0153813.jpg

e0042361_015565.jpg

e0042361_0161864.jpg

e0042361_0162928.jpg

e0042361_0164541.jpg

e0042361_0165731.jpg

e0042361_0172244.jpg

e0042361_0181393.jpg

e0042361_0182573.jpg

e0042361_0184571.jpg

e0042361_0191023.jpg

e0042361_0193091.jpg

e0042361_0195181.jpg

e0042361_020343.jpg

e0042361_0202055.jpg


by nightly | 2011-08-29 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(0)
2011年 08月 28日

ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Demons Of The Mind」(1972)《前篇》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・⑤

おお、我がイギリスのフレンチ娘、ギリアン・ヒルズ嬢でさえ、ホラーの殿堂、かのハマー・プロの毒牙から逃れることはできなかったと言うお話。
んなことは実はどうでもよろしい。なんと言っても演じるのはヒロインだし・・・でも、ギリアン演じるエリザベスはいつも夢遊病者みたいだな〜・・・衣装はネグリジェ風だし・・・でも、やっぱりギリアンはかあいいな〜


[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「危険な関係」(1959)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「パリジェンヌ」(1962)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「時計じかけのオレンジ」(1971)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「欲望」(1966)]
[ギリアン・ヒルズ(Gillian Hills)「Collection 25 cm」(1966)]



e0042361_23303981.jpg

e0042361_2332867.jpg

エリザベスは連れ戻されて、薬を飲まされて・・・
e0042361_23332464.jpg

e0042361_23334127.jpg

e0042361_23342469.jpg

e0042361_23343931.jpg

e0042361_23345575.jpg

e0042361_23351285.jpg

e0042361_233535100.jpg

e0042361_23362554.jpg

e0042361_23371453.jpg

e0042361_23374149.jpg

e0042361_2338080.jpg

e0042361_23381321.jpg

e0042361_23383985.jpg

e0042361_23385767.jpg

e0042361_23392297.jpg

e0042361_23394668.jpg

右が主人公のゾーン男爵(ロバート・ハーディ)で、エリザベスの父上であります
e0042361_23433733.jpg

e0042361_23435848.jpg

e0042361_23442051.jpg

e0042361_23444441.jpg


by nightly | 2011-08-28 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(0)
2011年 08月 27日

エレオノラ・ロッシ=ドラゴ(Eleonora Rossi Drago)「In The Folds Of The Flesh」(1970)

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・④

エレオノラ・ロッシ=ドラゴも記憶にとどめておこう・・・ピアのカラフルな衣装に対しエレオノラの衣装の禁欲的な黒を・・・



[エレオノラ・ロッシ=ドラゴ(Eleonora Rossi Drago)「激しい季節」(1959)①]
[エレオノラ・ロッシ=ドラゴ(Eleonora Rossi Drago)「激しい季節」(1959)②]



e0042361_22414322.jpg

e0042361_22421516.jpg

e0042361_22422872.jpg

e0042361_22484572.jpg

e0042361_22491443.jpg

e0042361_2250269.jpg

e0042361_22503011.jpg

e0042361_22505177.jpg

e0042361_22511955.jpg

e0042361_22513852.jpg

e0042361_22515294.jpg

e0042361_22522254.jpg

e0042361_22531920.jpg

e0042361_22533485.jpg

e0042361_2254864.jpg

e0042361_2255441.jpg

e0042361_22554015.jpg

e0042361_22555941.jpg

e0042361_22561531.jpg

e0042361_22565355.jpg


by nightly | 2011-08-27 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(4)
2011年 08月 26日

ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「In The Folds Of The Flesh」(1970)《後編》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・③

怪しい男たちが次々と現れてはいとも簡単に殺され、おまけに斬首なんかされちゃって、転がる頭部がチープな作り物なんで笑っちゃうんだけど、ピア・アンジェリやエレオノラ・ロッシ=ドラゴの美しくも凄絶な演技と、くどいようだけど、衣装や室内のインテリアなどのカラー・コーディネイトが素晴らしくて、ついつい見入ってしまうのだった。



[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「イタリア」(1959年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「バルジ大作戦」(1965年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《前編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《中編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《後編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「In The Folds Of The Flesh」(1970)《前編》]




e0042361_22483184.jpg


それでは殺害の再現ショットをどうぞ・・・
e0042361_22485153.jpg

e0042361_2249721.jpg

e0042361_2249377.jpg

e0042361_2250741.jpg

e0042361_22511596.jpg

e0042361_22532625.jpg

e0042361_22534136.jpg

e0042361_2254727.jpg

ピアの金髪は実は黒髪だった・・・
e0042361_22551425.jpg

e0042361_22552433.jpg

e0042361_22554138.jpg

e0042361_22561275.jpg

e0042361_2256286.jpg

e0042361_22564529.jpg

e0042361_22574335.jpg

e0042361_22575995.jpg

e0042361_22584021.jpg

e0042361_22585897.jpg

e0042361_22591726.jpg

e0042361_2301375.jpg

e0042361_2303698.jpg

e0042361_2305446.jpg

e0042361_231941.jpg

e0042361_2312879.jpg

e0042361_2314335.jpg

e0042361_231593.jpg

e0042361_2322367.jpg

e0042361_2324844.jpg

e0042361_233144.jpg

e0042361_233929.jpg


by nightly | 2011-08-26 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(0)
2011年 08月 25日

ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「In The Folds Of The Flesh」(1970)《前編》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・③

ピア・アンジェリが1971年、バルビツールの過剰服用により39歳の若さで亡くなる前の年の作品。
本名のAnna Maria Pierangeliでクレジットされているこの映画は、ピアの悲惨な死を予感させるに十分な、シュールでサイケデリックかつクレイジー、そしてチープな死に満ちている。
それにつけても、ピアの凄絶な美しさと、彼女の纏う衣装や室内のインテリアはカラフルで、ついつい映像に引き込まれてしまうのだが・・・。


[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「イタリア」(1959年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「バルジ大作戦」(1965年)]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《前編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《中編》]
[ピア・アンジェリ(Pier Angeli)「傷だらけの栄光」(1956)《後編》]



e0042361_23522565.jpg

e0042361_23524623.jpg

e0042361_235258100.jpg

左は撮影当時45歳位のエレオノラ・ロッシ=ドラゴであります。
e0042361_2356774.jpg

e0042361_23562718.jpg

e0042361_2356558.jpg

e0042361_2357675.jpg

e0042361_23572899.jpg

e0042361_23573740.jpg

e0042361_23575829.jpg

e0042361_23581542.jpg

e0042361_2358281.jpg

e0042361_23584540.jpg

e0042361_2359534.jpg

e0042361_2359172.jpg

e0042361_082982.jpg

e0042361_083998.jpg

e0042361_091559.jpg

e0042361_093044.jpg

e0042361_010186.jpg

e0042361_0101497.jpg

e0042361_010321.jpg

e0042361_0105661.jpg

e0042361_0111383.jpg

e0042361_0112921.jpg

e0042361_0115981.jpg

e0042361_0122717.jpg


by nightly | 2011-08-25 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(0)
2011年 08月 23日

マチルダ・メイ(Mathilda May)「Mathilda MAY」(1992)

ホラー映画というと、ボキャブラリーの貧困なボクとしてはついついヴァンパイアものを思い浮かべてしまう。中でもトビー・フーパーの「スペースバンパイア」(1985)はエイリアンが主役の異色のヴァンパイア映画として結構好きだったりする。何しろヒロイン(?!)の美人宇宙ヴァンパイアを演じるマチルダ・メイ(1965〜)は最初から最後まで一糸まとわずな佇まいで、我がよい子の「夜ご美」としてはアップには至れず、そこで贔屓女優が歌うのが好きなボクはCDラックを捜索して見つけ出したマチルダ・メイのアルバムをアップすることにした。
全編英語で、本格的(?)な歌唱で迫っている。



e0042361_0143944.jpg


e0042361_0145120.jpg


e0042361_0145967.jpg


e0042361_0151834.jpg


e0042361_0153279.jpg


by nightly | 2011-08-23 21:00 | 仏蘭西の女優 | Comments(2)
2011年 08月 22日

ドミニ・ブライス(Domini Blythe)「吸血鬼サーカス団(Vampire Circus)」(1972)

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・②

映画「吸血鬼サーカス団」ではもうひとかた、印象に残る美女を紹介し記憶にとどめておかなければならない。映画のオープニングクレジットが始まる前の数分間、15年前の事の発端を示すエピソードに登場する美しく気品に満ち、しかも妖艶なる美女ドミニ・ブライス(1947〜2010)。彼女はリン・フレデリックが演じたドーラの母親アンナ・ミューラー役で、吸血鬼にして城主のミッターハウス伯爵に懸想し不倫しつつ、村の少女たちを供すべく、伯爵の城へせっせと連れ込んでいたのだった。
それにつけても出演シーンのほとんどで美しき裸身を露わにされておられます。ありがたや、ありがたや・・・
さて、ドミニ・ブライスは元々演劇志望だったようで、その後カナダでシェイクスピア女優として活躍されたようだ。



e0042361_22263349.jpg

e0042361_2227034.jpg

連れ込んだ少女を伯爵が吸血するプロセスを見つめて身悶えするの図であります・・・
e0042361_2228165.jpg

e0042361_22281675.jpg

e0042361_22285157.jpg

e0042361_22321349.jpg

e0042361_22323515.jpg

e0042361_223348.jpg

e0042361_2233241.jpg

e0042361_22362992.jpg

e0042361_22364948.jpg

もちろん右のお方が吸血鬼ミッターハウス伯爵ね。
e0042361_22432426.jpg

e0042361_2244144.jpg

e0042361_22443922.jpg

e0042361_2245578.jpg

e0042361_22452784.jpg

e0042361_2246024.jpg

e0042361_22461852.jpg

e0042361_22472158.jpg

e0042361_22474556.jpg

e0042361_224879.jpg

伯爵の胸に深々と杭が・・・黄色い悲鳴を上げるアンナ!
e0042361_22502491.jpg

e0042361_22515727.jpg

e0042361_22522212.jpg

e0042361_2252484.jpg

e0042361_2253688.jpg

捕まったアンナは村人のリンチに・・・
e0042361_2254554.jpg

e0042361_22551354.jpg

e0042361_22553428.jpg

e0042361_22555879.jpg

e0042361_22562557.jpg

e0042361_22564683.jpg

e0042361_2257174.jpg

e0042361_2258099.jpg



伯爵の復讐の密命を受け生き延びたアンナは15年後・・・


e0042361_230533.jpg


by nightly | 2011-08-22 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(10)
2011年 08月 20日

リン・フレデリック(Lynne Frederick)「吸血鬼サーカス団(Vampire Circus)」(1972)《後編》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・①


それにつけても、リン・フレデリック(1954〜1994)のかあいいことよ!彼女を死ぬ間際まで妻にしていたピーター・セラーズは、男冥利に尽きただろうねぇ・・・なんてね。


[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「さすらいの航海(Voyage of the Damned)」(1976)其の壱]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「さすらいの航海(Voyage of the Damned)」(1976)其の弐]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「フェイズIV・戦慄!昆虫パニック(PHASE IV)」(1974)[Phase I]]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「フェイズIV・戦慄!昆虫パニック(PHASE IV)」(1974)[Phase II]]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「吸血鬼サーカス団(Vampire Circus)」(1972)《前編》]




e0042361_22172288.jpg

e0042361_22174020.jpg

e0042361_2218014.jpg

e0042361_22185820.jpg

e0042361_2219128.jpg

ついにドーラはヴァンパイアの歯牙にかかるのかっ・・・?!
e0042361_22221355.jpg

が、ドーラの胸の谷間には燦然と輝くクルスがっ・・・
e0042361_22252173.jpg

e0042361_22253949.jpg

e0042361_2226343.jpg

e0042361_22264755.jpg

e0042361_2227828.jpg

e0042361_22274542.jpg

e0042361_2228025.jpg

e0042361_22284687.jpg

e0042361_2229129.jpg

e0042361_22294076.jpg

e0042361_2230256.jpg

e0042361_22303017.jpg

e0042361_2231925.jpg

e0042361_22322996.jpg

e0042361_22324873.jpg

e0042361_2233521.jpg

e0042361_22332411.jpg

e0042361_2233433.jpg

e0042361_2234636.jpg

e0042361_22341984.jpg

e0042361_22343447.jpg

e0042361_22344657.jpg


by nightly | 2011-08-20 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(0)
2011年 08月 17日

リン・フレデリック(Lynne Frederick)「吸血鬼サーカス団(Vampire Circus)」(1972)《前編》

真夏の夜はホラー美女の黄色い悲鳴で納涼だい!・・・①

殊更にホラー映画のファンではないけれど、ボク好みの美女が髪を振り乱し絶叫しまくるのを傍観するのは、やはり男冥利(?!)に尽きるというか、おまけに過剰すぎるお色気シーンもちりばめられていたりして、日本の(熱帯夜な)夏には欠かせない風物詩と言える!・・・かな?
で、今宵はホラー映画の老舗、英国ハマー・プロ作品「吸血鬼サーカス団」より、ヒロインのドーラを演じる究極の美少女、我がリン・フレデリック嬢、久々の登場であります。


[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「さすらいの航海(Voyage of the Damned)」(1976)其の壱]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「さすらいの航海(Voyage of the Damned)」(1976)其の弐]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「フェイズIV・戦慄!昆虫パニック(PHASE IV)」(1974)[Phase I]]
[リン・フレデリック(Lynne Frederick)「フェイズIV・戦慄!昆虫パニック(PHASE IV)」(1974)[Phase II]]




e0042361_23441166.jpg

e0042361_23443219.jpg

e0042361_23444662.jpg

e0042361_23445824.jpg

e0042361_23451043.jpg

訳あって、絶叫を必死にこらえているのであります。
e0042361_23465915.jpg

惨殺死体を発見し、これから十字を切ろうとされているのであります。
e0042361_23481475.jpg

e0042361_23514870.jpg

e0042361_2352758.jpg

e0042361_23523081.jpg



e0042361_23524874.jpg

e0042361_23532615.jpg

e0042361_2354425.jpg

やっと父、ミュエラー教授(ローレンス・ペイン)の胸に飛び込めたドーラ・・・
e0042361_2355655.jpg

e0042361_23573185.jpg

e0042361_23575238.jpg

おや?この時代の定番美少年役のジョン・モルダー・ブラウンくんではありませぬか・・・
e0042361_003772.jpg

e0042361_005318.jpg

e0042361_011052.jpg

e0042361_012369.jpg

e0042361_013372.jpg


by nightly | 2011-08-17 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(4)