夜ごとの美女

sleepyluna.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 30日

ダニエラ・ビアンキ(Daniela Bianchi)「必殺の歓び」(1965)後がないの弐

「ロシアより愛をこめて」にあやかって、ダニエラ・ビアンキの登場となったわけだと思うけど、もったいなくも、あっという間にダニエラは無駄死にしてしまう。おまけにオープニングのテーマソングは、よく聴くと「ロシアより愛をこめて」のテーマソングのメロディーの一部が、まんま引用されてたりして・・・。
とはいうものの、笑っちゃうような秘密兵器が出てくるわけでもなく、アクション主体に割ときまじめに作られている。



[ダニエラ・ビアンキ(Daniela Bianchi)「必殺の歓び」(1965)出し惜しみの壱]



e0042361_23323270.jpg

右のおじさんが主人公の一匹狼なスパイ、ビンゴを演じているスチュワート・グレンジャー。
e0042361_23355429.jpg

e0042361_23361396.jpg

e0042361_23363620.jpg

e0042361_23365239.jpg

e0042361_2337820.jpg

e0042361_23372885.jpg

e0042361_23374573.jpg

e0042361_2338868.jpg

e0042361_23392283.jpg

e0042361_23393754.jpg

e0042361_23401225.jpg

e0042361_23403532.jpg

e0042361_23405339.jpg

e0042361_2341613.jpg


by nightly | 2012-03-30 21:08 | 伊太利亜の女優 | Comments(0)
2012年 03月 28日

ダニエラ・ビアンキ(Daniela Bianchi)「必殺の歓び」(1965)出し惜しみの壱

英国の諜報部員ジェームズ・ボンドも半世紀に渡り活躍中だが、ボクがリアルタイムで初めて観たのは確か「007/サンダーボール作戦」(1965)だったと思う。だからそれ以前の三話についてはずいぶん後になってから観たことになる。で、我が「夜ご美」も身辺整理の一環として、所謂ボンド・ガールをフューチャーしましょうよ、と言うわけで、やっぱりボクも世間の意向に沿って、歴代ナンバー・ワン美女、ロシアより愛をこめてタチアナ・ロマノヴァことダニエラ・ビアンキ(1942〜)から始めることに。とは言っても、彼女はイタリア美女ですが・・・
さて取り上げたのはイタリア製マカロニ・スパイ・アクション映画「必殺の歓び」(1965)!・・・って、いたいどうよ?!



e0042361_2330147.jpg

e0042361_23303246.jpg

e0042361_23304334.jpg

e0042361_23305578.jpg

e0042361_2331680.jpg

e0042361_23311975.jpg

e0042361_23314973.jpg

e0042361_23322662.jpg

e0042361_23324363.jpg

e0042361_23325564.jpg

e0042361_2333350.jpg

e0042361_23331419.jpg

e0042361_23332475.jpg

e0042361_23333352.jpg

e0042361_23334578.jpg

e0042361_23335565.jpg

e0042361_2334540.jpg

e0042361_23342372.jpg

e0042361_23343566.jpg


by nightly | 2012-03-28 21:00 | 伊太利亜の女優 | Comments(7)
2012年 03月 26日

芹明香(せり・めいか)「愛のコリーダ」(1976)

今宵、我が身辺整理を兼ねた芹明香(1954〜)覚書の一編は、大島せんせのとってもわかりやすい作品、「愛のコリーダ」(1976)より、主人公の定(松田英子)と吉蔵(藤竜也 )をさしおいて、明香嬢演じる「吉田屋」の女中 松子をレポートしてみたけど、その存在感は、どうよ!?
それにしても、明香嬢のコアな絶対的ファンって、結構いるんだよね〜


[芹明香(セリメイカ)「祭りの準備」(1975)]



e0042361_22362385.jpg

e0042361_22363674.jpg

e0042361_22364381.jpg

e0042361_2236555.jpg

e0042361_223741.jpg

e0042361_2237165.jpg

e0042361_22372645.jpg

e0042361_22374166.jpg

e0042361_22375279.jpg

e0042361_2238823.jpg

e0042361_22385242.jpg

e0042361_2239811.jpg

e0042361_22392263.jpg


by nightly | 2012-03-26 21:00 | 日本の女優 | Comments(4)
2012年 03月 25日

香川京子(かがわ・きょうこ)「赤ひげ」(1965)

赤ひげをめぐる忘れてはならないもう一人の美女は、小石川養生所の別棟で密やかに隔離監禁中のええとこのごりょんはんな狂女を演じた香川京子(1931〜)であります。
意に染まぬ養生所勤務をふてくされて放棄中の青年医師保本登(加山雄三)の部屋に、別棟から逃亡した狂女が現れて・・・う〜む、香川京子の狂女ぶりが妖しく素晴らしい!



[香川京子「山椒大夫」(1954)]


《赤ひげをめぐる三人の美女たち》
[内藤洋子(ないとう・ようこ)『赤ひげをめぐる三人の美女たち…①』]
[団令子(だん・れいこ)『赤ひげをめぐる三人の美女たち…②』]
[桑野みゆき(くわの・みゆき)『赤ひげをめぐる三人の美女たち…③』《桑野みゆき研究2》]



e0042361_2311054.jpg

e0042361_2313075.jpg

e0042361_2314041.jpg

e0042361_2321988.jpg

e0042361_2323738.jpg

e0042361_233215.jpg

e0042361_2331966.jpg

e0042361_2333340.jpg

e0042361_234715.jpg

e0042361_2342451.jpg

e0042361_234383.jpg

e0042361_2345230.jpg

e0042361_235764.jpg

e0042361_2352040.jpg

e0042361_2363870.jpg

e0042361_2365061.jpg

振り袖を用いた巧みな拘束技!、ん?

e0042361_2385214.jpg

e0042361_2392285.jpg

e0042361_2393542.jpg

e0042361_2395192.jpg

e0042361_231088.jpg

e0042361_2310214.jpg

e0042361_2310381.jpg

e0042361_23122056.jpg

e0042361_23124061.jpg

e0042361_2313454.jpg

e0042361_23132094.jpg

e0042361_23134273.jpg

e0042361_23135178.jpg

e0042361_2315720.jpg

e0042361_23152329.jpg

e0042361_23154083.jpg


by nightly | 2012-03-25 21:00 | 日本の女優 | Comments(8)
2012年 03月 21日

風吹ジュン(ふぶき・じゅん)「原子力戦争」(1978)

1979年の蘇える金狼青年朝倉哲也(松田優作)にヤク漬けにされた朝倉の上司の愛人永井京子以来、久しぶりに魂萌え!の未亡人関口敏子でボク的には萌えたほぼボクと同世代の風吹ジュン(1952〜)でありますが、最近になって観たこの映画では、ヒモ男坂田(原田芳雄)の女望の妹翼を終始哀しげに演じているのであります。
そう言えば、まだボクが現役のTVピープルだった頃、もちろんこちらはリアルタイムで観た山田太一原作・脚本によるTBSの連続ドラマ「岸辺のアルバム」(1977)にも出演していたっけ・・・



e0042361_233048.jpg

e0042361_23302197.jpg

e0042361_2330362.jpg

e0042361_2330552.jpg

e0042361_23311213.jpg

e0042361_23313963.jpg

e0042361_23315453.jpg

e0042361_2332984.jpg

e0042361_23322543.jpg

e0042361_23324439.jpg

e0042361_2333081.jpg

これは所謂妹的な愛くるしさと言うべきでしょうか・・・
e0042361_2335047.jpg

e0042361_23353888.jpg

e0042361_23355416.jpg

e0042361_23362069.jpg

e0042361_2336384.jpg

e0042361_23365412.jpg

e0042361_23372363.jpg

e0042361_23374394.jpg

e0042361_2338235.jpg

e0042361_23381971.jpg

e0042361_23384385.jpg

e0042361_2339397.jpg

e0042361_23392657.jpg

e0042361_23395285.jpg

e0042361_23401330.jpg

e0042361_23403515.jpg

e0042361_2341026.jpg

e0042361_234119100.jpg

e0042361_2342730.jpg


by nightly | 2012-03-21 21:00 | 日本の女優 | Comments(5)
2012年 03月 16日

山口小夜子(やまぐち・さよこ)「原子力戦争」(1978)

二人目の美女はもちろん日本が誇るトップモデル、今は亡き山口小夜子(1949〜2007)おねいさまなんだけど、監督の黒木和雄が主人公の東京から来たヒモ男坂田(原田芳雄)を翻弄する妖しい未亡人山崎明日香に彼女を起用した意味が正直わからないんだけど、終始モデル然として、エイジャ(aja)な身のこなしは、それだけで鑑賞に値すると言い切ってしまうボクであります・・・うぷぷ。



[山口小夜子(Sayoko Yamaguchi)「aja(彩)」(1977)]

[山口小夜子(Sayoko Yamaguchi)「上海異人娼館」(1981)]



e0042361_23361055.jpg

e0042361_23363057.jpg

e0042361_23364351.jpg

e0042361_23365561.jpg

e0042361_23371724.jpg

e0042361_23372928.jpg

e0042361_23374898.jpg

e0042361_2338250.jpg

e0042361_23381715.jpg

e0042361_23383227.jpg

e0042361_23395198.jpg

e0042361_234078.jpg

e0042361_23402613.jpg

e0042361_23404395.jpg

e0042361_2341952.jpg

e0042361_23412365.jpg

e0042361_23414129.jpg

e0042361_23415523.jpg

e0042361_23421838.jpg

e0042361_23422991.jpg

e0042361_23424821.jpg

e0042361_234374.jpg

e0042361_23432335.jpg

e0042361_23434540.jpg

e0042361_23441386.jpg

e0042361_23443345.jpg

e0042361_2344516.jpg

e0042361_2345103.jpg

e0042361_23452778.jpg

e0042361_23454748.jpg

e0042361_2346815.jpg

e0042361_23462351.jpg

e0042361_23465567.jpg

e0042361_2347850.jpg


by nightly | 2012-03-16 21:00 | 日本のモデル | Comments(4)
2012年 03月 12日

磯村みどり(いそむら・みどり)「原子力戦争」(1978)

東日本大震災後の事故で、世界で唯一の被爆国である日本に、いつの間にか54基(世界第3位の数だって!)もの原発ができていたことに、自分の無知蒙昧と無関心を棚に上げて、驚きあきれたわけだが、あれから1年が過ぎた今、この田原総一朗の同名のルポを原案にした黒木和雄監督ATG作品「原子力戦争」を観ると、物足りないとか食い足りないとか簡単には言えない日本の原子力政策の闇の深さに唖然としてしまうけど、それは「夜ご美」の手に負えるような代物ではないのでひとまず置いておいて、えー、この映画にはボク好みの3人の美女が登場します。その中でも実は一番の発見は今宵の美女、磯村みどり(1940〜)なのだった。出番は少ないものの、その色香にたじたじしてしまったボクでした・・・うぷぷ。




e0042361_23173019.jpg

e0042361_23174438.jpg

e0042361_23181328.jpg

e0042361_23194493.jpg

e0042361_2320181.jpg

e0042361_23201166.jpg

e0042361_23202941.jpg

e0042361_23204623.jpg

e0042361_23211866.jpg

e0042361_23214958.jpg

e0042361_2322445.jpg

e0042361_23222226.jpg

e0042361_23224291.jpg


by nightly | 2012-03-12 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2012年 03月 10日

藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「海燕ジョーの奇跡」(1984年)《後篇》

忘れないうちに後編を・・・
追われる身の南風ジョー(時任三郎)は沖縄を脱出し、海燕ジョーとなって南へ、第2のふるさとフィリピンのマニラに逃げ延びる。そこで、原田芳雄演じる見るからに怪しい日本人与那嶺の手下になって悪事に手を染め、マニラにとけ込んだ頃、ジョーを訪ねて恋人陽子(藤谷美和子)が現れるのだった・・・。



[藤谷美和子(Miwako Fujitani)「ビリーヴァーズ」(1995年)]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「それから」(1985年)、其の壱]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「それから」(1985年)、其の弐]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「SINGER」(1994)]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「海燕ジョーの奇跡」(1984年)《前篇》]




e0042361_2383065.jpg

e0042361_2385352.jpg

e0042361_239249.jpg

e0042361_2394369.jpg

e0042361_23101883.jpg

e0042361_23104227.jpg

e0042361_2311591.jpg

e0042361_23112225.jpg

e0042361_2312868.jpg

e0042361_23122752.jpg

e0042361_2314312.jpg

e0042361_23142522.jpg

e0042361_231506.jpg

e0042361_23152099.jpg

e0042361_2315398.jpg

e0042361_2316213.jpg

e0042361_2316384.jpg

e0042361_2317042.jpg

e0042361_2317195.jpg

e0042361_23174991.jpg


by nightly | 2012-03-10 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2012年 03月 07日

藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「海燕ジョーの奇跡」(1984年)《前篇》

ちょっと寒さがゆるんで、春はすぐそこといった按配の今宵は、いきなり南の風に乗って海燕が飛翔する沖縄が舞台の藤田敏八監督1984年公開作品「海燕ジョーの奇跡」から、もちろん「夜ご美」のこと、主役のフィリピン人の父と日本人の母を持つハーフなチンピラやくざ、南風ジョー(時任三郎)をさしおいて、ジョーの頼りになる恋人陽子を演じる我が藤谷美和子嬢中心主義であります・・・よかよか!


[藤谷美和子(Miwako Fujitani)「ビリーヴァーズ」(1995年)]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「それから」(1985年)、其の壱]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「それから」(1985年)、其の弐]

[藤谷美和子(ふじたに・みわこ)「SINGER」(1994)]




e0042361_2251260.jpg

e0042361_22512317.jpg

e0042361_22513662.jpg

e0042361_22515576.jpg

e0042361_2252890.jpg

e0042361_22523027.jpg

e0042361_22524658.jpg

e0042361_22525856.jpg

e0042361_22532296.jpg

e0042361_22533487.jpg

e0042361_22535348.jpg

e0042361_22541576.jpg

e0042361_22543775.jpg

e0042361_22544794.jpg

e0042361_22572586.jpg

e0042361_22574452.jpg

e0042361_22581347.jpg

e0042361_2258345.jpg

e0042361_2258526.jpg

e0042361_22594392.jpg

e0042361_230124.jpg

e0042361_2301875.jpg

e0042361_2303035.jpg

e0042361_230417.jpg

e0042361_2305182.jpg


by nightly | 2012-03-07 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2012年 03月 02日

「夜ごとの美女暦」の3月は、やっぱりエミリー・ブラント(Emily Blunt)追加ですよん!?

マイ・サマー・オブ・ラブ(2004)<未>/プラダを着た悪魔(2006)/チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007)/サンシャイン・クリーニング(2008)/ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009)/
ウルフマン(2010)/ガリバー旅行記(2010)/ターゲット(2010)<未>/アジャストメント(2011)・・・う〜む、結構観てるな〜やっぱり、好きこそものの上手なれ・・・ん?!


[エミリー・ブラント(Emily Blunt)「プラダを着た悪魔」(2006)]
[「夜ごとの美女暦」の3月は、是非ともエミリー・ブラント(Emily Blunt)ですよん!?]



e0042361_0213173.jpg


by nightly | 2012-03-02 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(4)