<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 29日

シモーネ(Simone)「アロマ・ハワイ」(2010)

SIMONE & HER HAWAIIAN JAZZ BAND / Aroma Hawaii
新譜ではないけれど、シモーネがハワイアンをアロマな風味で歌っている「アロマ・ハワイ」で癒されています。ハワイアンというよりボサノバだったりラテンだったりするけど、気持ちいいです・・・



[シモーネ(Simone)「ロマンス」(2004年)]

[シモーネ(Simone Kopmajer)「ムーンライト・セレナーデ」(2003年)]




e0042361_22453493.jpg

e0042361_22454768.jpg

e0042361_2246026.jpg


by nightly | 2013-06-29 21:00 | 墺太利の歌手 | Comments(6)
2013年 06月 27日

Lunaのいた日

我が家の美人ワンこLunaが6月26日6時30分に、癌で逝ってしまった。享年12歳と7ヶ月。最期は花に囲まれて旅立った。ペットを飼う者の宿命ではあるけれど、彼女がいるべきソファーがぽっかり空いていて、とても寂しい…



[閑話休題・・・我が家の美人ワンこルナです!]

[閑話休題・・・ふたたび我が家の美人ワンこルナですが、何か?]

[我が家の美人おばさん、Lunaから今年もMerry Christmas!]




e0042361_023310.jpg

6月18日、我が家の玄関先で。この後、自力で外へ出ることはかなわなかった。

e0042361_035660.jpg


by nightly | 2013-06-27 21:00 | etc. | Comments(5)
2013年 06月 25日

水野久美(みずの・くみ)「社長太平記」(1959)

と言うことで、東宝の怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン・水野久美に対抗すべき他社の美女を登場させる前に、久美おねいさまのマタンゴガール以前のノーマルな役所を1959年公開の松林宗恵監督「社長太平記」からチョイスしてみた。今観ると逆に新鮮でかなり笑える東宝喜劇の王道な社長シリーズであります。




[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《前編》]

[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《中編》]

[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《後編》]





久美おねいさまは加東大介演じる朝日奈剛之助の戦友の遺児で、海軍キャバレー“くろがね”の女給和枝を演じている。
e0042361_23223177.jpg

e0042361_2323027.jpg

e0042361_23231449.jpg

e0042361_23233023.jpg

e0042361_23234659.jpg

e0042361_23241066.jpg

e0042361_23242962.jpg

e0042361_2324426.jpg

e0042361_23245635.jpg

e0042361_2325131.jpg

e0042361_23253269.jpg

e0042361_23254585.jpg


by nightly | 2013-06-25 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
2013年 06月 23日

水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《後編》

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・③》
7人が上陸した無人島にはどこかの国の原爆実験で放射能を浴び変異したキノコ、マタンゴが生息していた。
極限状態の中で彼らはエゴをむき出しにし、やがて飢えに耐えきれず一人また一人とマタンゴに手を伸ばすのだったが・・・
一度口にしたらもう止められない!マジック・マッシュルーム!?



[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《前編》]

[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《中編》]




e0042361_22221380.jpg

e0042361_22223469.jpg

e0042361_22225181.jpg

e0042361_2223412.jpg

e0042361_22232151.jpg

e0042361_22233977.jpg

e0042361_22235788.jpg

e0042361_22241471.jpg

e0042361_22244498.jpg

e0042361_22261632.jpg

e0042361_22264833.jpg

e0042361_2227735.jpg

e0042361_222824100.jpg

e0042361_22292055.jpg

e0042361_22294666.jpg

マタンゴを食された後の水野久美おねいさまはその妖艶さをヒートアップさせ、マタンゴの普及活動に邁進するのでありました・・・うぷぷ。
e0042361_22342763.jpg

e0042361_22344621.jpg

e0042361_2235598.jpg

e0042361_22352362.jpg

e0042361_22354415.jpg

e0042361_22355981.jpg

e0042361_22361078.jpg


by nightly | 2013-06-23 21:00 | 日本の女優 | Comments(10)
2013年 06月 21日

水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《中編》

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・③》
7人の若い男女を乗せたヨットは嵐で遭難し、無人島に漂着したのだったが・・・
因みにその一行7人は、大学の助教授・村井研二(久保明)、ヨットのオーナー・笠井雅文(土屋嘉男)、ヨットのスキッパー・作田直之(小泉博)、推理作家・吉田悦郎(太刀川寛)、小山仙造(佐原健二)、笠井の愛人で歌手の関口麻美(水野久美)、村井の教え子・相馬明子(八代美紀)。
勿論、監督は本多猪四郎、特技監督は円谷英二のゴールデン・コンビであります。



[水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《前編》]




e0042361_22283936.jpg

e0042361_22291348.jpg

e0042361_22293011.jpg

e0042361_22294729.jpg

e0042361_2230315.jpg

e0042361_22301996.jpg

e0042361_22302424.jpg

e0042361_22303884.jpg

e0042361_22305298.jpg

e0042361_2231993.jpg

e0042361_22314358.jpg

e0042361_2232072.jpg

e0042361_22322079.jpg

e0042361_22323371.jpg

e0042361_22325033.jpg

e0042361_22331100.jpg

e0042361_22331153.jpg

e0042361_22333219.jpg

e0042361_22334757.jpg

e0042361_2234640.jpg

e0042361_22342413.jpg

e0042361_22344459.jpg

e0042361_2235687.jpg


by nightly | 2013-06-21 21:00 | 日本の女優 | Comments(6)
2013年 06月 19日

水野久美(みずの・くみ)「マタンゴ」(1963)《前編》

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・③》
少年時代に生まれ故郷の地方都市で観た映画のほとんどは東宝映画だった。それも怪獣映画が中心で、その同時上映作品として必然的にクレージー・キャッツものや若大将シリーズも鑑賞したわけであります。
と言うわけで、お待たせしました!妖艶な水野久美(1937〜)おねいさま、マタンゴガールとして初登場であります。



《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)》シリーズ(ん?)

[河内桃子(こうち・ももこ)「ゴジラ」(1954)其の壱]

[河内桃子(こうち・ももこ)「ゴジラ」(1954)其の弐]

[フェイ・レイ(Fay Wray)「キング・コング」(1933)《前篇》]




e0042361_2385354.jpg

e0042361_239537.jpg

e0042361_2391669.jpg

水野久美演じる関口麻美は歌手を生業としているため、洋上のヨットで歌を披露しているわけですが、どうやら吹き替えの模様?歌う女優好きのボクとしては残念至極でありまする。
e0042361_2314366.jpg

e0042361_2314494.jpg

e0042361_2315715.jpg

e0042361_23151752.jpg

e0042361_23153040.jpg

e0042361_23154253.jpg

e0042361_2315559.jpg

e0042361_2316618.jpg

e0042361_23161726.jpg

e0042361_2317482.jpg

右はもうひとりのマタンゴガール、相馬明子役の八代美紀。
e0042361_23235546.jpg

e0042361_2324858.jpg

e0042361_2325483.jpg

e0042361_23251630.jpg

e0042361_23252783.jpg

e0042361_23254452.jpg

e0042361_23255546.jpg

e0042361_2326915.jpg


by nightly | 2013-06-19 21:00 | 日本の女優 | Comments(6)
2013年 06月 17日

エイミー・アダムス(Amy Adams)「人生の特等席」(2012)

《美女にはMacがよく似合う!?・・・其の十三》
引き続き新し目の映画からMacと美女の共演シーンを!と選んだ美女は「魔法にかけられて」(2007)以来贔屓のエイミー・アダムス(1974〜)。クリント・イーストウッドが老いを晒して、キャリア最後の旅に出るメジャー・リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベルを演じた「人生の特等席」で、我がエイミー嬢はその娘でやり手の弁護士、ミッキーを演じている。
流石ベースボールの国アメリカ、野球をテーマにした映画に名作多しと言うわけで、ボクとしてはこの映画もその一本に加えたいと思う。



[「夜ごとの美女暦」の5月はイタリア生まれの米女優エイミー・アダムス(Amy Adams)で、どうよ?!]

[「夜ごとの美女暦」の5月は興に乗って、エイミー・アダムス追加決定!?]




e0042361_23452673.jpg

e0042361_23453755.jpg

e0042361_23454910.jpg

e0042361_23455855.jpg

e0042361_2346849.jpg

e0042361_2346171.jpg

e0042361_23462830.jpg

e0042361_23464197.jpg

e0042361_2346543.jpg

e0042361_23471383.jpg

e0042361_23472394.jpg

e0042361_23473779.jpg

e0042361_2347474.jpg


by nightly | 2013-06-17 23:48 | 亜米利加の女優 | Comments(0)
2013年 06月 15日

エミリー・ブラント(Emily Blunt)「砂漠でサーモン・フィッシング」(2011)

《美女にはMacがよく似合う!?・・・其の十二》
と言うわけで、久方ぶりの“美女とMac”は再登場のエミリー・ブラント(1983〜)ではありますが、何しろボクの敬愛するスウェーデンのラッセ・ハルストレム監督作品ですから問答無用であります。
もうほとんど暴力に支配された映画界の中で、ラッセ・ハルストレム作品は砂漠の中でやっと見つけたオアシスと言った按配でありましょうか?否、サーモンでありました!
エミリー嬢とMacの共演シーンはほんのチョビットではありますが、iMac27inch(多分)とMacbook Proの三つ巴の豪華版ではあります。



[エミリー・ブラント(Emily Blunt)「プラダを着た悪魔」(2006)]




e0042361_22393013.jpg


e0042361_22402487.jpg


e0042361_22403518.jpg


e0042361_22404533.jpg


e0042361_2241384.jpg


e0042361_22411544.jpg


by nightly | 2013-06-15 21:00 | 英吉利の女優 | Comments(0)
2013年 06月 13日

伊東ゆかり(いとう・ゆかり)「恋する瞳」(1965)

いっそ、ノスタルジー・・・其の四
ひとり“S盤アワー”の続きは、これも多分中2ぐらいの時に小遣いをはたいて買った伊東ゆかり(1947〜)の懐かしのドーナツ盤、「恋する瞳」(1965)。
積極的に洋楽を聴くようになったきっかけは何故かカンツォーネで、第15回サン・レモ音楽祭に着物姿で臨み入賞を果たした東洋の少女、伊東ゆかりを同じ日本人として誇らしく思ったことを今でも思い出したりして…。
ボクはこの曲には殊更の愛着があって、レコードでの鑑賞が困難になり、それではとCDを探し求めたのだけど、同じアレンジの曲を見つけることができず残念に思っていたら、竹内まりやがほとんど同じアレンジでカバーしてくれたので凄く嬉しかったのだ。
と言うわけで、久々にオリジナルを愉しんでいる今日この頃であります。



e0042361_23335996.jpg


e0042361_23341118.jpg


by nightly | 2013-06-13 21:00 | 日本の歌手 | Comments(0)
2013年 06月 10日

木之内みどり(きのうち・みどり)「一匹狼(ローン・ウルフ)」(1978)

いっそ、ノスタルジー・・・其の参
Pレコード時代には自社のだけではなく、他社のレコードのサンプル盤も結構入手することができた。この木之内みどり(1957〜)の確か最後のシングル盤も押し入れから救出してみたらサンプル盤だった。
このリリース発表の後色恋沙汰があって結局芸能界を引退したんだっけ・・・でも現在は竹中直人夫人でしたね。
ボクとしては彼女の熱心なファンではなかったけど、笑っているときでさえ何処か寂しげな彼女の眼差しが、いっそ、ノスタルジックに心に残っているのだった。



e0042361_238998.jpg


e0042361_2382392.jpg


by nightly | 2013-06-10 21:00 | 日本のアイドル | Comments(0)