<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

「夜ごとの美女暦」、8月メインストリームな佇まいでミミ・テリス(Mimi Terris)がよろしいかと…

と言うわけで、ボクの一押し、古風が粋なミミ・テリスを「夜ごとの美女暦」にこと寄せて、強引にプッシュしてみた。



[ミミ・テリス(Mimi Terris)「THEY SAY IT'S SPRING」(2013)]



e0042361_2251986.jpg


by nightly | 2013-07-31 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 29日

ミミ・テリス(Mimi Terris)「THEY SAY IT'S SPRING」(2013)

スウェーデンの新星ミミ・テリス(1984〜)のデビュー・アルバムが良いです。
メインストリームな佇まいが、心地よいのです。選曲も渋いです。でも決して古くさくなくて、ドラムレスの趣味の良いコンボの演奏が大人っぽくて、格好いいです!




e0042361_23252827.jpg


e0042361_2325382.jpg


by nightly | 2013-07-29 21:00 | 瑞典の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 28日

リンジー・ディ・ポール(Lynsey de Paul)「ハリウッド・ロマンス」(1978)

フラワー・メグの幻のセカンド・アルバム「ささやき・ためいき・もだえ  第二集」でのお気に入りの曲、リンジー・ディ・ポール(1950〜)の“シュガー・ミー”が耳についたところで思い出したのが彼女のシングル盤“ハリウッド・ロマンス”。Pレコード時代の想い出の一枚を押し入れから救出して、聴き直したら、やっぱりリンジーに嵌まってしまった・・・うぷぷ。




e0042361_2232413.jpg

この当時は「リンゼイ・デ・ポール」と表記してました・・・
e0042361_22341787.jpg


by nightly | 2013-07-28 21:00 | 英吉利の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 25日

フラワー・メグ「ささやき・ためいき・もだえ  第二集」(2013)

そういえば先月、“幻のセカンド・アルバムが遂にリリース!”とか何とか言って、我がフラワー・メグ嬢の未発表音源が発掘されたりして・・・アルバムと呼ぶには全6曲と物足りない感じだけど、これが実に中身が濃くて良いのでした。因みにボクのお気に入りは、島倉千代子の“愛のさざなみ”とリンジー・ディ・ポールの“シュガー・ミー”なんですが・・・



[フラワー・メグ「ささやき・ためいき・もだえ+4」(1972)]

[フラワー・メグ「不良番長・手八丁口八丁」(1971)《前編》]

[フラワー・メグ「不良番長・手八丁口八丁」(1971)《後編》]

[フラワー・メグ「銀蝶渡り鳥」(1972)]




e0042361_2056415.jpg


e0042361_20561635.jpg


e0042361_20562715.jpg


e0042361_20564026.jpg


e0042361_20565858.jpg


e0042361_205795.jpg


e0042361_20572075.jpg


by nightly | 2013-07-25 21:00 | 日本のモデル | Comments(0)
2013年 07月 22日

フラワー・メグ「銀蝶渡り鳥」(1972)

と言うわけで、ボクと同じ年生まれが嬉しいフラワー・メグ(1951)嬢、お久しぶりの登板であります。今宵は我が梶芽衣子姐さん主演の東映映画「銀蝶渡り鳥」で、昼は女子高生、夜は銀座のクラブ“ブロンコ”のホステスという今時(?)な女子ユカを演じている。って、ほとんど刺身のつまですが、大きなお目々がキュートですぅ!



[フラワー・メグ「ささやき・ためいき・もだえ+4」(1972)]

[フラワー・メグ「不良番長・手八丁口八丁」(1971)《前編》]

[フラワー・メグ「不良番長・手八丁口八丁」(1971)《後編》]




e0042361_2311134.jpg

e0042361_2312282.jpg

e0042361_2313336.jpg

e0042361_2314452.jpg

左はお馴染み渡哲也がホステスのスカウト・東隆次を演じている。
e0042361_2315439.jpg

e0042361_232423.jpg

e0042361_2361553.jpg

e0042361_2363358.jpg

右は勿論主役の梶芽衣子。ブロンコに就職したムショ帰りのハスラー・樋口ナミ(ん?!)を演じている。
e0042361_238555.jpg

e0042361_239965.jpg

e0042361_2392058.jpg

e0042361_2393289.jpg

e0042361_2394380.jpg

e0042361_2395752.jpg

e0042361_2310996.jpg

e0042361_23102723.jpg

e0042361_23111318.jpg

e0042361_23112393.jpg


by nightly | 2013-07-22 21:00 | 日本のモデル | Comments(2)
2013年 07月 20日

アナ・モウラ(Ana Moura)「Leva-me Aos Fado」(2010)

ファドの館に連れていって・・・と言うわけで、引き続きつかの間の秋めいた夜をアナ・モウラ漬けで過ごしております。



[アナ・モウラ(Ana Moura)「DESFADO」(2013)]



e0042361_2392297.jpg


by nightly | 2013-07-20 21:00 | 葡萄牙の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 19日

アナ・モウラ(Ana Moura)「DESFADO」(2013)

猛暑が続いた後の、今宵の秋めいた(?)風に誘われて、ポルトガルの新世代ファド女性歌手、アナ・モウラ(1979〜)の哀切極まりないだけじゃあないよのカラフルな新譜です。ボクの場合は気に入るとのべつ幕無し状態に陥る傾向が、確かにあります!って、今はアナ・モウラ一辺倒って事です、はい。




e0042361_2210114.jpg


e0042361_22101432.jpg


by nightly | 2013-07-19 21:00 | 葡萄牙の歌手 | Comments(0)
2013年 07月 17日

佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《後編》

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・④》
チープなエイリアン、ゴケミドロ云々より、この映画は正しく人間の本質的なエゴイズムを暴いているのであります。その究極なカリカチュアが次期総理大臣候補である政治家・真野(北村英三)であり、人の善意はとことん利用しその恩に対しては裏切りで報いるという正に日本の政治家の王道を行くキャラクターであります。と、美女佐藤友美を差し置いて、口角泡を飛ばしてしまいました。なにせ、鬱陶しい参院選を目前にしているものでついつい・・・



[佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《前編》]

[佐藤友美(さとう・ともみ)「時の流れるままに」(1978年)]

[佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《中編》]



e0042361_23972.jpg

e0042361_2395960.jpg

右手前がこの映画の真の主人公!?北村英三演じる政治家・真野ね。
e0042361_2313186.jpg

e0042361_23134482.jpg

e0042361_23135735.jpg

e0042361_23141787.jpg

e0042361_23143620.jpg

宇宙生物学者の佐賀(高橋昌也)は自分のエゴイズムをえらく恥じ入っている之図!?
e0042361_23174182.jpg

ゴケミドロに寄生されたテロリスト・寺岡(高英男)と対峙する、スッチー・朝倉かずみと副操縦士・杉坂。
e0042361_2318425.jpg

e0042361_23215691.jpg

e0042361_2322884.jpg

e0042361_23222192.jpg

e0042361_23224719.jpg

取り急ぎやっつけたけど・・・
e0042361_23225951.jpg

e0042361_2324939.jpg

e0042361_23242493.jpg

e0042361_23244379.jpg

e0042361_23245892.jpg

e0042361_23251233.jpg

e0042361_23252819.jpg

e0042361_23254311.jpg

e0042361_2326082.jpg

なんだ!こんなところに出ちゃった・・・
e0042361_23264933.jpg

e0042361_2327425.jpg

e0042361_23271862.jpg

e0042361_23273698.jpg

e0042361_232806.jpg

e0042361_23281888.jpg

e0042361_23282982.jpg

e0042361_23284113.jpg


by nightly | 2013-07-17 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)
2013年 07月 11日

佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《中編》

《怪獣映画あるいは特撮映画のヒロイン(美女)・・・④》
因みに、この映画は《60年代、邦画で活躍した(?)金髪美女たち・・・ペギー・ニール編》で取り上げた「宇宙大怪獣ギララ」(1967)に続く、松竹産特撮映画第2弾であります。
さて、空飛ぶ円盤で地球にやって来た人類よりも高い知能を持つという「ゴケミドロ」は、水銀みたいな液状の生物で、人間の額にぱっくり開いた裂け目から出入りし、血液を常食とするので吸血鬼なわけであります!って、良くわかりませんが・・・



[佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《前編》]

[佐藤友美(さとう・ともみ)「時の流れるままに」(1978年)]




寺岡(高英男)に連れ去られた客室乗務員の朝倉かずみ(佐藤友美)は、未知との遭遇を果たし気を失っているところを副操縦士の杉坂(吉田輝雄)に発見されるが・・・
e0042361_2313116.jpg

e0042361_23132767.jpg

e0042361_23134052.jpg

e0042361_23135515.jpg

e0042361_23141398.jpg

e0042361_23142768.jpg

e0042361_23193635.jpg

e0042361_23195035.jpg

その時の恐怖からか、未知との遭遇時を思い出せないかずみに、精神科医の百武(加藤和夫)は催眠術をかけるのだったが・・・
e0042361_232355.jpg

e0042361_23231892.jpg

e0042361_23233324.jpg

e0042361_2324948.jpg

e0042361_23243057.jpg

e0042361_23245414.jpg

e0042361_23251113.jpg

e0042361_23252750.jpg

e0042361_2330156.jpg

e0042361_23303010.jpg

e0042361_2330567.jpg

e0042361_23311738.jpg

e0042361_23313674.jpg

e0042361_2331557.jpg

e0042361_23323268.jpg

e0042361_23324873.jpg


by nightly | 2013-07-11 21:00 | 日本の女優 | Comments(2)
2013年 07月 10日

佐藤友美(さとう・ともみ)「時の流れるままに」(1978年)

いっそ、ノスタルジー・・・其の五
ゴケミドロの続きの前のお口直しに、これもPレコード時代の名残ではありますが、時の流れるままに此処まで来てしまった、今宵にぴったりの切ないメロディーでありますねぇ〜



[佐藤友美(さとう・ともみ)「吸血鬼ゴケミドロ」(1968)《前編》]




e0042361_23275686.jpg


by nightly | 2013-07-10 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)