<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 18日

金峯山寺

今日は奈良は吉野の金峯山寺を訪れた。
特別拝観でかみさんがどうしてもここの秘仏である青い仏さま、蔵王権現像に会いたいというので…
因みに桜はほとんどちりぬるおわか・・・


e0042361_20313969.jpg
e0042361_20325595.jpg
e0042361_20334731.jpg


by nightly | 2015-04-18 20:14 | etc. | Comments(0)
2015年 04月 17日

エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「しあわせの雨傘」(2010)

と言うことで、女優エロディ・フレージュ嬢のご紹介であります。
フランソワ・オゾンの「しあわせの雨傘」で、エロディはカトリーヌ・ドヌーヴ演じる主人公スザンヌ・ピュジョルの若かりし頃を演じているのであります。ささやかな出番ながらゴージャスな色香が匂い立つようではありませぬか・・・うぷぷ。


[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Amuse Bouches」(2013)]

[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「La Fille De L'apres Midi」(2010)]

[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Le jeu des 7 erreurs」(2007)]





e0042361_16275290.jpg

これはもちろん、ドヌーヴさまね・・・
e0042361_1629770.jpg

e0042361_16292445.jpg

e0042361_16294636.jpg

e0042361_1630651.jpg

e0042361_1630214.jpg

e0042361_16305665.jpg

れれれ・・・うぷぷ・・・
e0042361_16314970.jpg

e0042361_1632319.jpg

e0042361_16321739.jpg

e0042361_16322871.jpg


by nightly | 2015-04-17 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 15日

アンジェラ・ガルッポ(Angela Galuppo)「X-MEN:フューチャー&パスト」(2014)

フランス語がチョイと耳についたので、今宵は久しぶりにアンジェラ・ガルッポ嬢の心地よい英語のジャズ・ヴォーカルに身を委ねているわけで、そう言えば映画「X-MEN:フューチャー&パスト」に女優アンジェラ・ガルッポがクレジットされていたゾ、と。
アンジェラはペンタゴンのツアーガイド役でチョコッとね。



[アンジェラ・ガルッポ(Angela Galuppo)「Angela Galuppo」(2013)]

[アンジェラ・ガルッポ(Angela Galuppo)「ST.ANGE / SECOND NATURE」(2012)]

[アンジェラ・ガルッポ(Angela Galuppo)「アイム・ノット・ゼア(I'm Not There)」(2007)]




e0042361_21474972.jpg


e0042361_2148090.jpg


e0042361_2148129.jpg


e0042361_21482227.jpg


e0042361_21483243.jpg


by nightly | 2015-04-15 21:00 | 加奈陀の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 13日

クール・ドゥ・ピラート(Coeur de Pirate)「Blonde」(2011)

と言うわけで、今頃なんですがカナダのクール・ドゥ・ピラート(1989〜)のセカンドアルバム「Blonde」で取り敢えず春のフレンチ・ポップス祭(?)はおしまいに・・・。
彼女、こんな可愛い顔して、今時のしかもかなり本格派の刺青娘でありますが、声は無茶苦茶キュート。曲もロマンチックこの上ないのであります。





e0042361_22324357.jpg


e0042361_22325413.jpg


by nightly | 2015-04-13 21:00 | 加奈陀の歌手 | Comments(8)
2015年 04月 11日

ザーズ(ZAZ)「PARIS」(2014)

ザーズのサードアルバムが愉しい。かのクインシー・ジョーンズ翁がプロデュースで参加したり、お元気!シャルル・アズナブールをはじめ、ニッキ―・ヤノフスキー、トーマス・ドゥトロンと言ったアーティストがデュエットで参加したりと、全編心が躍るアルバムであります。


[ザーズ(ZAZ)「モンマルトルからのラブレター」(2011)]




e0042361_22562570.jpg


e0042361_22563565.jpg


e0042361_22564731.jpg


e0042361_2257394.jpg


e0042361_22571691.jpg


e0042361_22572897.jpg


e0042361_22582257.jpg


e0042361_22583549.jpg


e0042361_22584721.jpg


by nightly | 2015-04-11 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 09日

エミリー・シモン(Emilie Simon)「Mue」(2014年)

春なのでフレンチなヴォーカルは、続いて久しぶりのエミリー・シモン(1978〜)嬢であります。
エミリーのこれは6枚目のアルバムだそうで、キュートさは変わらぬものの、すっかり大人の色香で迫ってくるという極楽浄土なアルバムであります。


[エミリー・シモン(Emilie Simon)「emilie simon」(2003年)]

[フランス娘の血も騒ぐ・・・〈1〉エミリー・シモン(Emilie Simon)]

[フランス娘の血も騒ぐ・・・〈1〉エミリー・シモン(Emilie Simon)のつづき]

[「夜ごとの美女暦」の3月は春めいてエミリー・シモン(Emilie Simon)かな?!]




e0042361_23273437.jpg


e0042361_23274850.jpg


e0042361_2328086.jpg


e0042361_23281337.jpg


e0042361_23282380.jpg


e0042361_23283694.jpg


e0042361_23284761.jpg


e0042361_23285974.jpg


e0042361_23291125.jpg


by nightly | 2015-04-09 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(4)
2015年 04月 07日

エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Le jeu des 7 erreurs」(2007)

と言うことで、エロディ・フレージュの夜は2007年のセカンドアルバムへ。
ギターの弾き語りが切なくも何だか懐かしいフレンチポップな仕上がりであります。



[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Amuse Bouches」(2013)]

[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「La Fille De L'apres Midi」(2010)]



e0042361_2250810.jpg


e0042361_2250263.jpg


e0042361_22504092.jpg


e0042361_22505275.jpg


e0042361_2251735.jpg


e0042361_2251195.jpg


by nightly | 2015-04-07 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 06日

エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「La Fille De L'apres Midi」(2010)

エロディ・フレージュの夜は続き、これはサードアルバム。彼女はシンガー・ソングライターであるばかりか女優でもあって、このアルバムの背中で官能する佇まいは、フランス映画の一コマのようであります。


[エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Amuse Bouches」(2013)]




e0042361_22463794.jpg


e0042361_15305656.jpg


by nightly | 2015-04-06 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 04日

エロディ・フレージュ(Elodie Frege)「Amuse Bouches」(2013)

春なので美女のフレンチなヴォーカルはいかが?
と言うことで最近ドツボにはまってしまったフランスのシンガー・ソング・ライター、エロディ・フレージュ(1982~)の一番新しいアルバムであります。






e0042361_09583897.jpg
e0042361_09595137.jpg
e0042361_10001012.jpg
e0042361_10002949.jpg
e0042361_10004960.jpg
e0042361_10011068.jpg







by nightly | 2015-04-04 21:00 | 仏蘭西の歌手 | Comments(0)
2015年 04月 02日

若尾文子(Wakao Ayako)「妻二人」(1967)

と言うことで、この映画の中で若尾文子(1933〜)演じる道子は「清く明るく美しく」を実践し嘘が嫌い。だからいつもと違って官能は不足気味。だがしかし、文学青年崩れの小林(伊藤孝男)から恐喝され、貞操も・・・と言う場面で魅せるあわやのあややがひときわ官能的なのでありますね。



[若尾文子「祇園囃子」(1953年)]

[若尾文子(Ayako Wakao)「座頭市と用心棒」(1970年)]

[「夜ごとの美女暦」、日本編1月はもちろん若尾文子に決まってらい!]

[夜ご美カレンダー、4月は夜桜に狂わされて若尾文子の官能に撃たれてしまう!って?]





e0042361_2312777.jpg

e0042361_232457.jpg

e0042361_23242084.jpg

e0042361_23244274.jpg

e0042361_23245447.jpg

e0042361_23254795.jpg

e0042361_2326280.jpg

e0042361_23261538.jpg

e0042361_23263073.jpg

e0042361_23264148.jpg

e0042361_23271824.jpg

e0042361_23272925.jpg

e0042361_23273934.jpg

e0042361_23275047.jpg

e0042361_2328190.jpg


by nightly | 2015-04-02 21:00 | 日本の女優 | Comments(0)